So-net無料ブログ作成

ssh1055 アレン・ネルソンは「Peace Is Fun」と言った [社会]

<2017>
<ssh736再録>

 アレン・ネルソン氏について書きます。

 アレン・ネルソン氏はアメリカ海兵隊員としてベトナム戦争に従軍。帰国後PTSDに悩まされ、友人の勧めで小学校で従軍経験を講演。その際、小学生に「ネルソンさん、あなたは人を殺しましたか?」と問われ、深い沈黙の後Yesと解答、目を閉じたままのネルソンに小学生たちが共感のハグを次々と行いました。それ以降、彼は自身の経験を講演会で伝え続けました。特に日本には何度も訪れ、1200回以上の講演を行っています。2009年に癌で亡くなっていますが、原因はベトナムで触れた枯れ葉剤ではないかとされています。

 ネルソン氏は私の地元にも来訪しました。
 私は彼の講演を2回聞いています。

 彼の講演はお説教とは無縁です。事実を淡々と伝え、その上で自分の意見を述べます。
 本当の戦争にはヒーローもヒロインもいない、本当の軍隊は訓練で「Kill! Kill!」と叫ばされる。本当の軍人は敵を撃つとき頭部や心臓など小さく狙いにくい所など狙わず、一番当たりやすい上半身の真ん中を狙えと教えられる、命中すれば敵はもがき苦しんだ末に死んでいく、等々。

 ネルソン氏は日本国憲法を高く評価していました。世界中で「戦争を知らない子ども」が普通なのは日本だけである、その原動力が日本国憲法だと。

続きを読む


ssh1052 競争主義者と議論することの不毛 [社会]

<2017>
<ssh610再録>

 競争主義を主張する人と議論するのは、実に楽しくありません。不毛です。
 今回は、そのあたりを探ってみようと思います。


 私自身は、意見の異なる人と議論するのがけっこう好きです。意見の合う人と議論するよりずっと面白い。
 意見の異なる人との議論は、いろいろと新しい発見があります。自分が考えたことのない視点論点を教えてくれることもある。
 もちろん緊張感を伴いますから、あまり気楽には臨めません。でも、少しでも話がかみ合うと、ちょっと充実感があります。

 ところが。競争主義者との議論では、そういうことがありません。
 人をバカにしてくるというか、潰しにかかってくるというか。若者言葉で言えば「上から目線」。
 
 議論ってのは、相手の意見を一通り理解して、肯定できる部分は肯定し、否定すべき部分は否定していくのが本来の姿です。
 なのに、競争主義の人って、こっちの言うことをまず絶対に肯定しない。ほぼ全否定。
 それも、ちゃんと理路整然と攻めて来るわけじゃない。論点をそらしているだの、それは重要な問題ではないだの、そんな悠長なことは言ってられないだの、どこに証拠があるだのと、こちらの言うことを受け止めること自体を嫌がっているんですよ。
 言っちゃナンですけど、相手の意見を受け止めることに怯えているような感じすらする。
 なぜ?


 私の仮説はこういうもの。
 競争主義者は、競争すること自体が実はあまり好きではない。彼ら彼女らは、ただ勝者になること、勝者であること「だけ」を渇望している。
 故に彼ら彼女らは、目先の勝ちにこそ集中していて、それ以前の部分にはあまり関心がない。
 だから、自分の意見論拠が首尾一貫しているかどうかということには関心がない。とにかく勝てばいい。意見がコロコロ変わることを、特に恥だとは思わない。

続きを読む


ssh1043 石原慎太郎は人間のクズだ [社会]

<2017>
<ssh434再編 初出2011年>

◆◆大震災は「天罰」と石原知事 「津波で我欲洗い落とせ」(河北新報 3月14日)
 東京都の石原慎太郎知事は14日、東日本大震災への国民の対応について記者団に問われ「我欲で縛られた政治もポピュリズムでやっている。それを一気に押し流す。津波をうまく利用して、我欲をやっぱり一回洗い落とす必要がある。やっぱり天罰だと思う。被災者の方々はかわいそうですよ」と述べた。

 知事は一連の発言の前に、持論を展開して「日本人のアイデンティティーは我欲になっちゃった。アメリカのアイデンティティーは自由。フランスは自由と博愛と平等だ。日本はそんなもんない。我欲だよ。物欲、金銭欲」と語っていた。

 同日、この後に開いた記者会見で「天罰」の意味について「日本に対する天罰だ」と釈明。「大きな反省の一つのよすがになるんじゃないか。それしなかったら犠牲者たちは浮かばれない」と話した。天罰について発言した際、「『被災された人は非常に耳障りな言葉に聞こえるかもしれないが』と言葉を添えた」としたが、実際には話していなかった。◆◆


 よくもこんな人非人に12年も都政を任せてくれましたね、東京都民のみなさん。
 私はハラワタが煮えくり返って完全に冷静さを失っています。
 この災害を、この時期に、自説を展開するためのオカズに使うんですね、この畜生野郎は。
 こういうのを「我欲」と言うのでしょう。
 人間のクズです。

 私は今、「殺意」を感じています。
 こんなに強く、一人の人間を「生かしておきたくない」と思ったことは記憶にない。
 今度という今度は、絶対に許せません。
 彼にこそ「天罰」を。

 まさかこんなケダモノにまた都知事をやらせるつもりじゃないでしょうね、都民のみなさん。

続きを読む


ssh1039 オンナのコはいつ、なぜ誕生したか [社会]

<2017>
初出2010年

 いきなり質問です。<オンナのコ>って、何歳までの女性のことですか?

 ア 6歳まで
 イ 12歳まで
 ウ 18歳まで
 エ 20歳まで
 オ 25歳くらいまで
 カ 20代まではセーフ
 キ 35歳までならOK
 ク 実年齢と関係なく、見た目や性格が<オンナのコ>っぽければ<オンナのコ>
 ケ オレより若い女は全部<オンナのコ>
 コ いくつになっても、女はみんな<オンナのコ>(Girls should be girls!)

 幼少期の私は典型的なテレビっ子でして(古いなあ、この言葉)、アニメや特撮ヒーローものやバラエティ(ドリフとか)ばかりでなく、歌番組や芸能番組やドラマや時代劇までよく見ていました。幼少期の記憶はなかなか忘れません。特にどうでもいいことはすごくよく覚えています。肝心なことはすぐ忘れるクセに。
 で、そのどうでもいいクセに忘れない記憶の一つが<オンナのコ>にまつわるものです。

 私がテレビっ子だった小学生時代は、<アイドル>と呼ばれる人たちが市民権を得はじめた頃でした。当時のトップアイドルと言えば男性は西城秀樹、女性は桜田淳子(山口百恵じゃありません。後に非常に成功するとはいえ、デビューしてしばらくは彼女は桜田淳子に次ぐ存在でした)。
 ある日『スター誕生』なるオーディション番組に彼女がゲストで出演しました。彼女はこの番組からデビューを果たしたからOGみたいなもんでした。で、彼女の出番の際、司会の萩本欽一がこう言いました。「桜田淳子ちゃんです!」
 この「ちゃん付け」が子供心にすごく違和感がありまして。小学生ならともかく、十代後半でお仕事も持ってる人に「ちゃん付け」はねえだろ、と。
 まあ、今じゃ世界で一二を争うほどのトップアスリート浅田真央すら「ちゃん付け」ですが。何で浅田選手と呼ばない。

続きを読む


ssh1020 無関係で無責任で無知である者が一番声高になれる [社会]

<2017>
<ssh598再録>
*初出は2013年ころです。

 今回は、クレーマーの心理について考えてみたいと思います。
 モンスターペアレントとか、ネット界あるいは政財界に生息するやたらと他人を口汚くののしる人々も、クレーマーと同種とお考えください。

 なぜクレーマーはクレームに走るのか、という考察は省かせて頂きます。
 私がここで考えてみたいのは、
 クレーマーがクレームをつけるためには、どういう条件があった方が有利であるか
 であります。


 例えば、私が座っていた椅子が突然壊れて、私がケガをしたとします。
 私は誰にクレームをつけられるでしょうか。
 この椅子の素性によって、相手は違ってきます。
自分で設計して自分で組み立てた椅子の場合・・・これはどうしようもないです。自業自得。
自分で設計して他人に組み立ててもらった椅子の場合・・・設計に問題がなければ、組み立てた相手に文句が言えます。しかし設計に問題があれば、組み立てた人の責任とは言いにくい。クレームをつけられるかどうかは、慎重に考えた方が良さそうです。
他人が設計して自分が組み立てた椅子の場合・・・上記と同じような慎重さが必要でしょう。
設計も組み立ても他人の場合・・・これはかなり気楽にクレームがつけられます。
 つまり、その椅子の政策に自分が関わっていると、クレームはつけにくくなります。関わりが少ないほどクレームはつけやすい。自分が関わると、自分の責任が発生します。
 加えて言えば、自分が使った時間が長くなると、使い方の問題で寿命が縮んだという可能性が出てきます。ここでも自分との関わりが強くなるほど、クレームはつけにくくなる。
 さらに言えば、使い方の難しいものと、そうでないものでは、また様子が違ってくる。デリケートな素材を使っているのに、そのへんの「使用上の注意」があまりきちんと伝えられなかったら、客としては怒りたくなります。
 見ず知らずの業者が設計製作して一見の客として店で買った新品の椅子が壊れたら、たぶん100人が100人クレームをつけるでしょう。何せその椅子と自分の関わりはほぼゼロですから。

 すると、クレーマーにとって有利な条件とは、次のようなものでしょう。

 その件となるべく関係がないこと。
 その件になるべく責任がないこと。
 その件についての知識がなるべくないこと。

 つまり、無関係で無責任で無知であるほど、クレーマーは有利だということです。

続きを読む


ssh758 菅義偉と大川隆法とデマツイート屋は人間のクズだ [社会]

<2016>

 

 九州の地震。これほど強い余震が頻繁に起きるケースは私の記憶にありません。とにかく被害が少しでも少なくなるように、被害に会われた方々が安全に過ごせるように願っています。

 

 それにしても。東日本大震災といい、鬼怒川水害といい、大きな災害が起きると、それを奇貨に自説を展開しようとするクズが湧いて出てくるのはどういうことなんでしょうか。こいつらに他者を思う心はないのか。

 

 今回は人間のクズ3連発です。まずは官房長官・菅義偉。

◆◆緊急事態条項「極めて重い課題」 熊本地震で官房長官 

  菅義偉官房長官は15日の記者会見で、熊本地震に関連し、大災害時などの対応を定める緊急事態条項を憲法改正で新設することについて「極めて重く大切な課題だ」と述べた。「憲法改正は国民の理解と議論の深まりが極めて重要だ」とも語り、慎重に検討すべきだとの立場を示した。  自民党は野党時代にまとめた憲法草案で、緊急事態条項の新設を明記している。(日本経済新聞 2016.4.16.)◆◆

 

 今、現在進行形である地震被害を改憲論に利用するって、どういう了見だよ。「今はそういうことを議論するときではない」くらいのことがなぜ言えない。

 

 

 2発めは幸福の科学総裁、大川隆法。

◆◆熊本地震は 「日本の神々」からの警告 

 熊本の地震から一夜明けた15日、大川隆法総裁は、地震に深く関係した霊を呼び出した。 

 現れた神霊は、冒頭で、約1年半前に起こった阿蘇山の噴火を念頭に、「地震、噴火、津波。こういうものが来るときは、だいたい私らが、何か政治的なメッセージを出している」と語った。ただの自然現象ではなく、神意が込められたものだという。 

  日本社会では、新聞の部数やテレビの視聴率、世論調査の結果を「民意」とする向きが強いが、この点について、神霊はこう指摘した。 

 「一人一票をかき集め、多数を取ったものが〝正義〟ということになっているが、多数になった者がやっている仕事が悪い。(中略)*戦後体制で宗教や神の心を完全に排除しようとしてきた七十一年だ」(以下略 なお*の中略は記事のまま)

(ザ・リバティWeb2016.4.15.)◆◆


 信教の自由は最大限尊重するけど、何だよこれ。大災害を党勢拡大に利用するつもりか。

 今までいろんなクズを批判してきたけど、これは最大級のクズです。

 本日これより、私は幸福の科学を積極的に批判対象とすることを宣言します。


 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ssh757 班目春樹は人間のクズだ [社会]

<2016>

 

 他者の生命・生活・尊厳よりも自分の利益を優先する人間、特に他者の生命が失われた痛ましい事件や事故を「自説を展開」するネタに使うような者をsshは「人間のクズ」と認定します。


 本日、人間のクズ第9号を認定いたします。東日本大震災発生時に原子力安全委員会の委員長だった班目春樹です。

 班目の罪状は、石原慎太郎(ssh認定人間のクズ第1号)・下村博文(同第4号)・山谷えり子(同第8号)と同一。

 

◆◆

 「あんな人を総理にしたから天罰が当たったんじゃないかな、というふうに、このごろ運命論を考えるようになっちゃってますよ(笑)」 

 原発事故は菅直人を総理にした国民への天罰”──。そんな耳を疑う発言をしたのは、東日本大震災時に原子力安全委員会(現・原子力規制委)の委員長だった班目春樹・東京大学名誉教授だ。 

 38日放送の『みんなのニュース』(フジテレビ)のインタビューVTRでのこと。福島第一原発事故の後、班目元委員長は、政府に専門家として助言する立場として、地震発生翌日の菅直人首相(当時)の原発視察に同行するなどしていた。だが、フジのインタビューで当時の事故対応や助言の内容について問われた班目元委員長は、頭に手をやりながらのけぞりざまに原発事故は天罰と大爆笑しながら語ったのだ。 

 思わず言葉を失ってしまう暴言である。そもそも班目元委員長は、原発事故の“A級戦犯のひとりだ。312日の朝、菅首相とともに福島原発の視察へ向かった班目元委員長が、ヘリのなかで「大丈夫、水素爆発はおこらない」と言い続けていたことは有名な話だ。ご存知のとおりその数時間後、1号機で水素爆発が起きた。政府対応の初動が遅れたのは、こうした班目元委員長の発言が原因のひとつだったとも言われているが、しかし、班目氏は番組でこのことについて伊藤利尋アナに問われると、こう弁解したのだ。 

 「『わあ、しまった!』と思った。これは強く記憶しています。建屋まで(水素が)出てきてしまえば、普通の空気ですので、爆発の可能性がある。菅総理に説明する時にそのことまで言わなかったことは大失敗だったとは思うんですが、わたし自身は、間違ったことは言っていないと思っているんです」 

 あくまで自分に責任はない、というつもりらしい。だが班目氏といえば、東日本大震災直後も「想定を超えた。想定が悪かった」、2007年の中越沖地震で柏崎刈羽原発が停止した際にも「これ以上考えられないような想定を大きく超える揺れが起きた」などと、つねに想定外を強調、政府の御用学者としてのふるまいに終始してきた人物だ。しかし、福島第一原発の事故が本当に想定外だったかというと、そんなことはない。それは、他ならぬ班目元委員長自身が過去に出廷した裁判で証明しているのだ。


 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ssh756 山谷えり子は人間のクズだ [社会]

<2016>

 

 ssh認定、人間のクズ。

 自分の利益のために他人の尊厳や生命を踏みにじる者を、sshは人間のクズと認定しています。

 これまで認定されたのは次の通り。

  • 「津波は天罰」と東日本大震災を自説を展開するネタにした石原慎太郎
  • 自らの保身のために原発再稼働を容認した野田佳彦
  • 大津いじめ自殺事件を自説を展開するネタにした渡邉美樹
  • 東日本大震災を天からの警告だと自説を展開するネタにした下村博文
  • 米議会演説という野心のためにユダヤロビーに取り入って日本人人質を見殺しにした安倍晋三
  • 鬼怒川堤防決壊は民主党の事業仕分けが原因だとデマを流し、水害を民主党批判に利用しようとしたネット民たち
  • SEALDsの奥田愛基に殺害予告の脅迫を行った者と、それに便乗したネット民たち。

 

 本日、人間のクズ第8号を認定いたします。前国家公安委員長・山谷えり子です。

 山谷の罪状はこれ。

 

◆◆(前略)神社本庁などでつくる「日本の建国を祝う会」が渋谷区で開いた行事には約1200人が参加。山谷えり子前国家公安委員長は緊急事態要綱の必然性に触れ、「東日本大震災でも何もできなかった。緊急事態を宣言すればもっとたくさんの命が救えた。」と主張(攻略) (2016.2.12.新潟日報) ◆◆

 

 

 石原慎太郎しかり、下村博文しかり。このクズどもにとって東日本大震災という未曾有の大災害も、「自説を展開する」ネタでしかないようです。人の命なんざ自説の肥やしでしかないようで。

 

 現政権関係者からはまだまだクズは出てきそうですな。


 

nice!(0)  コメント(0) 

ssh752 そうりだいじんとのおしょくじのけん はってんへん [社会]

<2016>

 

◆◆税金で高級寿司・・・首相番記者の呆れた忘年会 (日刊ゲンダイ 2016.1.6.)

 こりゃ安倍政権のヨイショ報道があふれ返るのもムリない。大新聞・テレビの上層部が安倍首相としょっちゅうゴルフしたり、酒を飲んだりして籠絡されているのは有名な話だが、下っ端の記者まで官邸とズブズブになってしまっている。

 昨年12月25日の首相動静を見ると、〈6時3分、内閣記者会との懇談会〉とある。何をしていたかといえば、飲めや食えやのドンチャン騒ぎだという。参加した記者が言う。

 「首相官邸の地下2階のフロアに総理番記者が勢揃いし、安倍首相や萩生田光一、世耕弘成両官房副長官ら側近と1年間をねぎらう忘年会みたいな会合です。安倍政権になってから急に始まったわけではなく、歴代総理も恒例行事として官邸や公邸で懇談会を開いてきました」

 担当記者と首相は年中、朝から晩まで顔を合わせる。忘年会をやろうが新年会をやろうが構わない。問われるのはその程度と中身だろう。

 「内閣記者会の懇談会は安倍首相になってから格段に豪華になりました。去年は有名寿司店のケータリングがあり、腕利きの板前が握りたてのトロやイクラを振る舞ってくれました。公邸お抱えのシェフが切り下ろしてくれたローストビーフは、とろけるような食感でしたね。政治家の政治資金パーティーで出されるホテルの料理より何倍も美味でした」(前出の記者)

 安倍首相の正面にはスマホで写メを撮ろうとする記者が喜々として列をなし、実際、ある大新聞の記者と安倍首相のツーショットを見せてもらうと、家族みたいに仲むつまじい様子だった。

 さらに驚くのは、これらは全てタダ飯、タダ酒ということだ。首相官邸に問い合わせると、「懇談会にかかる経費は全て国費で賄っております」とあっさり認めた。

 つまり、番記者たちは国民の税金で飲み食いしているということになる。

 政治評論家の伊藤達美氏が言う。

「権力者である首相と取材する側の記者には、適切な距離感と緊張感が必要です。懇談会はいいとして、かかった飲食費を官邸と記者で折半するとか、会費制にするとか、いくらでも方法があるはずです。全てご馳走さまではなれ合いの関係に陥り、政権に不都合な話が書けなくなってしまうと誤解されても仕方ないと思います」

 権力と闘っているフリをして世論誘導しようとするごっつぁん記者のタレ流し報道を信用していると、この国はトンデモないことになる。(太字はshira)◆◆

 

 

 曲がりなりにも教育ブログを標榜しているsshとしては、あまり口汚い言葉で感情的に罵るのは控えるべきだとは思うのです。

 でもね。堪忍袋の緒にも限界があります。

 

 ふざけるのもいい加減にしろ!


 

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ssh745 奥田愛基への脅迫者と便乗して煽る奴らは人間のクズだ [社会]

<2015>

 

 ssh認定人間のクズ。今回も特定多数が対象です。


 SEALDsの中心的メンバーの一人である奥田愛基氏に対し、彼とその家族を殺害するという脅迫が送られたそうです。(詳細は彼のツイッターで確認ください。リンクは貼りません。)

 

 sshはこの脅迫を最大級の憤りをもって糾弾します。

 これは犯罪です。それも悪質な犯罪です。卑劣です。下劣です。他人の尊厳を踏みにじる人間のクズの行為です。

 

 クズは犯人だけではありません。

 奥田氏のツイートに対し、平和的に解決してみせろだの、9条が守ってくれるんじゃないだのと、犯人の肩を持つツイートを書いている奴ら。こいつらも自説を展開するために他人の生命や尊厳をないがしろにする人間のクズどもです。


 一つはっきりしたのは、SEALDsに否定的な人間の中に、こういうクズが一定数いるということです。

 この一件で安保法制を支持する人たちへの不信感が大きく高まったことはここで明言しておきましょう。

 

 ところで。

 デモで安倍晋三を呼び捨てにしただけで新聞が批判し、誰かが安倍晋三の悪口をトイレに落書きしたら警察が操作し、安倍晋三のポスターにイタズラ書きをした人が警察に逮捕されるのが我が国の現状。

 この現状で、奥田氏への脅迫に対し警察はどのように動くのか?(すでに被害届は出ているようです)

 警察の動きによっては、我が国の不自由非民主化がどの程度まで進んでいるのかを確認することができるでしょう。

 

 日本しかり、中国しかり、朝鮮半島しかり、どこも不自由で非民主的な政治運営がなされ、多くの市民が犠牲を強いられています。

 今必要なのは、東アジア諸国の民主化運動なのかもしれません。

 プラハの春・アラブの春ならぬ「アジアの春」。


 

nice!(0)  コメント(0)