So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

ssh1076 パークスとスイッツァーとバニラエア(5)〜生存戦略としての従順 [三題噺]

<2018>


 キングを扱った教材でローザ・パークスの行動を紹介したところ、高3生たちが人権のための勇気ある行動と前向きに受け止めることがイマイチできなかったというツイートに端を発した長編の三題噺。ここまで生徒の様子・自身の30年ほどの経験・リプのことなど書いてきました。

 今回の記事では、なぜ高校生たちがパークスやスイッツァーの行動を素直に英雄的行動と受け止めることを躊躇するのか、その理由について私の考察を述べてみます。


 去年の冬、「◯◯高校(現任校)の未来を考える会」なる催しがありました。提案・主催・運営は生徒会。参加者は生徒会役員+一般生徒有志+教員有志。現任校が今後どのような学校であるべきか、そのためにはどんなことをしていけるのかを建設的に話し合うという企画です。大昔のことは知りませんがこの5年ほどでは初めての企画。

 頼もしい生徒たちですよね。私はこういう生徒は大好きです。本当に応援したくなります。

 実はこの生徒会役員たちこそ、高1でスイッツァー、高3でキングを読み、ビミョーな反応をしてみせた高校生その人たちです。

 意外ですか?意外かも知れませんね。

 ことほど左様に、彼ら彼女らは従順を持ってよしとする飼い犬のような高校生ではないのです。彼ら彼女らは、相手が先生であっても自分たちの意見は伝えようとする、前例がなくても大きな企画に挑戦する、昨今としてはむしろ珍しく活発で挑戦的な生徒たちなのです。


 おお、頑張るじゃないか、一丁応援してやるかと、私も参加を決めました。

 ただ参加するだけじゃつまらない。手土産が欲しいな。私は進路資料室に向かいました。

 未来を考えるにはまず過去と現在を知るべし。現任校の過去の様子を進路の面から見てみようと思ったのです。


 で、これが、かなり面白かったんですよ。


続きを読む


nice!(1)  コメント(5) 

ssh1075 パークスとスイッツァーとバニラエア(4)〜クソリプと誤解と [三題噺]

<2018>


 10月11日に投稿したツイートは3000件以上リツイートされるというちょっと考えられないレベルの反響をもらいました。無名人が投稿した変な画像でもおもしろネタでもない文字だけのツイートに対しては過分なる反響です。

 どんなものでも母数が増えれば妙なものも多く混じってきます。ヘンテコな反応や、それちょっと違うよなあという反応も多数ありました。

 この記事ではそういうSNSにはありがちな「?」な反応について書かせてもらいます。


 妙な反応といえば、まずはいわゆる「クソリプ」ですね。

 ネット界には本当に困った人たちが「たくさん」います。「たくさん」とカギカッコに入れたのは、現実の人数はそれほどでもないのですが、多数のアカウントやIDを取得して似たようなものを多数送るケースが多いからです。

 ただバカみたいな話を投稿してるだけならただのバカということで放置しておいてもいいのでしょうけど、彼ら彼女らは他者の人権を踏みにじる不当・違法な書き込みを執拗に繰り返します。

 特にひどいのが近隣国に対する差別です。韓半島や中国に対して目を覆うようなひどい差別攻撃をします。いわゆるヘイトスピーチです。在日外国人の人権を守ろうみたいなツイートを書くと途端に、誘蛾灯に蛾が集まるようにウヨウヨと差別屋が寄ってきます。

 私はこういう差別屋を発見した場合、問答無用でツイッター社に通報しています。利用者規定に違反しているからです。


 くだんのツイートは高校生がローザ・パークスの件についてあまりピンと来なかったみたいだという内容ですから誘蛾灯としての性能は低いはずなんですけど、それでも妙なのはありました。分類してみますと、


続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

ssh1074 パークスとスイッツァーとバニラエア(3)〜運動と弾圧 [三題噺]

<2018>


 ボストン・マラソンに強行出場し女子マラソンの扉を開いたキャスリン・スイッツァーのエピソードをコミュニケーション英語Iの授業で読みビミョーな反応を示した高1生も今や高3生。バリバリの受験生です。志望校への進学を実現すべく、2年前なら想像できないレベルの英文をけっこうなスピードで読んでいます。

 そんな彼ら彼女らに再びビミョーな話題が登場します。マーティン・ルーサー・キングJrに関する英文です。

 この教材はバスボイコットで公民権運動スポークスマンに抜擢されたキングの戦略・強み・人柄などを扱いながら、不当逮捕や脅迫を受けてもひるまずワシントン大行進を成功させ、暗殺後に叙勲したことについて、かなり概説的にあっさりと扱っています。

 あっさりしてるのはいいんですけど、肝心のバスボイコットがどういう経緯で起きたのか全然触れられてないんですね。さすがにこれじゃ困るだろうと思い、バスボイコットの発端となったローザ・パークスの一件を生徒に紹介しました。当時の運行規定に反して白人に席を譲らず警察に逮捕されたというアレです。


 すると。またまた例のビミョーな反応がうっすらと湧いてきたんです。今度はうっすら、ですが。

 生徒からすると、気持ちはわかるけどそこでそうやってイスに座り続けるのって得策なのかな、もっと他の方法ないのかな、てな感じだったんでしょうか。「他の方法」なんかとっくにやり切っていてそれでもラチがあかないからこういう形になってるわけなんですけど、どうもピンとこないようで。


 言っときますけど、戦後史の勉強は今の高校生の方が昔の高校生よりはるかにきちんとやってます。私が受験生だった1980年ころだと歴史問題の出題は1945年までに限定されていました。現在は高校入試でも戦後史がちゃんと問われます。

 ただ、世界史は弱いんですよ。中学で扱う世界史はいたって限定的で、南北戦争も扱いません。公民分野で何とか触れてはいますが大したことはできない。高校は世界史AかBが必修ですが、Aだと本当に大雑把なことしかやりません。


続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

ssh1073 パークスとスイッツァーとバニラエア(2)〜暴力の内向化 [三題噺]

<2018>


 私が現職に就いたのは1987年4月。元号はまだ昭和。

 時はバブル時代。大学進学を目指す高校生は都会へ都会へと流れ、日東駒専がメチャクチャ難関でした。

 といっても私が赴任した高校は大学進学とはほぼ無縁で、勉強を真面目にやる生徒はごく少数でした。


 今日の学校で起きる暴力は教師が生徒に暴力を振るう体罰が最大の問題でしょう。

 1980年代の学校が抱えていたもっとも厄介な問題は「校内暴力」。これは生徒が教師に暴力を振るうという意味です。今どきの高校生には信じられないでしょうが、80年代は中学生や高校生が徒党を組んだ教員に暴行を加えることが日常的にニュースになっていました。私がかつて通っていた中学は私が卒業して6年ほどして全国ニュースになりました。生徒が集団で職員室に殴り込みをかけて先生たちをボコボコにしちゃったそうで。

 将来大学に進学することを考えていた中学生たちは、そういう荒ぶる生徒たちから上手に逃げながら勉強をして、いわゆる進学校へと進んでいたのでしょう。


 80年代に大学進学と縁のない高校で働くということは、荒ぶる者たちと日々向き合うことを意味しました。

 荒ぶる者たちに小理屈など通じません。教師であることも何の盾にもなりません。毎日毎時間が闘いでした。ナメられたら最後、生徒は誰も言うことを聞いてくれません。授業は崩壊し教室はカオスと化します。

 授業に行くということは、所定の時間を「授業時間」として成立させるという極めて困難なミッションをクリアすることを意味しました。私語や立ち歩きなど序の口、教員がナメられると授業中に教室から堂々と抜け出してどっかに行ってしまいます。サボりなんか日常茶飯事、居眠りならおとなしく部屋にいてくれるだけありがたいくらいです。

 それでも私の初任校では対教師暴力はほとんどありませんでした。職員が有能だったからではなく、単に生徒がいささかの分別があって先生に手を出さなかっただけです。対教師暴力に悩まされていた学校もありました。

 その代わり、物品はよく壊されました。窓ガラス・トイレの扉・ロッカーのふた・ゴミ箱・部室の扉の通風孔・体育の道具等々、とにかくよく破壊されました。


 あのころの高校生は、荒ぶる魂を外に向かって放出していました。いささかの分別があればモノに向かって、それがなければ人間に向かって。


続きを読む


nice!(2)  コメント(4) 

ssh1072 パークスとスイッツァーとバニラエア(1)〜高校生のビミョーな反応 [三題噺]

<2018>


 1つのツイートが原因で長いブログ記事を書くことになってしまいました。

 原因というのはこのツイート。

 このツイートはどういうわけか4ケタのリツイートといいねをいただきました。こういうのを「バズる」と言うんですかね。私はスマートフォン持ってませんのでバズるって感覚よくわかりませんが、まあたくさんの方に共有されること自体は悪い気はしません。けっこう著名な方にもリツイートされましてそれは嬉しかったです。もちろん多くの人の目に留まれば妙な反応が出てくるものですが、まあ予想の範囲内でした。

 予想の範囲外だったのは、とある著名な方からダイレクトメッセージをもらってしまったことです。直接お話を伺いたいと言われてしまいまして。

 メッセージには自分なりに頑張って返信しました。けど十分に伝えられたかどうか。このまま放って置くのはイヤだな、これはきちんとブログ記事にまとめないといかんな、と思いまして。


 本県の高校では高1で担任を持った教員がそのまま高3まで担任を継続するのが通例です。くだんの高校生たちは私の担任する学年で現在高3。私は高1からずっと英語の授業を担当しています。

 彼ら彼女らの反応に初めて「ん?」と思ったのは高1の1学期。コミュニケーション英語Iのテキスト(Pro-Vision)にキャスリン・スイッツァー(Kathrine Switzer)の話が出てきたときのことです。



続きを読む


nice!(2)  コメント(2) 

ssh1071 書斎のDIY(1) D-164のチューンナップ [DIY記]

<2018>


 オーディオとPC環境をいじくりました。今回はそのご報告。まずは大物のオーディオから。

 書斎のオーディオには2年ほど前からずっと気になっていたことがありました。D-164の音です。


DSCN2422.jpg


 いじくる前のオーディオ全景。手前の焼却炉みたいなスピーカーがD-101Sスーパースワン。長岡鉄男のバックロードホーンスピーカーの中でも傑作と言われています。昨年ユニットをFE103Solに替えてから絶好調、顔がほころぶようないい音で鳴ってくれています。

 後方の壁についたてのように張り付いているのがD-164。30年ほど前に作ったバックロードホーン。長らく物置でホコリを被っていて不憫だったので再塗装して再稼働させました。ユニットはFE166En。再稼働は成功で、音は物足りない部分があったのですが、時間をかけて少しずつ調整していこうと思っていました。

 そのD-164が、あれこれ調整してもなかなか思うような音になってくれませんでした。一言でいうと音が安っぽい。校内放送かトランジスタラジオみたいな印象。いくらなんでもこんな音のはずはない。D-101Sがユニット交換で俄然音が良くなったので余計に安っぽく聞こえる。


 調べること半年以上。原因がわかったときはショックでした。低音不足だったんです。


 D-164は低音重視の設計です。結婚前はこいつがメインだったのですが、地鳴りのような低音がモリモリ出てくるのが快感でした。そのD-164から低音が出ていない。そんなバカな。


続きを読む


nice!(2)  コメント(1) 

ssh1070 プロデュースされる高校生 [教育問題]

<2018>


 現任校は部活動がとても盛んな学校です。部活に入っていない生徒は1割未満という感じ。

 運動部もそこそこ強いのですが、名が売れているのは文化部。吹奏楽部・書道部・ダンス部などは県内でも屈指または無敵というレベルの活動をしています。


 部活のレベルが上がると、メディア露出も増えます。運動部が全国大会のTVの中継などで露出するのに対して、文化部は地元の新聞やTV局の取材が増えます。

 インターネットやSNSやその他のメディアも力を持っていますが、マスメディアの威力をナメてはいけません。「老若男女」マイナス「若の一部」は今持ってTVラジオ新聞が「重要な情報」のカギです。

 ただし。もちろん。TVや新聞やラジオで流されるものは、〇〇高校☓☓部のありのままではありません。TVラジオには時間(彼らの言うところの「尺」)の制限があります。新聞にしても紙面のサイズやら何やらがあります。丸1日取材しても出来上がった番組や記事はささやかだったりします。あるいは取材された側の予想とまったく異なるものに仕上がっていることもあります。

 まあある程度は仕方ありません。メディアにはメディアの都合があります。でも度を越すと困ります。


 度を越すというとちょいと語弊がありますが、つまり、メディア側があらかじめこういうふうにまとめたい、こういうストーリーにしたいというのが強いと、そういうことが起こります。




続きを読む


nice!(3)  コメント(4) 

ssh1069 DYデミオのDIYまとめてご報告(2) [DIY記]

<2018>


 ssh1068の続きです。


 御年13歳のわがDYデミオ。本日満13年の車検を馴染みの工場に予約しました。これで14年目突入決定。

 車齢が14歳になると自動車税が割増となります。環境負荷の低い新しいクルマへの買い替えを促進するというのが表向きの理由のようですが、まあこじつけでしょう。モノを大切にすると損するというのもまことに妙なお話であります。余計な税金収めるのはイヤだけど、こんな政策に乗せられるのはもっとイヤです。DYデミオ、まだまだ元気ですし。工場の人も「8万km?まだまだだねえ。」と言ってくれましたし。


 さてssh1068に書ききれなかったDIY。1つ目はスピーカーの交換。

DSCN2823.jpg

 私のデミオはDYでももっとも安価なカジュアルというグレードで、純正オーディオはCD/ラジオのみ、スピーカーはフロントに2つだけです。音はそんなに悪くはないですが、感心するほどじゃない。オーディオマニアを自認するshiraとしてはグレードアップを敢行したいところです。

 一番いいのは純正オーディオからスピーカーから全部新調すること。でもこれは大変。純正オーディオを社外品に取り替えるのは専用のパネルが必要で、古いクルマゆえパネルは入手困難です。となるとスピーカー交換くらいしかやれることはありません。



続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 

ssh1068 DYデミオのDIYまとめてご報告(1) [DIY記]

<2018>


 最近ツイッターばかりやっていてsshはほったらかし状態です。

 でもあんまりほったらかしとくと、記事が表示されなくなっちゃうんですよね。たまには更新せんと。

 今回はこの2年ほど行ったわがデミオへのDIYをまとめてご紹介します。


 通称DYデミオと呼ばれる2代目デミオ。購入したのは2005年、すでに13年が経過しました。DYデミオはマツダが2度目の倒産危機に陥ってフォード傘下に入って何とか難をしのいだころの製品で、不振にあえぐマツダにあって国内市場で月数千台を売り上げる貴重な主力商品。販売台数を確保すべくサービスも大盤振る舞いで、100万円少々の安価なクルマなのに10〜20万円の値引きが普通にされていました。

 もともとが安価なクルマなので乗り心地とか静粛性とかは大したことないのですが、走りの機能にかかわる部分はずいぶんしっかり作られていて、13年目の現在もまったく問題なく快調に走っています。

 2000年ころからでしょうか、日本車の耐久性はずいぶん上がった気がします。1990年代あたりまでは10年10万kmであちこちガタが出たものですが、最近のクルマは15年15万kmくらいけっこう平気です。

 と言っても、私のデミオの走行距離はまだ8万kmほど。そのうち2万kmは最初の1年で走ったもの。ここ10年ほどは年間で5000kmくらいしか走ってない計算になります。勤務先が近くなって自転車で通勤することが増えたりして。


 そんなデミオのDIYによるカイゼン。1つ目はヘッドランプバルブの交換。

DSCN2814 (1).jpg

 オリジナルのハロゲンバルブが寄る年波でかなり暗くなっていました。アラ還暦に入ったshiraとしてはランプが暗いというのは誇張ではなく死活問題です。

 バルブ交換にはちょっと苦い思い出があります。デミオの前に乗っていたセンティアもバルブ交換をしたのですが、欲張って強力なものを選んだせいで、発熱でカプラーが溶けてしまったんです。今回はそういうことにならないようにかなり慎重にモノを選びました。結果、割と安価で輝度もそこそこの青白いタイプのハロゲンバルブにしました。

 交換作業は自分でやりました。クルマのヘッドランプバルブ交換はこれが初経験だったのですけど、作業は難航を極めました。デミオは小型車ゆえボンネット内に余裕がなく、バルブを止めている金具がよく見えず、手を突っ込むのもけっこうたいへんでした。またH4という規格のバルブの止め金のカラクリも初めてゆえよくわからず、手鏡やら何やら動員して1時間くらいかかってようやくやり方を理解しました。その後義父母宅のスズキSX4セダンにも同じバルブを取り付けたんですが、こっちの作業はメチャクチャ簡単で10分ほどで終わりました。

 バルブ交換と同時にレンズを磨きました。プラスチックのレンズは紫外線による経年劣化でかなり曇っていました。これをピカールで研磨しました。新品のレンズには紫外線を防ぐコーティングがしてあるそうで、研磨するとそのコーティングも落ちてしまいかえって曇りやすくなるらしいんですが、なに数ヶ月おきに磨き直せばいいだけです。

 バルブ交換とレンズの研磨でヘッドランプは一気に明るくなりました。心配したカプラーのトラブルもありません。


 2つ目は最大の作業。純正オーディオに外部入力を取り付けました。



続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

ssh1067 スキャンダルのある大学をどう考えるか [志望理由・進路選択]

<2018>


 5ヶ月放ったらかしのsshです。この間、2018年度入試は終了。

 現任校では例年にも増して現役志向・国公立志向・地元志向が強まりました。浪人は過去最少、もっとも進学した都道府県は東京を抑えて地元が1位となりました。

 先ごろ日銀が物価上昇率2%目標を捨てました。現政権の景気対策は株価と円安差益以外の成果は出せなかったわけです。カネがないのに進学は必要となれば、誰だってなるべく現役・なるべく国公立・なるべく地元と考えます。

 私立大学・短期大学・専門学校も特待制度や独自奨学金の拡充を打ち出しています。みんなカネに困ってるんです。


 2018年度入試では、受験生の努力とはまったく関係ないところで生臭いスキャンダルがありました。例の獣医学部の件です。

 入試はけっこうな倍率で、予定通りスタートはしたようですが、あれだけの政治的社会的問題を抱えてスタートする新学部は前代未聞です。誰しも先行きが不安です。


 今回の記事は、そういう先行き不安な、スキャンダルを起こした大学を、受験生はどう考えるべきかというお話です。


続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
前の10件 | -