So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

ssh1071 書斎のDIY(1) D-164のチューンナップ [DIY記]

<2018>


 オーディオとPC環境をいじくりました。今回はそのご報告。まずは大物のオーディオから。

 書斎のオーディオには2年ほど前からずっと気になっていたことがありました。D-164の音です。


DSCN2422.jpg


 いじくる前のオーディオ全景。手前の焼却炉みたいなスピーカーがD-101Sスーパースワン。長岡鉄男のバックロードホーンスピーカーの中でも傑作と言われています。昨年ユニットをFE103Solに替えてから絶好調、顔がほころぶようないい音で鳴ってくれています。

 後方の壁についたてのように張り付いているのがD-164。30年ほど前に作ったバックロードホーン。長らく物置でホコリを被っていて不憫だったので再塗装して再稼働させました。ユニットはFE166En。再稼働は成功で、音は物足りない部分があったのですが、時間をかけて少しずつ調整していこうと思っていました。

 そのD-164が、あれこれ調整してもなかなか思うような音になってくれませんでした。一言でいうと音が安っぽい。校内放送かトランジスタラジオみたいな印象。いくらなんでもこんな音のはずはない。D-101Sがユニット交換で俄然音が良くなったので余計に安っぽく聞こえる。


 調べること半年以上。原因がわかったときはショックでした。低音不足だったんです。


 D-164は低音重視の設計です。結婚前はこいつがメインだったのですが、地鳴りのような低音がモリモリ出てくるのが快感でした。そのD-164から低音が出ていない。そんなバカな。


続きを読む


nice!(2)  コメント(1) 

ssh1070 プロデュースされる高校生 [教育問題]

<2018>


 現任校は部活動がとても盛んな学校です。部活に入っていない生徒は1割未満という感じ。

 運動部もそこそこ強いのですが、名が売れているのは文化部。吹奏楽部・書道部・ダンス部などは県内でも屈指または無敵というレベルの活動をしています。


 部活のレベルが上がると、メディア露出も増えます。運動部が全国大会のTVの中継などで露出するのに対して、文化部は地元の新聞やTV局の取材が増えます。

 インターネットやSNSやその他のメディアも力を持っていますが、マスメディアの威力をナメてはいけません。「老若男女」マイナス「若の一部」は今持ってTVラジオ新聞が「重要な情報」のカギです。

 ただし。もちろん。TVや新聞やラジオで流されるものは、〇〇高校☓☓部のありのままではありません。TVラジオには時間(彼らの言うところの「尺」)の制限があります。新聞にしても紙面のサイズやら何やらがあります。丸1日取材しても出来上がった番組や記事はささやかだったりします。あるいは取材された側の予想とまったく異なるものに仕上がっていることもあります。

 まあある程度は仕方ありません。メディアにはメディアの都合があります。でも度を越すと困ります。


 度を越すというとちょいと語弊がありますが、つまり、メディア側があらかじめこういうふうにまとめたい、こういうストーリーにしたいというのが強いと、そういうことが起こります。




続きを読む


nice!(3)  コメント(4) 

ssh1069 DYデミオのDIYまとめてご報告(2) [DIY記]

<2018>


 ssh1068の続きです。


 御年13歳のわがDYデミオ。本日満13年の車検を馴染みの工場に予約しました。これで14年目突入決定。

 車齢が14歳になると自動車税が割増となります。環境負荷の低い新しいクルマへの買い替えを促進するというのが表向きの理由のようですが、まあこじつけでしょう。モノを大切にすると損するというのもまことに妙なお話であります。余計な税金収めるのはイヤだけど、こんな政策に乗せられるのはもっとイヤです。DYデミオ、まだまだ元気ですし。工場の人も「8万km?まだまだだねえ。」と言ってくれましたし。


 さてssh1068に書ききれなかったDIY。1つ目はスピーカーの交換。

DSCN2823.jpg

 私のデミオはDYでももっとも安価なカジュアルというグレードで、純正オーディオはCD/ラジオのみ、スピーカーはフロントに2つだけです。音はそんなに悪くはないですが、感心するほどじゃない。オーディオマニアを自認するshiraとしてはグレードアップを敢行したいところです。

 一番いいのは純正オーディオからスピーカーから全部新調すること。でもこれは大変。純正オーディオを社外品に取り替えるのは専用のパネルが必要で、古いクルマゆえパネルは入手困難です。となるとスピーカー交換くらいしかやれることはありません。



続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 

ssh1068 DYデミオのDIYまとめてご報告(1) [DIY記]

<2018>


 最近ツイッターばかりやっていてsshはほったらかし状態です。

 でもあんまりほったらかしとくと、記事が表示されなくなっちゃうんですよね。たまには更新せんと。

 今回はこの2年ほど行ったわがデミオへのDIYをまとめてご紹介します。


 通称DYデミオと呼ばれる2代目デミオ。購入したのは2005年、すでに13年が経過しました。DYデミオはマツダが2度目の倒産危機に陥ってフォード傘下に入って何とか難をしのいだころの製品で、不振にあえぐマツダにあって国内市場で月数千台を売り上げる貴重な主力商品。販売台数を確保すべくサービスも大盤振る舞いで、100万円少々の安価なクルマなのに10〜20万円の値引きが普通にされていました。

 もともとが安価なクルマなので乗り心地とか静粛性とかは大したことないのですが、走りの機能にかかわる部分はずいぶんしっかり作られていて、13年目の現在もまったく問題なく快調に走っています。

 2000年ころからでしょうか、日本車の耐久性はずいぶん上がった気がします。1990年代あたりまでは10年10万kmであちこちガタが出たものですが、最近のクルマは15年15万kmくらいけっこう平気です。

 と言っても、私のデミオの走行距離はまだ8万kmほど。そのうち2万kmは最初の1年で走ったもの。ここ10年ほどは年間で5000kmくらいしか走ってない計算になります。勤務先が近くなって自転車で通勤することが増えたりして。


 そんなデミオのDIYによるカイゼン。1つ目はヘッドランプバルブの交換。

DSCN2814 (1).jpg

 オリジナルのハロゲンバルブが寄る年波でかなり暗くなっていました。アラ還暦に入ったshiraとしてはランプが暗いというのは誇張ではなく死活問題です。

 バルブ交換にはちょっと苦い思い出があります。デミオの前に乗っていたセンティアもバルブ交換をしたのですが、欲張って強力なものを選んだせいで、発熱でカプラーが溶けてしまったんです。今回はそういうことにならないようにかなり慎重にモノを選びました。結果、割と安価で輝度もそこそこの青白いタイプのハロゲンバルブにしました。

 交換作業は自分でやりました。クルマのヘッドランプバルブ交換はこれが初経験だったのですけど、作業は難航を極めました。デミオは小型車ゆえボンネット内に余裕がなく、バルブを止めている金具がよく見えず、手を突っ込むのもけっこうたいへんでした。またH4という規格のバルブの止め金のカラクリも初めてゆえよくわからず、手鏡やら何やら動員して1時間くらいかかってようやくやり方を理解しました。その後義父母宅のスズキSX4セダンにも同じバルブを取り付けたんですが、こっちの作業はメチャクチャ簡単で10分ほどで終わりました。

 バルブ交換と同時にレンズを磨きました。プラスチックのレンズは紫外線による経年劣化でかなり曇っていました。これをピカールで研磨しました。新品のレンズには紫外線を防ぐコーティングがしてあるそうで、研磨するとそのコーティングも落ちてしまいかえって曇りやすくなるらしいんですが、なに数ヶ月おきに磨き直せばいいだけです。

 バルブ交換とレンズの研磨でヘッドランプは一気に明るくなりました。心配したカプラーのトラブルもありません。


 2つ目は最大の作業。純正オーディオに外部入力を取り付けました。



続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

ssh1067 スキャンダルのある大学をどう考えるか [志望理由・進路選択]

<2018>


 5ヶ月放ったらかしのsshです。この間、2018年度入試は終了。

 現任校では例年にも増して現役志向・国公立志向・地元志向が強まりました。浪人は過去最少、もっとも進学した都道府県は東京を抑えて地元が1位となりました。

 先ごろ日銀が物価上昇率2%目標を捨てました。現政権の景気対策は株価と円安差益以外の成果は出せなかったわけです。カネがないのに進学は必要となれば、誰だってなるべく現役・なるべく国公立・なるべく地元と考えます。

 私立大学・短期大学・専門学校も特待制度や独自奨学金の拡充を打ち出しています。みんなカネに困ってるんです。


 2018年度入試では、受験生の努力とはまったく関係ないところで生臭いスキャンダルがありました。例の獣医学部の件です。

 入試はけっこうな倍率で、予定通りスタートはしたようですが、あれだけの政治的社会的問題を抱えてスタートする新学部は前代未聞です。誰しも先行きが不安です。


 今回の記事は、そういう先行き不安な、スキャンダルを起こした大学を、受験生はどう考えるべきかというお話です。


続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 

ssh1066 センター試験頑張れ受験生 [教科学習]

<2018>


 2018年度センター試験、明日になりました。

 受験生にはいろいろな想いがあるはずです。

 自信のある人。

 自信が全然ない人。

 初めての受験で落ち着かない人。

 今年こそ決めねばならないという重圧を感じている人。

 みんなと一緒に頑張ろうという人。

 みんなが推薦やAOで進路を決めていてさびしい気持ちで受験する人。

 国公立大学進学のために負けられない戦いという人。

 私立第一志望でそれほどのプレッシャーはない人。

 すでに進路は決まっているけど力試し・学力向上のために受けるという人。

 よく知っている会場で受けられる人。

 初めて行く会場で受ける人。

 本番が怖くて不安な人。

 本番に強い人。

 エトセトラエトセトラ。


 この世の中、不公平不公正なことが山ほどあります。ここ数年の我が国は本当にひどい。

 そんな中にあって、センター試験はまったくフェアな競争です。点数だけの勝負。人脈も何も関係ない。あなたが総理大臣の親友であってもセンター試験の点数は変わりません。フェアな一発勝負に臨めることは、実は幸福なことです。点数さえ取れば合格できる。


 世の中はかなりおかしくなっています。それでも、努力して目標に向かうことの意義は変わりません。みなさんの頑張りは、みなさんの人生だけでなく、世の中全体を良くする力になります。


 頑張れ、受験生。Good Luck!

nice!(6)  コメント(2) 

ssh1065 謹賀新年2018 [ご挨拶&エッセイ]

<2018>


 皆様、新年あけましておめでとうございます。三が日も過ぎた今ごろになっての新年のご挨拶を申し上げます。

DSCN2532 (1).jpg

 戌年であります。校長先生のご尊顔を思う存分使える年です。今年の年賀状も、もちろん校長先生の写真を使わせていただきました。

 何を隠そう、校長先生は2006年生まれ。つまり戌年生まれのイヌです。今年は年女であります。ただ、校長先生のお誕生日は12月11日でして、最初の戌年は20日ほどしかなかったんです。で、sshにお迎えしたのは欲2007年ですんで、sshが先生の戌年を祝うのはこれが初めてです。

 小型犬の寿命は15年くらいですから、12月に12歳を迎えると、校長先生も還暦という感じですかね。


 2017年もいろいろありました。

 仕事の面では、今年に迫ったデカいイベントの準備に忙殺されて、本業であるクラス担任や教科指導や進路指導やその他がかなりおろそかになりました。ただ、ほとんど孤立無援だった2016年とは異なり、2017年はサポート体制ができたため、物理的な拘束時間はかなり減り、2016年ほどの心労は幸いありませんでした。

 勤務校ではセンター試験の後釜テストに向けて少しずつ準備をしているところですが、職員のコンセンサスがなかなかまとまりません。細かいことは書けませんが、私自身は少々イライラしています。

 プライベートな部分では、末娘が進学して子どもが全員東京暮らしになりました。夫婦2人だけの生活というのは約25年ぶりです。幸い粗大ゴミ扱いされることなくぼちぼちやれてます。4月には山下達郎とポール・マッカートニーのコンサートを楽しんできました。カネのかからない趣味としてのDIYもぼちぼちやってます。

 まあでも、一番イヤなのは世の中の動きですね。安倍政権化で日本は政治も経済も文化も産業も報道も正義も人心もずいぶん破壊されちゃいました。今や日本は、経済産業面では人件費でも何でも低い「コストのかからない国」として、かつての中国やマレーシアやベトナムみたいな立場に転落し、政治的には政権関係者にいくらでも便宜供与ができるかつての東欧や南米の強権国家みたいに見なされてます。2025年ころには、この壊れたものの立て直しに相当な苦労をすることになるでしょう。


続きを読む


nice!(5)  コメント(5) 

ssh1064 STR-22再稼働 [DIY記]

<2017>


 またまたDIYネタです。35年前に買ったレシーバー、ソニーSTR-22を再稼働しました。原発と違って古い音響機器の再稼働は無害有益、というのはいつものネタであります。

str-22.JPG

 STR-22は1980年ころに発売されたレシーバー。当時の定価は44,800円。レシーバーというのはチューナーとアンプが一体化したもののことで、1970年代はシステムステレオやコンポにかなりよくありました。これにレコードプレーヤーとスピーカー(とカセットデッキ)を繋げばステレオの出来上がりです。性能を追求するならアンプとチューナーは別体の方がいいんですが、ローコストのステレオで無理にアンプとチューナーを別体にするとコスト的にムダが多くてかえって性能が下がるということもあって、当時ローコストとされていたトータル10万円以下のシステムではレシーバーはよく使われていました。その後システムステレオはあまり流行らなくなり、アンプとチューナーを別体にしたコンポが主流になりレシーバーは衰退、レシーバーという言葉も廃れました。しかしミニコンポやミニミニコンポの時代になると、アンプとチューナーを一体化したものがまた出てきました。ただレシーバーという呼び名は消えていたので、メーカーは「チューナーアンプ」と呼んでいました。

 実はSTR-22はカセットオーディオ黎明期の製品で、「マンハッタン」という名前のシステムコンポの中核コンポとして売り出されました。マンハッタンは当時には珍しくレコードプレーヤーをオプション扱いにして、レシーバー・カセットデッキ・スピーカーから成っていました。カジュアルなカセットオーディオにはコンパクトな方がいいということでこういうものを考えたんでしょうか。幅はフルサイズ(430mm)ですが高さと奥行きはコンパクトで、ミニコンポの商品展開がパナソニックやパイオニアに比べて後手だったソニーの、ミニコンポへの橋渡し的な製品だったのかもしれません。

 こいつを購入したのは大学1年の時。大好きな音楽やら何やらを我慢して、私にしては珍しく禁欲的に勉強に励んだ高校2・3年を経てめでたく大学に入学した私が、大学1年の夏休みにアルバイトで稼いだお金で買った「自分用」のステレオの中核でした。テクニクスのDDプレーヤー(49,800円)がどうしても欲しくて、アンプとチューナーとスピーカーはあまり高くないものをと思いこれを選びました。スピーカーはアイワの1本1万円くらいの小さなものにしました。


続きを読む


nice!(5)  コメント(2) 

ssh1063 社説の読み方〜伊方原発差止仮処分編 [社説の読み方]

 


<2017>

 愛媛県の四国電力伊方原発3号機の運転差し止め仮処分を広島高等裁判所が決定というニュース。市民と国・企業が争うとたいてい後者が勝つ、それも上級審に行くほど市民不利という我が国の司法のあまりよろしくない状況からすると珍しい判断です。

 日頃足並みが揃わない中央5紙が足並み揃えて社説展開してます。sshとしては待ってましたの展開。さっそく餌食、いやネタにさせていただきましょう。今回は交際判断を評価するものから批判するものの順番に行きます。まずは(予想通りの)朝日クン。

◆◆伊方差し止め 火山国への根源的問い

 火山列島の日本で原発を稼働することへの重い問いかけだ。

 愛媛県の四国電力伊方原発3号機の運転を差し止める仮処分決定を、広島高裁が出した。熊本県阿蘇山が巨大噴火を起こせば、火砕流が伊方原発に達する可能性が否定できない、との理由だ。

 周辺に火山がある原発は多く、影響は大きい。国の原子力規制委員会電力会社は決定を真摯(しんし)に受け止めるべきだ。

 新規制基準の内規である「火山影響評価ガイド」は、原発から160キロ以内に火山がある場合、火砕流などが及ぶ可能性が「十分小さい」と評価できなければ、原発の立地に適さないと定めている。

 また、巨大噴火の時期や規模の予測はできないというのが多くの火山学者の見方だが、これについては、規制委は予兆があるはずだとの立場をとり、電力会社に「合格」を与えてきた。

 広島高裁は、巨大噴火が起きることは否定できないとする火山学者らの見解を踏まえ、伊方原発から約130キロ離れた阿蘇山で9万年前と同規模の噴火が発生したら、原発が被災する可能性は「十分小さい」とはいえないと指摘。規制基準を満たしたとする規制委の判断を「不合理」だと結論づけた。

 火山ガイドに沿った厳正な審査が行われていない、という判断である。

 司法からの疑義は、今回が初めてではない。

 九州電力川内(せんだい)原発1、2号機(鹿児島県)をめぐる昨年4月の福岡高裁宮崎支部の決定は、巨大噴火の発生頻度は低く「無視し得るものと容認するのが社会通念」として運転差し止めを認めなかった。だが、ガイドが噴火を予測可能としていることは「不合理」と断じていた。

 火山リスクの審査のあり方の不備が、繰り返し指摘されている事実は重い。規制委は、火山学者の意見に耳を傾け、根底から練り直すべきだ。

 数万年単位の火山現象のリスク評価が難しいのは事実だ。決定は、社会は自然災害とどう向き合うべきか、という根源的な問いを投げかけたといえる。

 巨大な災厄をもたらす破局的噴火が起これば、日本列島の広範囲に壊滅的な被害が及ぶ。原発だけ論議してどれほど意味があるか、という見方もあろう。

 しかし福島第一原発の事故の教訓は、めったにないとして対策をとらなければ、取り返しのつかない被害を招くというものだった。再稼働を進める政府は教訓に立ち返り、火山国で原発が成り立つかも検討すべきだ。◆◆

 朝日クンは交際高裁判断をほぼ全面支持です。川内原発についての判断も差し止めを認めなかった部分ではなくガイドには予測はできないという意見部分に焦点を当てています。

 朝日クンの最大の論拠はフクイチ事故です。そんなことは滅多に起こらないということが実際に起きたではないかと。これは重たい、重たーい事実です。マグニチュード9を超える地震・数メートルの津波なんて滅多に起きるものではありませんが、起きる時は起きます。実際に起きました。

 朝日クンの社説は意見文としてしごくまっとうです。ただし新鮮味はない。この論点で意見を述べるなら、フクイチ事故の対策が天災を甘くみたことで後手に回ったことを掘り返すべきでしょう。そこいらへんが食い足りないので、評価は100点満点の70点。

 

 では2本目。これまた予想通り、毎日クン。

 

続きを読む


nice!(3)  コメント(6) 

ssh1062 RX-DT77のこと〜ssh1061の余白 [DIY記]

<2017>


 本日はssh1061で報告したパナソニックRX-DT77のその後のことなど書いてみます。

 実はssh1061をアップしてから、再度同じところが接触不良を起こしました。しかし原因は明確でしたので、すぐに対策は完了して現在に至っています。


 一部マニアの間では「バブカセ」などと呼ばれる、1980年代後半から90年代のCDのラジカセ。時はカセット・CDの幸せな共存時代。CD+ダブルカセット+大出力アンプ+マルチスピーカーを搭載したCDラジカセは、大きく重く、高音質で多機能で、もちろん高価。一方、本格的なコンポーネントステレオはカセットオーディオが進めたオーディオのカジュアル化により市場を狭め、代わってミニコンポが主流となっていた。5万円を悠々超えるラジカセと10万円ほどで買えるコンポは、サイズ的にも価格的にも、そして性能機能の面でも、ずいぶん近いものになっていました。

 嫁サンが「高かったよお」と言うDT77はパナソニックのラジカセでも上級機種。当時求められるものは全部持っていました。


DSCN2570.jpg

 コブラトップを開けるとボタンやツマミがずらり。当時はリモコンへの信頼が高くなく、リモコンで操作できる機能であっても本体にも操作ボタン類をつけておくのが普通でした。カセット・CD・チューナー・タイマーの操作に必要なスイッチはすべてついています。音量は電子式ではなくアナログの電動式。高級コンポと同じです。リモコンを操作するとツマミがモーターでグググと回ります。トーンコントロールとS-XBSは本体のスライドつまみでしか調整できません。

 コブラトップにはディスプレイとジョグダイヤルとスイッチ。ディスプレイにバックライトがついていませんが、このころはワードプロセッサでもディスプレイにバックライトのないものがよくありました。ジョグダイヤルはラジオのチューニングやタイマー合わせに使います。ちょっと不思議なのはこれほどの機種なのにラジオのシーク機能(自動的に電波の強い局を探す機能)がないこと。プリセット機能はあるので、一度セットすればいいという発想なんでしょう。


続きを読む


nice!(2)  コメント(4) 
前の10件 | -