So-net無料ブログ作成
検索選択

ssh279 他人を見下すビジネスマンたち〜ssh的株式会社立大学破綻考  [教育問題]

<2009>


 


◆◆株式会社が設立した「LEC東京リーガルマインド大学」(東京都千代田区)は18日、来年度の学部生の募集を停止すると発表した。株式会社立の学校の募集停止は2例目。募集停止後も在校生がいる間は授業を続け、大学院は募集を継続する。


 LEC大は2004年、構造改革特区制度で開校した初の株式会社立大学。資格試験対策の予備校を経営する東京リーガルマインド(反町勝夫社長)が運営し、学部生459人、大学院生34人が在籍している。


 当初、全国14か所にキャンパスがあったが、定員割れが続き各地でキャンパスを閉鎖。今年度は千代田キャンパスだけで学生を募集したが、160人の定員に対し入学者は19人にとどまっていた。大学事業の累積赤字は約30億円にのぼる。


 文科省によると、株式会社立大は全国に6校あり、06年開校のLCA大学院大学(大阪市)が今年度から学生の募集を停止していた。少子化などの影響により来年度から募集停止する4年制大学も相次いでおり、LEC大で5校目となる。2009619日 読売新聞)◆◆


 


 内田樹氏がブログ記事でこの件を取り上げています。 http://blog.tatsuru.com/2009/06/19_1302.php


 


◆◆株式会社立の大学については、これは高等教育機関としては機能しないと私は最初から言い続けてきた。 「教育はビジネスではない」からである。


 日本の教育が崩壊しているのは、教育者にビジネスマインドがないからであると、その頃、メディアは口を揃えてそう唱和していた。「市場による淘汰に委ねれば、真に有用な教育機関だけが生き残るだろう」というロジックそのものに疑義を呈したメディアは私の知る限り一つもなかった。「マーケットは間違えない」人々はそう信じていた。


 そのときに賑やかに市場原理の旗を振っていた諸君にまずいくつかお聞きしたいことがある。もう一度お訊ねしたいのは、「教育はやっぱりビジネスですか?」ということである。


 2006年開学のLCA大学院大学はすでに2009年度から募集を停止している。「企業家輩出機関を理念とし、概念的なノウハウだけでなく、実業子会社で培った実戦的ノウハウをもとにコンサルティングを手がけてきた日本LCAが、独自の経営ノウハウと実業子会社というフィールドを生かして、次代を担う企業家を育成するために設立した」大学院が、である。


 経営のノウハウを教える教育機関が経営破綻した場合、説明の可能性は二つある。一つは、「経営のノウハウ」を教えることを謳ったこの教育機関の経営者たちが実は「経営のノウハウ」をよく知らなかったということである。魅力的な解釈だが、私はこれをとることを自制する。


 私がとるのは、教育機関の経営にはいわゆる「経営のノウハウ」が適用されないという解釈である。教育はビジネスマンが来るべき場ではなかったのだと思う。そういう理解でいかがだろうか。◆◆


あちこち省略した切り張り文です。ぜひリンク先を御覧下さい。)




 この主張に、sshは全面的に賛同できます。内田氏にここまで言ってもらえれば、私のような者がわざわざ言葉を足す必要はありません。


 


 ありませんけど、ssh的な言葉遣いで同じ意見を再編してみたいと思います。


 


 


 

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

ssh278 問題とは何かという問題(3)~現実の問題に正解がない理由 [小論文]

<2009>

 

 遅々として進まない<問題とは何かという問題>シリーズ、ようやく3回目です。ここまでのおさらいは、

 

 1 自然界に問題はない。

 2 問題は人間が発見するものである。

 3 問題とは矛盾のことである。

 4 人間の本質は矛盾である。

 

 乱暴にまとめてしまえば、人間ってのが矛盾のカタマリだから、問題というものはすべて人間が絡むことで発生するということです。

 

 一個の人間vs自然。

 多数の人間vs自然。

 一個の人間vs一個の人間。

 一個の人間vs多数の人間。

 多数の人間vs多数の人間。

 

 一個でも人間が絡めば、問題=矛盾は発生します。もちろん、人間がたくさん絡むほど、問題も発生しやくなる。

 

 では、その問題=矛盾は、どうすれば解決するのか?これが今回のテーマです。

 

 いきなり結論を言ってしまうと、矛盾の根本的な解決は不可能です。

 だって、矛盾してるんですから。


 


続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

ssh276 やっぱりヘンだよ、トヨタの扱い [マスコミュニケーション論]

<2009>

 

◆◆トヨタの「プリウス」初の首位に5月の販売台数

 トヨタ自動車のハイブリッド車(HV)「プリウス」の5月の販売台数が1万台を超え、車名別新車販売台数(軽自動車を除く)で初の首位になる見通しとなったことが3日、分かった。 最低価格を前モデルより約30万円安い205万円にした新型車を5月18日に売り出し、販売台数が急増した。4月に始まった環境対応車の購入者に対する優遇税制(エコカー減税)も追い風になったようだ。新型車の受注台数は、すでに13万台を突破しているという。

 4月に1万481台が売れ、HVとして初の月別首位となったホンダの「インサイト」は、プリウスに抜かれたものの5月も販売台数が9000台前後になったとみられる。トヨタ、ホンダのHV2車種がトップ3以内に入る見通しだ。

 国内の新車販売は不振続きだが、低燃費で、価格も手ごろになってきたHVに人気が集中する傾向が強まっている。

 5月の車名別新車販売台数は4日に、日本自動車販売協会連合会が発表する。(2009631501 読売新聞)◆◆

 

 ええ、日本自動車販売協会連合会(自販連)のホームページは毎月チェックしてますよ。クルマ好きですから。

 4月はびっくりしましたねえ。インサイトが販売トップとは。

 で、5月はプリウスがトップ。いよいよハイブリッド時代到来か?

 と、思ったアナタ、ちょい待ち。上のニュース、ちょっとヘンだと思いませんか?


 

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

ssh275 問題とは何かという問題(2)~問題は人間が発見する [小論文]

<2009>

 

 自然界には「問題」は一つもない。問題とは、人間の都合によって発生するものである。というのがssh259で私が述べたことです。

 そう述べたっきり、3ヶ月以上も続きを書けずにおりました。ごめんなさい。ようやくssh259の続きです。


 大地震も台風も、自然現象に過ぎません。

 大地震は、地殻プレート間のストレスを解消するための現象です。

 台風は、気温や気圧のアンバランスを平衡化するための現象です。

 地震や台風が発生するおかげで、地球環境のアンバランスは自然に解消されています。


 地球上の全生物の中でも、人間は飛びぬけて頭が働きます。(賢いかどうかはともかく)

 おかげで、人間は、自然現象の中で、自分に不都合なことをしっかりと対象化してしまいました。

 

 不可避な自然現象と言っても、災害は災害。

 できることなら、そういうもので怪我したり死んだりしたくない。

 

 まあ、ヒトという種は、環境が安定していないと生存がつらいわけです。キツい言い方するとヒヨワ。

 地震は困る。台風は困る。日照りは困る(雨続きも困る)。寒いのは困る(暑いのも困る)

 

 人間にとって、自然は必ずしも優しくない。

 自然はトータルでのバランスを取る。人間を含めて、個々の生命なんか眼中にありません。

 

 自然が人間にとって不都合でありうることを、人間は発見してしまいました。

 自然現象と人間の都合の間には得てして齟齬がある。

 自然と人間の齟齬、言い換えると自然と人間の間にある矛盾が、

 この時の<問題>の本質です。


 

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

ssh274 定額給付金を<もやい>に寄付しました [ご挨拶&エッセイ]

<2009>

 

 冗談だと思っていたのに、国民の過半数が「いらん」と言ってたのに、ホントに給付になったんですね、低額じゃなくて定額給付金。いや~驚きました。

 低学力の人たちが低額の給付金を定額バラまいた停学もののこの政策、恐らく天下の愚作として長く語り継がれることでしょう。

 

 私ゃ当初は受け取り拒否するつもりだったんですよ。あまりにバカげていて。でもあれ、個人宛じゃなくて世帯宛なんですな。嫁サンと子どもは拒否の意志ないんで、私だけ拒否ってのもひどく面倒。それに拒否した給付金は国の手元に戻っちゃいます。用でもないことに使われる可能性大。

 

 そこで考えを改めて、なるべく有効な使い道を考えてみました。

 最初は民主党に政治献金しようかなとも思ったんですよ。この愚策への皮肉として。でもバカバカしいからやめました。


 

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

ssh273 自分は天才ではないと判った時がスタート [教科学習]

<2009>

 

ーしゃーない、勉強するか・・・。ー

 

 親なんてもんは勝手なものです。

 私は3時のあなたじゃなくて3児の父親なんですけど、口を開けば小言ばっかりです。特に「勉強しろー!」と。

 で、自分の両親や兄や従姉に揶揄されるんですね。オマエ自分の幼少期を棚に上げて何言っとると。

 

 はい。正直に白状します。私、中学卒業まで、ロクに勉強してませんでした。


 ええ、ホントに私は家庭学習がキライでしたね。特に漢字ドリルとか計算ドリルとか、ああいう繰り返し練習が死ぬほどキライでした。キライだからやらなかった。宿題もほとんどサボってました。宿題やってないから廊下に立たされる。でも、反省なんか全然してなかったです。

 こう申してはナンですが、私にとって小学校の勉強は屁みたいなもんでした。教科書読んで授業を聞いてりゃ100%理解できてました。テストはたいがい100点でした。先生にとっては実にイヤな生徒だったでしょう。

 

 小学校というのは、同じ地区の同じ年度生まれの人間だけが集まる特異な集団です。いわば同質集団。

 そういう集団でお勉強のデキがいい(しかも努力しない)という身分を何年か過ごしていると、子どもであっても慢心するわけですよ。オレって天才かしら、と。

 

 もちろんそれは大いなる勘違い。高校入学と同時に、私は壁にぶち当たります。授業についていけんのです。

 社会科のテストで赤点取って母親に泣かれたのが1年の6月だったかしら。


 


続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

ssh272 権利を乱用して義務を怠る世襲族〜納税の義務くらい果たしなさい [社会]

<2009>

 

◆◆小泉純一郎元首相は18日、神奈川県横須賀市本町で開かれた自民党横須賀市連合支部大会で講演し、「世襲は制度ではない。政治家は有権者に選んでもらわない限り、議員にはなれない」などと、世襲批判に強く反論した。

 大会には、次期総選挙に元首相と同じ神奈川11区から出馬予定の次男、進次郎氏や蒲谷亮一市長らが出席。

 元首相は「私も初めて出た時は世襲批判の中で選挙をした。進次郎は世襲批判のターゲットにされているが、批判を乗り越えて頑張るしかない」と述べた。また、「私は自分の子供たちにああしろ、こうしろとは1度も言っていない。進次郎が『自分は政治家になりたい』と言ったので、親バカと言われながら応援している」と、会場を笑わせた。(読売新聞 519日)◆◆

 

 いや、<世襲>は制度ですよ。封建社会の。日本はタテマエ上は民主主義社会ですから(実態はともかく)、世襲という制度は法的にはないことになってます。単に親と同じ仕事に就いただけ。しかし、実態として、議員さんにせよ社長さんにせよお医者さんにせよタレントにせよ、大名の子どもが大名を継ぐかのように仕事を継いでいる。これじゃまるで封建社会じゃん。

 という批判として、<世襲>という制度用語がぶつけられているのですな。

 このへんの認識不足というか学力不足は、さすがブッシュのお友達を自認していた小泉クンです。

 

 まあ、でもね、

 私ゃ別に、お子さまが親と同じ仕事に就いたって構やしません。お好きならどうぞ。

 ただし。それは、国民の義務さえきちんと果たしてくれれば、の話です。

 

 

 戦後の日本人は権利ばっか主張して義務を軽視している。そういう批判、よく聞きますよね。

 で、そういう批判をする方々がよく槍玉にあげるのが、現憲法。権利ばかり羅列していて義務が少ないのがいけないと。

 その種の批判の典型が、ssh209で紹介した櫻井よしこ氏。


 

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

ssh271 総閲覧数250,000件のお礼 [ご挨拶&エッセイ]

<2009>

 

 本日、総閲覧数が25万件に達しました。地味なブログにたくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。

 総閲覧数○○件のご挨拶も、あまり頻繁だとしつこいので、今回は5万件で入れることにしました。ホンネとしてはもっとマメにやりたいんですが、まあモノには程度ということがありますから。

 

 さて、節目の25万件ですので、私の趣味の一つであるオーディオ道楽のお話なんぞをさせていただきます。


 今は昔、なんですが、1970年代、日本はけっこうなオーディオブームでした。

 サンスイ・ヤマハ・デンオン・パイオニア・ソニー・オンキョー・トリオ(現ケンウッド)・アカイ・ティアックなどなどの音響機器専門メーカーだけでなく、家電メーカーもこぞってオーディオ部門を立ち上げていました。テクニクス(松下)・オーレックス(東芝)・オットー(サンヨー)・オプトニカ(シャープ)・ダイヤトーン(三菱)・ローディ(日立)など。

 もちろん、マニアもいっぱいいました。

 

 当時のオーディオの主流は、コンポーネントステレオ。略してコンポ。

 レコードプレーヤー・アンプ・チューナー・スピーカーをそれぞれ単体で集めて組む方式でした。

 ソース(音源)の主役は、レコードとFMでした。

 で、そのうち、これをワンセットにして売り出す方法が流行り出します。

 メーカーが推称の組み合わせを(オーディオラックもろとも)まとめて売る方法。

 これがシステムコンポーネント、略してシスコン。シスターコンプレックスじゃありません。

 値段は高かった。当時のお値段で1230万円。

 

 でもシスコンはよく売れました。私の親戚の家にはみんなありました。

 私の家でもさんざんせがんで買ってもらいました。

 私が嫁サンと知り合って、彼女の実家にお邪魔した時にも、往事のシスコンが引退状態で埃をかぶっていました。

 

 私とオーディオの出会いも、この70年代です。


 その70年代も終盤に入ると、でっかいシスコンは徐々に敬遠されはじめます。

 この時期にソースの主役に躍り出たのが、性能がグンと向上したカセットテープです。

 なんたってカセットはLPレコードやFMに比べ簡便でした。これで音が良ければ文句ありません。

 さらにソニー・ウォークマンという大発明が登場します。

 80年代は、レコードやFMからカセットに録音して音楽を楽しむスタイルが主流となります。 

 このころの主流はミニコンポと呼ばれる、小型のコンポです。お値段は1020万円くらい。


 

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

LHR31 「最後の夏」の2か月前に終わる夏〜高校生の黄金週間の余白 [ご挨拶&エッセイ]

<2009>

 

 LHR30 高校生の黄金週間 という記事を先月書きました。高校生のゴールデンウィークはなかなかに多忙で、特に運動部は大忙しだと。特に、高校総体を控えた高体連関係の運動部は真剣勝負の時期です。

 全国のスケジュールは調べてませんが、私の居住地では、この土日が地区大会地区大会を勝ち抜くと都道府県大会なんですが、もちろん地区大会で消えるチームがいっぱいあります。

 総体というのは、3年生にとっては最後の大会です。ズバリ言っちゃうと、弱いチームだと、やる前から「これが最後だろう」と覚悟決めて臨む大会です。

 

 その地区大会に、ちょいと応援に行ってきました。


 これもLHR30に書いたことですが、私はただいま文化系クラブたるダンス部の顧問です。この土日はたまたま自分のクラブが活動休止のため、ヒマでした。

 一方、ただいま私は3年の担任でして、現3年生は入学以来ずっと付き合ってきた生徒です。てなわけで、せっかくなので、近間の会場にだけ顔を出してきました。


 

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

ssh270 計算が合わないナ〜、NHKクン [マスコミュニケーション論]

<2009>

 

NHKによると、岩手県の人口は1200万人ほどになるかも。ー

 

 いやあ、代表を辞任しちゃいましたねえ、小沢一郎センセイ。

 最後まで突っ張るかと思ったんですが。意外。

 

 小沢センセイにキョーレツな逆風となった大久保容疑者の逮捕起訴については ssh260 社説の読み方~小沢一郎秘書逮捕編 で扱いました。

 どれもこれも<説明責任>なる言葉が決めゼリフになっていてまるで面白くない社説群にあって、ひとり産経クンだけが恐ろしくはしゃいでいて、チャンスだぞ、あさなま総理、ガンバレと盛り上がっているのが高評価でした。

 今回の辞任でも、産経クンの舞い上がり方はすばらしいです。


◆◆「小沢代表辞任 判断遅すぎ、信頼を失う 後継選びで基本政策を競え」(5月11日)

 そもそも小沢氏と一心同体である公設第1秘書が、政治資金規正法上の違法行為を犯したとして逮捕・起訴された事件である。当初から小沢氏の政治的かつ道義的な責任は明確であり、代表辞任は遅すぎたと言わざるを得ない。

 秘書の起訴後、小沢氏は1カ月以上、代表に居座り続け、巨額な政治資金の使途などについて説明しようとはしなかった。きわめて遺憾であり国民の信を失っていることを理解していない。離党もしくは議員を辞職するような事態であることを認識すべきである。

 小沢氏の続投を容認し、秘書逮捕から2カ月余にわたり、十分な自浄能力を発揮できなかった党執行部の責任も重大だ。◆◆

 

 「小沢氏と一心同体である公設第1秘書」一心同体!政治家と秘書は肉体関係か?

 

 え~しかし、産経ファンのみなさま、ごめんなさい。ssh270の主役は産経クンじゃないんですよ。

 今回の主役は、みなさまのNHK


 

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)