So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ssh1085 書斎のDIY(3) リアスピーカー追加&PC環境改善プロジェクトその2 [DIY記]

<2019>


 ssh1084の続きです。

 FE108EΣのリアスピーカーが完成して、メインシステムは2組のサラウンドとなりました。

 組み合わせは少々迷ったのですが、音色と能率の相性を考えて、

・D-101Sスーパースワン(FE108Sol) + 今回作成したFE108EΣのリアスピーカー

・D-164(FE166En) + これまでD-101Sと組み合わせていたFE126Eのリアスピーカー

という風にしました。


 とか書いてて面倒くせえなあと思います。リアスピーカーは設計から製作まで完全自製なので名前も型番もなくて、おかげでいちいち上記のような書き方をしないといけません。完全自製のスピーカーというとデスクトップオーディオで使っているものもそうです。こうなると名前なり型番なりのIDが欲しくなります。

 というわけで、急遽IDをつけることにしました。気取った名前は恥ずかしいのであっさり型番で行きます。

・デスクトップオーディオのスピーカー: 最初に作った8cmユニット用ということでS108

・FE126Eのリアスピーカー: 2号機で12cmユニット用なのでS212

・今回作ったリアスピーカー: 3号機で10cmユニット用ということでS310


 組み合わせての試聴ですが、なかなかよろしいです。

 D-101S+S310は、さすが高級ユニット同士の組み合わせできれいな音がします。音のバランスもいいし馬力もたっぷりあります。ただFE108EΣはFE126Eよりも能率が少々低いのでサラウンド効果も少し下がりました。

 一方のD-164+S212は、期待通りの鳴りっぷりです。

 もともとD-164を再稼働させたのは、荒っぽくても馬力のある音が欲しかったからです。開口部のチューンアップで見違えるように低音が出るようになったD-164はS212との組み合わせでさらにいい感じになりました。

 そもそもS212はD-164と組み合わせるために作ったものです。D-164をテクニクスEAS-16F20で鳴らしていた独身時代にスピーカーマトリクスサラウンドのために追加したのがS212です。当時のユニットはFF125Kでした。12cm一発のスピーカーにしては妙に大きく背が高いのもリアスピーカーで使うことを考えてのことでした(フロントで使うこともできるようにバスレス設計になってはいます)。

 D-101S+S310に比べると全体に音が荒く歪っぽくもあるのですが、力感はD-164の方があります。うん、こういう風になって欲しかったんですよ。

 余談ですが、D-164とS212がしばらく実家でホコリをかぶることになった原因を作ったのは当時1歳だった長男です。EAS-16F20もFF125Kもエッジがウレタン製なんですけど、家族で実家に行ったら気づかぬ間に彼がエッジを指でブスブスと突き刺してまして。たぶん感触が楽しかったんでしょうね。


DSCN3173.jpg


 S310が加わるにあたり、オーディオもPC環境もいじくりました。オーディオはあまり大きな変化はありませんが、これまでD-101Sのヘッド部分にかぶせていた紙製のカバーは廃しました。代わりにバンダナを折りたたんだものでカバーするようにしました。聴く時はバンダナを持ち上げるだけなのでラクです。

DSCN3175.jpg

 気分転換にレコードプレーヤーにかぶせる布も取り替えました。見る人が見ればこのバンダナの素性はすぐわかると思います。



続きを読む


nice!(3)  コメント(1) 

ssh1084 書斎のDIY(2) リアスピーカー追加&PC環境改善プロジェクト [DIY記]

<2019>


 前代未聞の官制10連休が終わり、亜寒帯の当地も初夏の陽気であります。

 超超超多忙な2018年度が終わり、気温の上昇とともに私のDIY気分も上がってまいりました。なんだか変温動物のようであります。


 2019年度最初の工作は、昨年度着手したものの放置されていた書斎のリアスピーカーの追加です。

 この企画はssh1071で紹介したD-164チューンアップとセットで考えていました。D-164の音質向上を図るためにD=164専用のリアスピーカーを追加し、リスニング環境を改善すべくPCのレイアウト等も変更するという狙い。実際、D-164チューンアップの際に同じ板材からリアスピーカーの部品をカットしてありました。で、カットしたまま半年以上放ったらかしてて、今月ようやく再着手したという次第です。


DSCN3120.jpg


 組み立て前の部材。実はカットするときにミスを犯しまして、裏板の1枚が8mmほど寸足らずになってしまいました。新たな部材を切り出すのも面倒だしもったいないし、さてどうしようかと結構悩みました。

DSCN3121.jpg

 結論。このまま組み立てることにしました。裏板なので目立たないし、隙間はごまかせる範囲内と判断しました。


 組み立てはボンドだけで行います。一辺が150mmほどの小さな箱なのでボンドだけで強度は十分だし、ラウンドバッフルにするには釘やネジは邪魔です。天板と側板はハタガネで圧着して、バッフルと背板は重石をのっけて圧着します。

DSCN3126.jpg


DSCN3131.jpg



 

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

ssh1083 校長室だより(2) [校長室だより]

<2019>


 校外巡視中の校長先生です。

 校長先生はsshの象徴でありsshに関する権能は有しておりませんが、校外巡視は校長先生の大切なお仕事であります。象徴には象徴の務めがあるのであります。


DSCN3192.jpg


 校長先生の校外指導のお供をするのは、私にとってもメリット大です。先生はあまり遠出を好まれないので家の庭とその周辺をウロウロすることが多く、おかげで家の外のあれこれを日々チェックできます。先日給湯器の配管からの水漏れを発見したのも校長先生のお供をしている最中でした。さすがsshの象徴であります。


 数年前まではヘルニアを患ったり目を痛めたり食欲が落ちたりした時期もあった校長先生ですが、ここ2年ほどは実に元気です。食欲は旺盛だし、腰もまるっきり快調です。すでに還暦(12歳)を回った校長先生ですが、まだまだ活躍されることと思います。


nice!(2)  コメント(0) 

ssh1082 年度始めのご報告など [ご挨拶&エッセイ]

<2019>


 新年度もあっという間に1ヶ月過ぎました。メディアを通じて伝わってくる世間は10連休だー!と盛り上がっております。現実はそうでもないのでしょうが。

 筆舌に尽くしがたい2018年度がなんとか終わりまして、私も新年度に入っております。

 年度が変わって、いささかの変化も生じました。本日はそこいらへんのご報告を。


 本年度は人事異動はなく、昨年度までと同じ高校で働いております。新しい環境への適応が年々苦手になっている私としてはありがたいことです。校務分掌も変更なく、相変わらず進路指導とダンス部を担当しています。


 内田良らの活動のおかげで中学高校現場の部活のブラックな実態が問題視されるようになってきました。いいことです。

 本校は部活動が大変盛んな学校です。しかしここ数年は学業との両立のためけじめをつけていく方向に舵を切っています。定期考査前の一週間はオフです(大会がある場合は職員会議に報告して了承を取った上で短時間の練習)。放課後の活動は18:30ですべて終了させます。土日についても大会前でなければどちらかをオフにする方向で動いています。

 私が顧問を務めるダンス部も同じ流れになっています。現在、とても熱心に指導をやってくれる先生がコンビを組んでくれて、おかげでずいぶんとラクをさせてもらっています。その先生も今年は朝練習を可能な限りなくしています。県内のダンス部を見ても練習時間と成果は必ずしも相関していません。十分な睡眠時間と休養を与えた方がパフォーマンスも向上するということでしょう。

 そういうわけで部活動はかなりラクをさせてもらってますが、連盟の仕事は相変わらずでして、今年も事務仕事はいっぱいあります。



続きを読む


nice!(3)  コメント(2) 

ssh1081 年度末のご報告など [ご挨拶&エッセイ]

<2019>


 本年度も終わりに近づきました。ようやく、やっとようやく、本当にようやく、年度末です。

 いやあ、2018年度はホントに大変でしたね。筆舌に尽くしがたいと言いますか、地獄の責め苦と言いますか、50代も後半になって(アラカンって奴ですね)こんなにキツい年度を経験するとは思いませんでした。


 すでに書いたことですが、本年度は当地でデカいイベントがありまして、私は本業そっちのけでその運営に忙殺されました。イベントそのものは8月で終わってやれやれです。生きて終了を迎えられるかどうかマジで不安でしたよ。イベントを統括した県のトップは9月の人事異動でご栄転したそうで、まー大変おめでたいことであります。ふん。


 肝心の本業では3年生の担任でした。受験生の担任です。校内でもっともやることの多い立場です。学習指導はもちろん、受験に向けて三者懇談あり出願指導ありです。特に1月以降は生徒一人一人にアドバイスやら添削やら何やらしないといけません。朝から放課後まで生徒はひっきりなしにやってきます。個別指導の合間に授業に行くという感じ。授業準備は生徒が来なくなった遅い時間帯か休日にやっておかないと間に合いません。隣のデスクの同僚さんに野戦病院みたいだと言われました。

 それでも、生徒を相手にしての多忙は「忙殺」とは感じませんでした。そりゃそうです、教員ですから。どうせ忙しいなら生徒のための多忙が一番いいです。

 にしても、今年の入試は厳しかったですね。特に私大の文系学部は本当に厳しかった。最低でも日東駒専は押さえるだろうと思っていた生徒が大東亜帝国止まりだったりして。予備校の関係者も同じことを言っていました。業者のリサーチでA判定B判定だった受験生がボロボロと不合格になりました。うーん、つらい。


 大変だったのは仕事だけじゃありません。



続きを読む


nice!(2)  コメント(2) 

ssh1080 校長室だより(1) [校長室だより]

<2019>


DSCN3065.jpg


 今年の冬は本当に穏やかですね。亜寒帯の当地でこれまでただの一度も雪かきをしておりません。腰の調子の良くない私としては実にありがたいことであります。

 休日の穏やかな天気に誘われ、校長先生をお散歩させてまいりました。寄る年波(当年取って13歳)であまり遠くまで散歩をしたがらない校長先生ですが、本日はどういうわけか絶好調でいつになく長時間長距離の散歩となりました。

 写真は大散歩ですっかりお疲れで息子の敷きっぱなしの布団の折れ目にもぐってホットドッグのソーセージのようになっている校長先生です。このあと熟睡しておりました。


nice!(2)  コメント(0) 

ssh1079 教員の仕事はどこまで代行できるか [教育問題]

<2019>


 ブラック部活てな言葉が報道でも流れるようになってきました。生徒のみならず教員・保護者までもが過剰な部活動で疲弊しているという指摘。

 教育行政も重い腰を上げまして、わが勤務校にもお達しが来ました。まずは運動部関係で、今すぐは無理でもゆくゆくは平日1日+土日1日の週2日のオフを設け、土日も基本3時間くらいに留めるように改善していくべしと。文化部についてはまだ来てませんが、まもなく同様のものが来るでしょう。部活問題を調べている記者や学者のみなさんは吹奏楽部が一番ブラックだって見抜いてますから。


 どの職場もラクじゃないですけど、学校もラクじゃないです。教員の疲弊はモロに生徒の不利益に繋がります。部活だけじゃなく雑務に追われてドタバタしてると本業たる授業や生徒指導が後手に回ります。準備不足の授業やいい加減な生活面の指導しか受けられれない生徒はいい迷惑です。

 対策として一番いいのは、もちろん教員を増員すること。手が回らない現場にテコ入れするには増員がベスト。はっきり言って教員を5割増員すれば学校のトラブルはほとんど解決すると思います。

 しかしそういうのはなかなかゼニが出ないのですよね。教員も一応大卒の公務員ですから賃金はそこそこ必要で、財源とやらの問題であまり気楽には増やせないんでしょう。その割には財源を問われることもなくじゃんじゃかゼニ使ってる部門もありますけど。


 教員がドタバタしてるのは、学校の仕事は基本教員(教諭・講師)と行政職(事務職員・校用技師)と管理職(校長・教頭・事務長)だけでやってるからです。集金だろうがモノを運ぶのだろうが、すべて学校で働く人たちの仕事です。

 それが当然だと私達は思ってますけど、そうでしょうかね。企業なんかけっこう外注してますよね。アーティストだって板前だって弟子にあれこれやらせてます。タレントやエグゼクティブのスケジュール管理はマネージャーや秘書のお仕事です。我々は教材費の徴収でも自分たちでやりますけどアーティストが自分でチケット売ったり会場の手配したりってのは駆け出しならともかくフツーしないですよね。もちろん演奏を他人にやってもらうわけにはいかないでしょうけど。


 今回は、教員の仕事はどのくらい他の人に回せるものなのかを考えてみたいと思います。教員免許状を持たない人でもやれる仕事をもし外注なり何なりできれば、教員は今より本務に専念できるんじゃないでしょうか。校務をヘルプしてくれる人を雇うにしても、たぶん教員そのものを増やすよりも人件費もかからんはずです。



続きを読む


nice!(3)  コメント(2) 

ssh1078 謹賀新年2019&12th Anniversary&etc. [ご挨拶&エッセイ]

<2019>

 新年のご挨拶をせねばと思っているうちに1月も後半になってしまいました。さすがにあけましておめでとうございますという時期じゃないですね。

 新年は恒例にして高齢の校長先生の御尊顔です。


DSCN3040.jpg


 校長先生を抱っこしているのは先日成人式を迎えた長女です。慣れない振り袖で七五三のような出で立ちでした。

 併せてssh12周年の感謝のご挨拶を申し上げます。こちらは2018.10.20でしたので堂々3ヶ月遅れのご挨拶です。ssh開校時、娘はまだ8歳だったのですね。


 新年を迎えながらsshに取り掛かるのをグズグズしているうちに成人式も終わってしまいました。2019年度センターは明後日です。現在私は3年生の担任、クラスの生徒は大一番間際です。担任の欲目もありますがここまでよく頑張ってきました。センターはゴールじゃなくて長い受験シーズンの始まりです。彼ら彼女ら、ぜひ精一杯頑張って欲しいものです。


 ツイッターばかりでちっとも更新のないsshですが、それでも11月と12月は珍しく計6本の記事をアップしました。しかもどれも長い記事です。普通ならこれで勢いがついてまた更新が増えるはずなんですが、12月16日からまたも1ヶ月以上放置プレイでした。本日はそこいらへんの言い訳をさせていただければと思います。


続きを読む


nice!(3)  コメント(3) 

ssh1077 社説の読み方〜辺野古土砂投入編 [社説の読み方]

<2018>


ー2018.12.16.追記ありー


 結局、強行しましたね。辺野古の土砂投入。中央紙は軒並みトップ扱い。TVでも映像が流れました。石やコンクリートのブロック類でなくいきなり赤土を放り込むというのもずいぶん乱暴な話です。これにはさすがに沖縄のみならず各地で抗議運動が起きています。


 ということで各紙も社説展開しています。久しぶりに社説の読み方と参りましょう。今回はまず批判派の2紙から読み、その後推進派を見てみます。(太字はすべてshiraによります)


 まずは批判派の2紙を。予想通りの毎日クンと朝日クンです。


◆◆辺野古の土砂投入始まる 民意は埋め立てられない(毎日)


 わずか2カ月半前に示された民意を足蹴(あしげ)にするかのような政府の強権的姿勢に強く抗議する。


 米軍普天間飛行場の辺野古移設工事で、政府は埋め立て予定海域への土砂投入を開始した。埋め立てが進めば元の自然環境に戻すのは難しくなる。ただちに中止すべきだ。


 9月末の沖縄県知事選で玉城デニー氏が当選して以降、表向きは県側と対話するポーズをとりつつ、土砂投入の準備を性急に進めてきた政府の対応は不誠実というほかない。


 名護市の米軍キャンプ・シュワブのゲート前では移設反対派が抗議活動を行ったが、土砂の搬入に抵抗しようにも手出しのできない海路で事前に運び込まれていた。そのために民間の桟橋を使う奇策まで講じ、力ずくで工事を強行したのが政府だ。


 そこまでして埋め立てを急ぐのは、来年2月の県民投票までに既成事実化しておきたいからだろう。反対票が多数を占めても工事は進めるという政府の意思表示であり、国家権力が決めたことに地方は黙って従えと言っているのに等しい。


 政府側は県民にあきらめムードが広がることを期待しているようだが、その傲慢さが県民の対政府感情をこわばらせ、移設の実現がさらに遠のくとは考えないのだろうか。


 実際、移設の見通しは立っていない。工事の遅れに加え、埋め立て海域の一部に軟弱地盤が見つかったからだ。県側は軟弱地盤の改良に5年、施設の完成までには計13年かかるとの独自試算を発表した。


 それに対し政府は2022年度完成の目標を取り下げず、だんまりを決め込む。工事の長期化を認めると、一日も早い普天間飛行場の危険性除去という埋め立てを急ぐ最大の根拠が揺らぐからだろう。10年先の安全保障環境を見通すのも難しい。


 結局は県民の理解を得るより、米側に工事の進捗(しんちょく)をアピールすることを優先しているようにも見える。


 沖縄を敵に回しても政権は安泰だと高をくくっているのだとすれば、それを許している本土側の無関心も問われなければならない。


 仮に将来、移設が実現したとしても、県民の憎悪と反感に囲まれた基地が安定的に運用できるのか。


 埋め立て工事は強行できても、民意までは埋め立てられない。◆◆


 

続きを読む


nice!(2)  コメント(4) 

ssh1076 パークスとスイッツァーとバニラエア(5)〜生存戦略としての従順 [三題噺]

<2018>


 キングを扱った教材でローザ・パークスの行動を紹介したところ、高3生たちが人権のための勇気ある行動と前向きに受け止めることがイマイチできなかったというツイートに端を発した長編の三題噺。ここまで生徒の様子・自身の30年ほどの経験・リプのことなど書いてきました。

 今回の記事では、なぜ高校生たちがパークスやスイッツァーの行動を素直に英雄的行動と受け止めることを躊躇するのか、その理由について私の考察を述べてみます。


 去年の冬、「◯◯高校(現任校)の未来を考える会」なる催しがありました。提案・主催・運営は生徒会。参加者は生徒会役員+一般生徒有志+教員有志。現任校が今後どのような学校であるべきか、そのためにはどんなことをしていけるのかを建設的に話し合うという企画です。大昔のことは知りませんがこの5年ほどでは初めての企画。

 頼もしい生徒たちですよね。私はこういう生徒は大好きです。本当に応援したくなります。

 実はこの生徒会役員たちこそ、高1でスイッツァー、高3でキングを読み、ビミョーな反応をしてみせた高校生その人たちです。

 意外ですか?意外かも知れませんね。

 ことほど左様に、彼ら彼女らは従順を持ってよしとする飼い犬のような高校生ではないのです。彼ら彼女らは、相手が先生であっても自分たちの意見は伝えようとする、前例がなくても大きな企画に挑戦する、昨今としてはむしろ珍しく活発で挑戦的な生徒たちなのです。


 おお、頑張るじゃないか、一丁応援してやるかと、私も参加を決めました。

 ただ参加するだけじゃつまらない。手土産が欲しいな。私は進路資料室に向かいました。

 未来を考えるにはまず過去と現在を知るべし。現任校の過去の様子を進路の面から見てみようと思ったのです。


 で、これが、かなり面白かったんですよ。


続きを読む


nice!(2)  コメント(5) 
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。