So-net無料ブログ作成

ssh1078 謹賀新年2019&12th Anniversary&etc. [ご挨拶&エッセイ]

<2019>

 新年のご挨拶をせねばと思っているうちに1月も後半になってしまいました。さすがにあけましておめでとうございますという時期じゃないですね。

 新年は恒例にして高齢の校長先生の御尊顔です。


DSCN3040.jpg


 校長先生を抱っこしているのは先日成人式を迎えた長女です。慣れない振り袖で七五三のような出で立ちでした。

 併せてssh12周年の感謝のご挨拶を申し上げます。こちらは2018.10.20でしたので堂々3ヶ月遅れのご挨拶です。ssh開校時、娘はまだ8歳だったのですね。


 新年を迎えながらsshに取り掛かるのをグズグズしているうちに成人式も終わってしまいました。2019年度センターは明後日です。現在私は3年生の担任、クラスの生徒は大一番間際です。担任の欲目もありますがここまでよく頑張ってきました。センターはゴールじゃなくて長い受験シーズンの始まりです。彼ら彼女ら、ぜひ精一杯頑張って欲しいものです。


 ツイッターばかりでちっとも更新のないsshですが、それでも11月と12月は珍しく計6本の記事をアップしました。しかもどれも長い記事です。普通ならこれで勢いがついてまた更新が増えるはずなんですが、12月16日からまたも1ヶ月以上放置プレイでした。本日はそこいらへんの言い訳をさせていただければと思います。


 言い訳その1は、忙しさというか、気ぜわしさです。一大イベントからようやく解放されたとは言え、3年の担任はやることが多い。加えて家でもやることが多い。嫁サンのシフトの関係で夕食の用意したり校長先生のお世話したりというのがあったり、子どものことでいろいろあったりしまして、気分的にせわしいんです。家でPCに向かう時間はけっこうあるのですが、まとまった記事を書こうという気分にならんのですね。加齢のせいもあるでしょうけど。


 言い訳その2は、やはりツイッターです。

 私がツイッターを始めたのはここ数年の状況、特に政治状況に強いいらだちを覚えたからです。sshは一応教育ブログなので自分の主張は(これでも)言葉を選んで書いてるんですが、さすがにそういう悠長なことをやってられくなりまして。

 で、実際に始めてみてわかったのは、ツイッターは発信よりも受信が強力だということです。災害や事故などの際、ツイッターで流れる情報がTVなどよりはるかに早く的確であることはよくあります。

 私のタイムラインには、NHKニュースがまったく報じない、全国紙にも小さなベタ記事にしかならないような情報がたくさん流れてきます。別に怪しい情報じゃありません。海外プレスのニュースを要約してリンクしてあったり、地方紙やインターネットTVの情報を紹介したり、デモや集会の現場にいる人が動画を流したりです。最近のニュースは、TVや新聞が報じる前にツイッターで知っているものが大半です。

 ただツイッターにはクズのようなアカウント主がまだまだたくさんいます。差別・いやがらせ・暴力示唆・脅迫・エロなどなど。こうした問題アカウントのほとんどが安倍政権支持者です。特に韓国・北朝鮮・中国・女性・LGBTに対する差別は目を覆うレベルです。

 ツイッターは規約でこうした差別やいやがらせを投稿することを禁じています。また、ユーザーはこうした違反投稿をツイッター社に報告することができます。

 私がツイッターを始めるとやたらと時間がかかるのは、こうした違反アカウントを見つけ次第すべて報告=通報しているからです。

 バカは放っておけばいい、という向きもあります。しかし、そうやって小利口な態度で放っておいたのが現在の差別野放しニッポンです。違反を繰り返す人間は放っておいてはダメなんです。

 ハンJ民をご存知でしょうか。彼(たぶん)はYou Tubeに投稿された動画がアジア差別の醜悪なものだらけになっていることを放置できず、一人で戦いを挑みます。戦い方は簡単。You Tubeも規約で差別やいやがらせの動画は禁止しています。彼は違反動画を片っ端から通報しました。その取組みは凄まじいもので、手や肩が痛くなれば湿布を貼り何時間でも通報し続けました。この通報が数多くの違反動画が削除され問題アカウントが閉鎖されました。

 私は彼の行動力に感銘を受けました。ツイッターだってやれるはずです。眉をひそめるだけじゃ何も変わらないんです。


 言い訳その3は健康面。1月に入って帯状疱疹になってしまいまして。

 帯状疱疹と聞いた途端に「わー大変、痛いでしょう」とお思いの方もいらっしゃるでしょう。あれものすごく痛いらしいですから。「らしい」というのは、実は私の帯状疱疹あんまし痛くないんですよ。

 10月にけっこうな腰痛をやらかしましてずいぶん湿布のお世話になりました。で、腰のあたりがちょっとかぶれまして。1月に入ってそのあたりが発疹みたいに赤くなって、触ると痛い。市販のクスリ塗ってもよくならないので皮膚科に行ったんです。で腰を見せたら、即「あーこれ帯状疱疹ですね」と。

 医者でクスリもらって家に帰ってからようやく思い出したのが、1月3日ころからしばらく右足にこすれるような軽い痛みがあったこと。でも大したことなかったんですよ。歩けるし、運転もできるし。何日かしたら気にならなくなってきたし。それと寝てる間、ちょっと身体の一部が痛かったり熱っぽかったりするような気がしたんですけど、それも朝になると治ってて。年末年始けっこう飲み食い(飲みがポイント)したから身体がちょっとくたびれてるのかなというくらいの感じで、不調というほどの感じじゃなかったんです。

 現在、毎日抗ウイルス剤を飲んで塗り薬を塗ってますけど、相変わらず痛いとかいうことはありませんで、見た目上はまるっきり普通です。医者にも薬剤師にも「安静にしてください」って言われましたけど、普通に仕事に行ってます。だって具合悪くないんだもん。

 帯状疱疹の診断されたって嫁サンに言ったら、えー全然どこも痛くないんでしょ、そんなに軽い帯状疱疹なんてないよ、お母さんすごく大変だったんだから、ラッキーじゃんふふふ、飲み過ぎたんじゃないの、ってな(いつもの)反応でした。フン、自分だって整形外科に通ってるじゃんか。


 なんだか新年1本目の記事から情けない感じですが、今年もぼちぼちやっていきます。もう56ですし。今年もよろしくお願いします。


nice!(3)  コメント(3) 

nice! 3

コメント 3

心如

私はもうすぐ57歳になります。
老眼で小さな文字が読めない。本を読むとすぐ目が疲れます。耳が遠くなり、女性の早口は聞き取り辛いですね。
一昨年、初孫が生まれ、四月の終わりには二人目が生まれる予定と訊いています。
そろそろ、終活でもしようかな。、なんてことを考えて、持ち物を少しずつ処分してみたり。、父が死亡した44歳を一回りも余分に生きているので、もういつでも良いかなんて。、、
でも、なかなかお迎えも来ないですね。(^^ゞ
by 心如 (2019-01-18 03:54) 

shira

>tyuuriさん、niceありがとうございます。
>心如さん、nice&コメントありがとうございます。
 お孫さんいらっしゃるんですか。うらやましい。子ども3人いますけど浮いた話の一つもなく、孫の顔を見ることはないだろうなと嫁サンと一致してます。
by shira (2019-01-18 18:19) 

ayu15

ご自愛ください。

溢れる情報・限られた時間近年じわじわとそれが感じさせられます。


私は昨年は数えるほどしか書いていません。

一生懸命考えてきたけど、もう少しちゃんと、伝えたいことをまとめられるようにと思っています。


by ayu15 (2019-01-20 10:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。