So-net無料ブログ作成
検索選択
教科学習 ブログトップ
前の10件 | -

ssh287 <夏を制するものは受験を制する>って、ホント? [教科学習]

<2009>

 

 夏を制するものは受験を制する。

 てなこと言う人がいます。受験生にとって、夏休み期間の学習が死命を決するほど重要だと。(「死命を決する」わからない?辞書引いてね。)でもホントなんでしょうか?

 私はイナカの公立高校生しか教えたことがないんで、都市部や私学が浪人のことはよくわからんのですが、その限定された経験から言えば、<夏を制するものは受験を制する>というのは、まんざらウソではないです。


 私の居住する県では、夏休み中に<第2回全統マーク模試>を一括受験する高校が多いです。

 学校一括受験の場合、実施日は学校の都合で融通が効きます。早い学校だと8月初旬、夏の補習の仕上げに受験させているようです。遅いところは実施可能期間の後ろギリギリの820日ころ。

 で、ここんとこは内部情報なんであまり転載しないで欲しいんですが、実は各高校は他校の模試成績概要も知らされています。別にヨソと比べて勝ったの負けたのと騒ぐためじゃありません。他校の様子は自校の生徒を指導するのにいろいろと有効なんです。もちろん目的以外の流用は厳禁という約束つきで。

 

 8月のマーク模試の各校成績データを比較分析する際に、必ず考慮に入れなければならないことがあります。

 それは、実施日。

 一言で言うと、実施日が遅い学校ほど、成績がいいんです。それも明確に。平均点が全然違ってきます。

 なぜ?

 もちろん、実施日が遅いほど、模試までの勉強量が多いからです。


 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ssh273 自分は天才ではないと判った時がスタート [教科学習]

<2009>

 

ーしゃーない、勉強するか・・・。ー

 

 親なんてもんは勝手なものです。

 私は3時のあなたじゃなくて3児の父親なんですけど、口を開けば小言ばっかりです。特に「勉強しろー!」と。

 で、自分の両親や兄や従姉に揶揄されるんですね。オマエ自分の幼少期を棚に上げて何言っとると。

 

 はい。正直に白状します。私、中学卒業まで、ロクに勉強してませんでした。


 ええ、ホントに私は家庭学習がキライでしたね。特に漢字ドリルとか計算ドリルとか、ああいう繰り返し練習が死ぬほどキライでした。キライだからやらなかった。宿題もほとんどサボってました。宿題やってないから廊下に立たされる。でも、反省なんか全然してなかったです。

 こう申してはナンですが、私にとって小学校の勉強は屁みたいなもんでした。教科書読んで授業を聞いてりゃ100%理解できてました。テストはたいがい100点でした。先生にとっては実にイヤな生徒だったでしょう。

 

 小学校というのは、同じ地区の同じ年度生まれの人間だけが集まる特異な集団です。いわば同質集団。

 そういう集団でお勉強のデキがいい(しかも努力しない)という身分を何年か過ごしていると、子どもであっても慢心するわけですよ。オレって天才かしら、と。

 

 もちろんそれは大いなる勘違い。高校入学と同時に、私は壁にぶち当たります。授業についていけんのです。

 社会科のテストで赤点取って母親に泣かれたのが1年の6月だったかしら。


 


続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

ssh252 「開き直る」とは、どういうことか [教科学習]

<2009>

 

 受験シーズンも終盤戦に入りました。私大入試もぼつぼつ一段落です。もうすでに発表のあった人もいるでしょう。

 発表があったということは、合格も不合格もあるということです。

 

 本番のときに、よく言われるアドバイスは、

 開き直る。

 ジタバタしない。

 居直る。

 腹をくくる。

 覚悟を決める。

 思い切る。 など。

 

 どれも中身はほぼ同じです。

 でも、「開き直る」って、どういうことなんでしょうか


 ものごと、はっきりしないときは、とりあえず調べてみるのが一番です。例によって、手元の辞書(旺文社国語辞典第十版)を引いてみますか。

◆◆ひらきなおる(開き直る)自動詞 急に態度を変えて、正面きった、またはふてぶてしい態度になる。◆◆

 

 


 

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

ssh240 センター直前にすべきこと? [教科学習]

<2009>

 

 今年のセンター試験は17日~18日です。ホントに間近です。マジか。

 

 「この時期、何をしたらいいでしょうか?」

 「やってないことがいっぱいあるんだけど、どうしよう?」

 「明日本番でしょ。今日は何したらいいでしょうか?」

 

 センター直前の今、やるべきことは?

 いえ、特にありません。

 

 受験本番で一番大切なことは何か?

 受験すること、です。

 

 とにかく、受験しなけりゃ話になりません。

 受験さえできれば、ベストでなくても、まあまあの体調で、遅刻せずに試験会場に行ければ、それで一応の結果は出せます。

 

 となれば、今やるべきことというか、やってはいけないことは明確です。

 本番に差しさわるような行動はしないこと。

 すなわり、ムリしないことです。


 

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

ssh175 自分で勝手に決めない [教科学習]

<2008>

 

 今回は受験生向け。

 国公立前期は225日。いよいよ間近です。

 国公立専願という人もけっこうたくさんいるとは思いますが、やはり大半は私立も受験してきていると思います。

 私立をたくさん受けてきた受験生だと、ぼちぼち疲れもたまってきているところでしょう。

 

 私立で合格の出た方、まずはおめでとうございます。それが第一志望校ならホントにめでたいことです。そういう方は、もうこのブログともおさらばです。新生活の準備をお始め下さい。

 

 しかし。

 これからがいよいよ正念場という、数多くの受験生のみなさん。

 周りがどんなにアガリになろうと、みなさんの受験はまだ終わっていません。

 特に、第2志望以下の私立で合格が出ていて、国公立が見通しの厳しい方。

 絶対に、ぜーったいに、ここでやめないことです。

 くれぐれも「どうせ受けても受かりっこない」とか「受かっても行かないかもしれない」とか、そういうセリフははかないことです。

 

 合否は、大学側が決めることです。

 受験生であるあなたが勝手に決めてはいけません。

 

 


 

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

ssh164 やるだけやってみよう [教科学習]

<2008>

 

 2008年度センター試験、明日です。

 

 今日まで頑張って来れた人

 自分を信じて頑張って下さい。

 努力はあなたを決して裏切りません。

 

 今日までの頑張りに今ひとつ自信が持てない人

 不安に思う必要はありません。

 完璧な準備なんてあり得ないんですから。

 今の自分にできることを、マークシートにぶつけて下さい。

 

 明日が不安で仕方ないという人

 あなたは弱虫でもなんでもありません。 

 本番は怖くて当然です。

 弱音を吐いてもいいんです。

 吐けるだけ吐いたら、とにかく明日、試験会場に行きましょう。

 そして、やるだけのことはやってみましょう。

 

 受験生は、世の中の大半の人に応援されています。

 実感できないかもしれませんが、本当にそうです。

 競争主義だの格差社会だのととげとげしい話が多い昨今においてさえ

 受験生は別格です。みんなが応援しています。

 Good Luck!


 

nice!(2)  コメント(0) 

ssh163 平常心なんか持てなくても [教科学習]

<2008>

 

 センター試験直前に入院してしまったという受験生を知っています。

 それも2人。年度は違いますが。どちらも女子。

 一人は急病でした。重篤なものじゃなかったのですが、何せ入院したのが1月になってから。

 もう一人は、よりによって、横断歩道を横断中にクルマにはねられて大けが。

 どちらもセンター受験はムリかと思われましたが、病院から直行したり、松葉杖をついたりして、何とか受験だけはしました。

 

 つくづく思います。

 元気に受験会場に行けるというのは、それだけで実は相当に幸運なことだと。

 

 そういうわけで、直前に受験生におくるメッセージを羅列します。

 気楽に読んで下さい。全部見なくてもいいです。

 

<平常心なんか持てなくても>

 よく「平常心」ということを強調する人がいます。

 これはつまり、妙な意識や力みは不要だということ。

 しかし、人間ってのは難しくって、平常心平常心と繰り返されると、頑張って平常心を持とうとリキんじゃう。

 

 ムリに平常心を持とうなんて思わないことです。

 受験本番にアガるなんて、当然じゃないですか。

 ムリすると余計に変になります。


 

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

ssh158 受験生の年末年始 [教科学習]

<2007>

 

◇◇◇25年ほど前、共通一次まで10日を切った大晦日に、TVを見ながら年越しをする家族を一人後にして自分の部屋で勉強に向かったのは、私にとってそんなにイヤな思い出じゃないです。◇◇◇

 

 てなことを、去年の大晦日sshに書きました。

 

 25年ほど前、私も大学受験生なる立場でありました。正確には1981年度受験生。

 家族(両親とすでに大学生だった兄)が見ていたのは19801231日のNHK紅白歌合戦。これ、松田聖子初出場の年だったんですなあ、いやあ全然記憶にないわ。視聴率は71.1%!これでも前年より5.9%も低下したんだそうで、当時の紅白はホントに国民の一大娯楽番組だったんですな。

 

 私の家ってのは、大晦日は家族そろって紅白見ながら飲み食いして年越しするのが恒例でして、よほどのことがあっても大晦日は家族がみんな家に揃います。

 だから、1980年の年越しはかなりunusualなものでした。

 私は大晦日も、その前日や前々日と同様に、自分の決めたスケジュールに従って淡々と過ごしました。

 

 で、何の勉強をしていたのか?

 実は、あまりよく思い出せないのです。

 ということは、本番直前の特別なものではなく、ごく普通の勉強をしたんでしょう。

 

 


 

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

ssh157 1ヶ月しかないのか、1ヶ月あるのか [教科学習]

 2008年度センター試験は11920日です。

 あと1ヶ月かっきりですね。

 

 1ヶ月。

 あと1ヶ月。

 たった1ヶ月しかない。

 わ~、どうしよどうしよ・・・。

 

 1ヶ月。

 あと1ヶ月。

 まだあと1ヶ月ある。

 まだ、やれることはあるぞ!

 

 キミは、どっちでしょうか?

 

 本番が近付くと、落ち着きません。つまり、焦る。

 どうしても焦ります。特に現役生は。

 焦ってくると、1ヶ月なんてほとんど何もできないような気がしてきます。

 

 1ヶ月。

 あとたった1ヶ月。

 でもねえ。

 その「たった1ヶ月」で、どれだけ勉強できるか、冷静に考えたことあります?

 

 


 

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

ssh92 やっぱり、粘ると強い [教科学習]

<2007>

 「え、繰り上がった?○○大学?すごいじゃん!」
 新年度準備で8人ほどが作業中の部屋に、吉報が入ってきました。電話を受けたのは私じゃないんですが。

 今年の3年生は中期後期まであきらめずに粘っているーそんな話は聞こえていたのですが、その成果は明々白々でした。
 実は私自身は3年生とはほとんど何の接点もなかったので、傍観者みたいなもんだったんですけれど。
 ただ、3月に入ってからも熱心に頑張っている生徒(すでに卒業式は終わっている)をよく目にしていたので、「この学年はかなりの成果を出すはずだ」とは思っていました。

 このブログでもたびたび書いて来たことですが、中期後期は欠席率が高い上に、入学辞退による繰り上がりもあるから、とにかくしつっこく粘り続けると思わぬ合格を手にすることがあります。今年の卒業生は、それをそのまま実行してこれまで以上の成果を上げました。
 大したものだと思います。理屈ではわかっていても、3月以降も継続して頑張り続けるのは、大変な消耗戦ですから。そして、そういう生徒を最後まで指導した先生たちも、エライ。(繰り返しますが、私は傍観者でして、3年の指導は一切してません。)

 かつての教え子が言ってましたが、「受験は、意外とシンプルなもので、より努力した人間が勝つ。」。この「より努力」ってのが、なかなか味があるんですよ。例えば、他人がアガリを決め込んでいる3月に頑張れば、アガリ組より努力してるわけです。

 もう受験は終わったと思っている人が大半でしょうが、受験戦線はまだまだ継続中です。繰り上がり・2次募集・補欠、まだまだ続いてます。

 11月頃に早々と合格を決めた人。
 1〜2月に決定した人。
 3月下旬に決まった人。
 4月以降これから決まる人。

 いつ合格しようが、入学は一緒です。すべてが同じ学年として入学します。
 他人はどーでもいーんです。自分の人生は自分で生きるしかありません。
 今、頑張っているみなさん。自分の戦いが終わるまで、あきらめないでください
nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | - 教科学習 ブログトップ