So-net無料ブログ作成
検索選択

ssh282 つぶされたらつぶしかえせばいいのか~厳罰主義を考えるヒント  [社会]

<2009>

 

 私は昨今の厳罰論はキライです。アブナイ奴は抹殺してしまえ、という排除の感覚がプンプンと臭うのが1つ目の理由。抑止抑止といいながら、厳罰の抑止効果を立証してくれないのが2つ目の理由。一罰百戒の弊害を身をもって知っていることが理由その3。そして4つ目の理由は、結局は犯罪予備軍の「理性」に期待するだけの、ノホホンとしたお気楽な主張だからです。

 ssh229「凶悪犯罪と厳罰の関係」の一段落です。

 

 私は反社会的行為に対して罰を科すことの必要性は否定しません。(ここんとこ重要です。厳罰主義がキライとか書くと「では犯罪者を野放しにするのだな」とかスーパー低レベルなコメントを投げつけてくるボンクラが世の中にはいっぱいいるんで念を押しておきますよ。)

 否定はしませんが、厳罰を声高に叫ぶ人たちにどーしても共感がもてないんです。ssh229もそういう厳罰主義への疑念を考える上でのヒントとなった記事を拾ったものです。

 

 先日、また別の観点から厳罰主義への疑念を考えるヒントとなる記事に出会いました。ssh194でおすすめサイトとして紹介した、山田ズーニー氏の「ほぼ日刊イトイ新聞 おとなの小論文教室」 

http://www.1101.com/essay/index.html の最新記事Lesson452 生かすために捨てる>。

 

 これはぜひ記事全文を読んでいただきたいです。まず最初のところで紹介されている美容院でのトラブルの話が強力です。

 ◆◆以前、知り合いの美容師さんに、「失敗して、お客さんの髪をヘンに切ってしまったとき、どうやっておわびをするんですか?」と聞いたことがある。美容師さんは、「私自身の経験じゃないんだけど‥‥」と、仲間の美容師さんの、こんな話をしてくれた。

 その日、お客さんは、切られた髪に納得がいかなかった。そうとうに気に入らなかったらしく、怒りがおさまらなかったのだろう。お客さんは、自分の髪を切った美容師さんに向かって「あなたも髪を短くしろ」と要求したそうだ。

 あやまっても許してもらえなかった美容師さんは、お客さんに言われたとおり、自分の髪を切ったそうだ。

 選択は個人の自由だといっても、私はこの話を聞くやいなや、「なんか、ちがう」と思った。

 もっとなにかを「生かす選択」はなかったのか?

 たとえば、後日、すこし髪が伸びたところで、店でいちばん腕のいい美容師に、ただで、髪を整えてもらう約束をもらうとか。それなら、店一番の腕のいい美容師の腕も生きるし、時間がかかっても、そのお客さんの髪も生きる。生きる・生きるの選択になる。

 けれども、自分の髪が気に入らなかったからといって、相手の髪まで切らせてしまっては、つぶす・つぶすの選択になる。

 お客さんは、それだけ怒るということは、そうとうに自分のアイデンティティにそぐわない髪だったんだろう。「髪を切られた、心がつぶれた」という心境だったかもしれない。その痛みは本人にしかわからない、軽いものじゃない。

 けれども、結果的に、自分と同じように、「不本意な髪型」をしなければならない人間をもう一人つくるということは、つまり、2つの心を「つぶす」結果になる。◆◆


 

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

ssh272 権利を乱用して義務を怠る世襲族〜納税の義務くらい果たしなさい [社会]

<2009>

 

◆◆小泉純一郎元首相は18日、神奈川県横須賀市本町で開かれた自民党横須賀市連合支部大会で講演し、「世襲は制度ではない。政治家は有権者に選んでもらわない限り、議員にはなれない」などと、世襲批判に強く反論した。

 大会には、次期総選挙に元首相と同じ神奈川11区から出馬予定の次男、進次郎氏や蒲谷亮一市長らが出席。

 元首相は「私も初めて出た時は世襲批判の中で選挙をした。進次郎は世襲批判のターゲットにされているが、批判を乗り越えて頑張るしかない」と述べた。また、「私は自分の子供たちにああしろ、こうしろとは1度も言っていない。進次郎が『自分は政治家になりたい』と言ったので、親バカと言われながら応援している」と、会場を笑わせた。(読売新聞 519日)◆◆

 

 いや、<世襲>は制度ですよ。封建社会の。日本はタテマエ上は民主主義社会ですから(実態はともかく)、世襲という制度は法的にはないことになってます。単に親と同じ仕事に就いただけ。しかし、実態として、議員さんにせよ社長さんにせよお医者さんにせよタレントにせよ、大名の子どもが大名を継ぐかのように仕事を継いでいる。これじゃまるで封建社会じゃん。

 という批判として、<世襲>という制度用語がぶつけられているのですな。

 このへんの認識不足というか学力不足は、さすがブッシュのお友達を自認していた小泉クンです。

 

 まあ、でもね、

 私ゃ別に、お子さまが親と同じ仕事に就いたって構やしません。お好きならどうぞ。

 ただし。それは、国民の義務さえきちんと果たしてくれれば、の話です。

 

 

 戦後の日本人は権利ばっか主張して義務を軽視している。そういう批判、よく聞きますよね。

 で、そういう批判をする方々がよく槍玉にあげるのが、現憲法。権利ばかり羅列していて義務が少ないのがいけないと。

 その種の批判の典型が、ssh209で紹介した櫻井よしこ氏。


 

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

ssh269 法律は現実に合わせるべきものなのか [社会]

<2009>

 

 5月3日は憲法記念日でしたね。私はクラブのお仕事で出勤でありました。

 とは言え、別に指導してるわけでもなく、万一に備えて詰めてるようなもんなんで、ヒマつぶしにTVなんぞ見てました。

 

 いやあ、TVもたまには見るもんですねえ。驚きましたよ。何に?

 安倍晋三坊っちゃまがご出演なさっていたもんですから。

 まさかあんな形でお仕事投げたした人にTV出演のオファーがあるとは。

 私が担任投げ出したら、たぶんもう二度と相手にされませんよ。

 政治の世界ってのは、思ったより寛大なんですなあ。それとも、これぞ再チャレンジ?


 さて、ところで。その憲法論議なんですが、かねがね気になっていたことがあります。

 

 これは改憲派の方々がよく言うことなんですが、<現憲法はもはや現実的ではないから、もっと現実的なものにせよ>と。具体的には9条でしょうね。安保条約も自衛隊もあるのに9条はまったく矛盾していると。

 

 


 

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

ssh256 大きな権限を持った人間に自己責任を問うことは可能か [社会]

<2009>

 

 この記事は、sh228「自己責任~小論キーワード」の続編のようなものです。

 

 ssh228で書いたのはこんなようなことです:

 自己責任という日本語は割合と新しい造語であること。

 国際的にはあまり通用しないものであること。

 近代における「責任=responsibility」は文字通り何かに対する「応答能力」の意味であること。

 従って、応答すべき契約が二者の間にあって初めて発生する概念であること。

 自己責任という日本語はresponsibilityとは異質のものであること。

 以上のようなことから、小論文の根拠に自己責任という語を使うのは避けた方がいいこと。

 

 その後、Hiraさんからコメントにて、自己責任を英語にすると at one's own risk ではないかとの指摘を頂きました。リスクを自分で背負って行動せよという意味であろうと。

 Hiraさん鋭い。この指摘、いただきです。

 

 自己責任というのは、結局のところ、自業自得とか、自分で蒔いた種は自分で刈れとか、そういう意味で使われていると考えるべきでしょう。

 責任という言葉を使うから、話がややこしくなるんですな。自己責任の「責任」はresponsibilityとは異質なものです。


 まあそれでも、日本限定でも何でも、とにかく、社会には自己責任の原則がある、ということに一応してみましょう。自分の判断・選択で行った行為の結果は、自分で責任を負うのが原則である、と。


 では、ちょっと検証してみましょう。


 

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

ssh254 更生の見込みのない責任能力保有者~ssh的死刑制度考 [社会]

<2009>

 

 今回は、死刑に関するお話です。

 まず最初に死刑に関して、ほぼ定説になっていることを確認しておきましょう。

 

1 死刑による犯罪抑止力は立証されていない。

 

 詳しいことはWikipediaでも見ていただくとして、死刑制度と凶悪犯罪発生との間に相関は認められないというのはすでに定説です。言い換えると、

 死刑制度があって、凶悪犯罪発生率の低い国があって(例えば日本)

 死刑制度がなくて、凶悪犯罪発生率の高い国があって、

 死刑制度があるのに凶悪犯罪の発生率が高い国もあって(例えばアメリカ)

 死刑制度がなくても凶悪犯罪の発生率が低い国もあります。

 

 死刑を廃止したとたんに犯罪発生率が上がったという国はないようです。

 とはいえ、 だから死刑が無力だという根拠にはなりません。

 理由は他にあるのかもしれませんし、そもそも凶悪犯罪の発生に理由なんかないのかもしれませんし。

 

 とにかく、死刑が凶悪犯罪を防ぐ、という説は今のところ十分な根拠はありません。

 

 ただし、もちろんそれをもってただちに死刑は無力と断言することはできません。

 実行された事件は数勘定できますが、実行されなかった事件はそうはいきません。

 「発生しなかった事件」のデータ化は不可能です。発生しなかったんですから。

 

 要するに、抑止力があるという根拠はないし、さりとて、まったく抑止力がないという証拠もない(これは出しようがない)ということです。


 

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

ssh253 ssh的血液型性格診断考~血液型に関する小ネタの余白の余白 [社会]

<2009>

 

 スーパー小論文ハイスクールを名乗る当ブログには、一見して小論文や大学受験とあまり関係ない一般ネタ・エッセイネタも記事になってます。最近はちょっと多すぎですかな。

 いや、あくまで「一見してあまり関係ない」だけですよ。小論的思考力を身につけるには、どれも使えるネタです。

 というよーな話は、また書くとして、その一般・エッセイネタで、気がつくとずいぶんとちょいちょい扱ってるのが、血液ネタです。


 LHR5 献血ルーム

 ssh73 血液型に関する小ネタ(1)

 ssh75 血液型に関する小ネタ(2)

 ssh81 血液型に関する小ネタの余白

 ssh249 献血ルームagain~日本の献血はアキバが守る

 

 別に私ゃ血液フェチでもドラキュラでもないんですけどね。なんでこんなにちょいちょい記事にしちゃうのか?

 理由はたぶん2つ。

 1つは、時々献血してるから。

 2つ目は、血液型性格診断が大キライだから。


 

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

ssh250 僕の前に僕らがいて、その前から君がいた〜オナベポップの余白  [社会]

<2009>

 

 ssh244「オカマ演歌とオナベポップ」は予想外に反響が大きかったです。ったって零細ブログですからタカは知れてますが、ssh的にはそれでも大反響の部類。みなさん、ポップミュージックには一家言持ってるんですなあ、とコメントにも書きましたが、ポップミュージックの存在価値を再認識いたしました。


 ssh244を書いた直後に、嫁サンがお友達からいいものを借りてきました。J-Loveというタイトルの4枚組CD19802000年あたりの国内ヒット曲のオムニバスCDです。

 洋楽派の私ではありますが、せっかくだったので、懐かしのJポップを自分のオーディオシステムで聞いてみました。

 けっこう、いろんな発見がありました。


 何よりも興味があったのは、曲や歌詞ではなくて、音。何せ私はオーディオマニアですんで、この時期もっとも流行ったJポップを、自分のシステムで再生すると、果たしてどんな音で鳴るのかしらと。

 実は、国内でフツーに売られているCDには本格的なシステムと相性の悪いものが割と多いんです。これはポップだけでなく、ジャズやクラシックでも同じ。

 で、残念ながら悪い予想が当たっておりました。この時期のJポップは、全体に音が腰高で厚みがないんですね。プログラミングの音もまだ未完成な感じ。それと、どーゆーわけか、やたらとエコーがかかっている。

 一言でいうと、全体にチャチな感じに鳴ってしまいました。中にはいいのもあったんですが。

 

 あ、すんません。こんな話はどーでもいいっすね。オーディオマニアなんてしょせん絶滅危惧種ですわい。


 音のことはさておいて。

 ざっと往年のヒット曲を聞いていたところ、オナベポップ誕生の経緯が少しだけ見えてきました。

 女性シンガーが男性目線で「ぼ~く~は~き~み~を~」と歌うようになる以前に、そこへつながる過程があるようです。


 

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

ssh249 献血ルームagain〜日本の献血はアキバが守る [社会]

<2009>

 

 久々に献血やってきました。昨年3月以来、約1年ぶり。場所は同じ、職場近くの献血ルーム。午後は混むんで、午前中に行って来ました。

 

 相変わらず、献血ルームにはいろんな人がいます。

 男性・女性・若い人・かつて若かった人・一人で来てる人・恋人同士だか夫婦だかで来てる人・友達数人連れの人・子連れの人(子どもは待ち合い室で待ってる)明るそうな人・暗そうな人・マジメそうな人・マジメじゃなさそうな人・おしゃれな人・ヤボったい人。

 ただし、いつ行っても、お金持ち風の人だけはいません。なぜ?

 

 今回目を引いたのは、高校生の女の子4人組と、30弱くらいの男女。なんで目を引いたのかというと、この人たち、初献血らしいんで。係員さんとのやりとりから、初めてなのが明白。

 なんといいますかね、恥ずかしそうというか、照れくさそうというか、慣れないというか(当たり前か)、とにかく、表情から様子から、初々しいんですよ。

 特に男女連れの方が、いい表情してるんですよ。子どものいない夫婦かしら。献血デート?何か、うれしくなっちゃいましたねえ。あ~イヤらしい中年オヤジ。

 

 ニュースによると、この冬の献血者はいつになく少ないようです。原因は不況であろうというのが、一般的な見方。今まで献血してくれていた人が、この不況でそれどころじゃなくなったと。

 なるほど。献血者は不況の影響を受けやすい層の人たちなのか。道理で献血ルームにお金持ち風の人が見当たらないわけだ。

 

 

 そんな中、なぜか献血者が増加している献血ルームが東京にあります。その名も、アキバ献血ルーム。


 

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

ssh244 オカマ演歌とオナベポップ [社会]

<2009>

 

 私の音楽ライブラリは洋楽ばっかりです。ポール・マッカートニーを筆頭に、60年代から最近までの洋楽がひしめいていて、邦楽(今はJポップと呼ぶんですね)はあるにはあるけど、しごく少数です。だから、国内のミュージックシーンにはとんと疎いです。

 それでも、家族の中では私が一番たくさんJポップを耳にしているようです。理由はFM私は部屋でも仕事中でも運転中でも、とにかく音楽がなってないとイヤなタチです。通勤中の車内(イナカ教師ゆえクルマ通勤です)はたいてい地元の民放FMが流れてまして、そこで最新ヒットをけっこうチェックできてます。


 

 ここで話は突然、日本語の特性という話題に飛びます。

 日本語の特性って、いろいろ指摘されてますが、その中の一つに、男言葉と女言葉が非常にはっきりしているということがあります。他の言語、例えば英語にも男言葉と女言葉はありますが(ない、と思ってた人いませんか?)しごく限定的なものです。

 

 I don't believe in UFO.

 というセリフ、男のものとも女のものとも言えませんが、「アタシ、UFOって信じてないの。」と書けば、もう完全に女の人のセリフ。それもあまり年配じゃない女性。

 言葉遣いだけで、性別から年齢までわかってしまう。こういう言語、世界的にもあまりないみたいです。

 

 これを逆手に取ると、男が女のフリをしたり、女が男のフリをするのがたやすいということです。

 土佐日記の例を出さずとも、言葉の上で性転換をしてみせるのがとても簡単なのが日本語です。

 そうなのよね。だからね、今、ちょっとアタシがお遊びで女の子のふりしてみるなんてことも簡単にできるのよね。日本語って。すっごーい。

 

 

 話はふたたび音楽に戻ります。

 この日本語の特性を最大限活用した音楽が、1960年代(らしい)に登場します。

 ジャンルは演歌でした。

 女言葉で書かれた、女が一人称の歌詞を、男性歌手が唄う。その第一号が誰の何と言う曲なのかは不詳ですが(知ってる人はご一報ください)女心を男が唄う、というヤツです。


 

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

ssh229 凶悪犯罪と厳罰の関係 [社会]

<2008>

 

 ひき逃げ、というか、引きずり逃げ。

 元厚生労働省事務次官連続殺害。

 今月は暗い話題が連発です。

 

 近年、凶悪犯罪が減少していることについてはsshは一貫して伝えています。

 

 いますが、だからといって、個別の事件の凶悪性がなくなってるわけじゃありません。凶悪なものは凶悪です。

 

 さて、凶悪犯罪が起きると、決まって出てくるのが厳罰論。

 許しがたい犯罪だ、加害者を厳罰に処せと。

 根底にあるのは、厳罰化によって犯罪を抑止しようという狙いでしょう。

 

 ところが、今回は逆の主張を紹介します。

 厳罰化は犯罪抑止につながらない 

 あるいは

 厳罰化が犯罪を凶悪化する


 

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)