So-net無料ブログ作成
検索選択
小論キーワード ブログトップ
前の10件 | -

ssh255 奉仕とボランティア 〜 小論キーワード(10) [小論キーワード]

<2009>

 

 奉仕とボランティア。

 ふだんは割とごっちゃに使われているみたいですが、この2つ、案外と違いがあります。

 

 メイドカフェで、メイドさんがご主人様にしてくれるのはご奉仕。

 田中康夫が一躍名を馳せたのは、阪神淡路大震災でのボランティア。

 この2つは、入れ替えはムリでしょう。メイドさんのボランティアとか、震災の奉仕とか言うのは、かなりヘンです。

 

 奉仕とボランティアは、違うんです。どう違う?

 ボランティアは自発的でなければなりません。

 

◆◆ほうし(奉仕)

 1 社会や他人のために(個人的利害を無視して)つくすこと。「社会奉仕」など。

 2 商人が安い値段で品物を売ること。「奉仕品」など

 類義語: サービス◆◆ (学研現代新国語辞典 改訂新版)

 

◆◆ボランティア

 公共福祉などのために自主的に報酬で奉仕活動をする人。篤志奉仕家。「ボランティア活動」「ボランティア精神」など。◆◆(同上 太字はshiraによる)

 

 

volunteerの英和辞典説明は、こんな感じ。

◆◆volunteer

()

 1  無償奉仕者 ボランティア

 2 有志 志願者

 3 志願兵

()

 1 進んで申し出る

 2 (自発的に)提供する

 3 (情報・意見など)を自発的に述べる

 4 志願兵になる

 5 ()に勝手に(・・・)を引き受けさせる◆◆(ロングマン英和辞典)

 

 


 

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

ssh230 予定調和 〜 小論キーワード(9) [小論キーワード]

<2008>

 

 予定調和。 

 使われ始めたのはそんなに最近ではありません。私の学生時代、つまり四半世紀前にはすでに評論で使われていました。

 

 私が最初に予定調和という言葉に出会ったのは、音楽評論のジャンルでした。

 某地方都市で貧乏学生の身であった私は、文学部の学生のクセに本もロクに読まず映画もロクに見ず、なけなしのゼニはあらかたレコード(当時CDはまだ普及してなかった)に費やしておりました。で、毎日45時間は音楽聴いて過ごしていました。もちろんロクに勉強もせず。

 そういう偏った生活をしていたため、音楽評論にはけっこう敏感でした。そこで初めて、予定調和なる言葉を目にしました。

 

 さてさて、小論キーワードとしての「予定調和」。

 フツーの国語事典には載ってないんでネットで調べてみましたところ、意外や、もとは哲学用語。

 「はてな」にこんな記事があります。(注:リンク有効)

 http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CD%BD%C4%EA%C4%B4%CF%C2

 

 ちょっと前半は理解がつらいけど、ご心配には及びません。チェックすべきは、以下の部分だけ。

 

◆◆これが転じて、小説やドラマなどの物語世界において決まった結末が定められ、物語がその結末へ向けて収束する事を予定調和と呼ぶようになったようだ。

 ミステリー小説においてはどのような形であれ事件は解決し、恋愛小説においては何らかの恋愛が成就する……というように多くの物語では一定の結末を迎える事が約束されており、何らかの予想可能な結末を迎える事になる。そのような意味から考えれば、物語は広い意味での予定調和の上に成り立っていると言えるだろう。

 ただし一般的には、時代劇において悪代官や腹黒商人が、民衆の味方である先の天下の副将軍や退屈な旗本によって懲らしめられるといった予め結末はわかっている物語において、その予定通りの結末が描かれる事を予定調和と呼ぶ事が多い。

 またゲームなどにおいては、どんな行動をとったかに関わらず一定の結末へ向かうようなベクトルが定められているものを揶揄する表現として使われる場合もある。◆◆


 

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

ssh228 自己責任 〜 小論キーワード(8) [小論キーワード]

<2008>

 

 高校生だとピンとこない人も多いかもしれませんが、ある程度以上の年齢の人であれば、自己責任という言葉で真っ先に思い出すのは、2004年のイラク日本人人質事件。

 

◆◆イラク現地の武装勢力が、イラクに入国した外国籍のボランティア、NGO職員、民間企業社員、占領軍関係者などを誘拐する事件が頻発した。誘拐の要求の多くは、誘拐した外国人を人質に、彼らが本籍を置く政府に対して、イラクに派遣した軍隊(日本の自衛隊を含む)の引き上げを要求するものであった。

日本政府は、当時イラクへの渡航自粛勧告とイラクからの退避勧告を行なっており、被害者がそれを無視して渡航したことや、この拉致事件の解決を目的とし、被害者家族らが自衛隊の撤退を要求し、それがメディアで大きく報道されたことから、被害者とその家族に対する「自己責任」という言葉をキーワードとした批判、さらにそれに対する反批判などで国内政治家・マスコミ・世論が様々な見解をぶつけるなど、日本国内の注目を集めた。◆◆(Wikipedia)

 

 この自己責任論騒動は、海外のメディアでも報道されました。今回の人質問題で、日本では人質となった本人たちの自己責任を指摘する自己責任論が起きていると。

 ところが、ここで1つ、意外な問題が起きていました。

 

 「自己責任」という言葉が翻訳できなかったのです。「自己責任」を意味する語は、他国の言語にはあんまりないらしいんです。少なくとも英語にはありません。(*付記参照)

 手元の英語の辞書をいくつか調べてみましたが、やはりありませんでした。

 

 2004年当時の海外メディアも、self-responsibility という訳語を創って対応したようです。

 でも、self-responsibility と言われても、ぜんぜんピンとこないんですよね。

 で、仕方ないので、JIKOSEKININ とそのまま書いて、説明を付けるという記事もずいぶんあったようです。

 

 


 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ssh224 マッチポンプ 〜 小論キーワード(7) [小論キーワード]

<2008>

 

 私の本職、つまり主な収入源は英語の先生のお仕事です。

 なんですが、カタカナ語を多用するヤツがどーにも好かんのです。ちょっと日本語にする努力を怠ってませんかねえ?

 

 んでもって、「マッチポンプ」という言葉を見た時も、ま~た、聞きかじりの英語使いやがって、とイラついたんですよ。

 

 イラついたのは、私の知識が浅いせいでした。マッチポンプって、1960年代生まれだったんですね。

 しかもメイドインジャパンの言葉。どーもすいませんでした。


◆◆ マッチポンプ・・・俗語。マッチで火をつけてポンプで消化する意から、他人の不正を暴露して騒ぎたて、陰で収拾工作を行って報酬をまきあげること。またはその行為者。英語matchpumpからの和製語(学研現代新国語辞典より 一部改変)◆◆

 

 「日本語俗語辞典」というサイトによると、1966年に自民党代議士田中彰治が国会である問題を話題にして裏で収拾工作をして金品を要求したという事件があって、このときに田中代議士についたあだ名がマッチポンプだったようです。 へえ、知らなかった。

 

 


 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ssh212 矮小化〜小論キーワード(6) [小論キーワード]

<2008>

 

 「矮小化」という言葉は、小論文を書く時にはあまり使わないかもしれません。しかし、課題文には盛大に登場します。

 学生時代の私のごとく漢字の苦手な人なら、まずこの漢字の読み書きからして「?」かも。私も高2のころには矮小化を「わいしょうか」と正しく読めなかったですよ。

 

 矮小というのは、元来は「こじんまり」「小さい」というような意味です。だから、矮小化というのは、文字通りなら、ものごとを小さくすること。しかし、実際の用法は違います。

 

 論述文で使われる「矮小化」は、「本来大きな問題や複雑な物事を、意図的に小さく単純なものにねじ曲げること」と考えればいいでしょう。

 問題の矮小化なんて言い方が特によく使われます。

 

 例えば、在日外国人の家族がいて、種々の事情で差別的な環境で育ち、そこの子どもが学校ではいじめ、家庭ではDVを受けながら育ち、んでもってある日、見ず知らずの日本人の若者を通り魔的に襲ってケガをさせたとします。ありそうな話ですが、これはあくまで例です。何か具体的な事実を意識したのではありません。

 

 さて、そういう事件があったとします。たぶん、いろいろな考察がされるでしょう。

 もちろん通り魔犯罪そのものは断罪されるべきです。

 ですが、ある人は、日本社会の閉鎖性も指摘するでしょう。別の人は、いじめやDVの問題にも触れるでしょう。

 

 ところが、中にはこんな意見も出るかもしれません。

 「凶悪事件には断固とした処置をせよ。」

 

 まあ、それそのものは、まったくのデタラメではありませんが、それにしても、あまりにものの見方が単純すぎます。もちろん、通り魔は許されませんが、許されないというなら、差別だっていじめだって許されない問題です。

 

 


 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ssh206 普遍〜小論キーワード(5) [小論キーワード]

<2008>

 

 高校の勉強ってのは、ムズカシイですなあ。

 中学から高校に上がると、途端にやることが難しくなる。学校で先生達が使う言葉からして、急に大人っぽくなります。

 

 私が高校に入った時も、それまでほとんど学校で耳にしなかった言葉が急に飛びかっていました。「陰険」とか「怠慢」とか。

 まあこんなのは小論キーワードにゃなりませんが、「普遍」とか「普遍的」とか「普遍性」とかいう言葉が、大した説明もなく授業やHRでバンバンと使われたのには面食らいました。

 

 「ふへん」なんて言葉、知らなかったですよ、15歳の私は。


◆◆ふへん【普遍】広くゆきわたること。あらゆる場合にあてはまること。物事すべてに共通すること。(例)「普遍の真理」。反意語は「特殊」。

 ふへんてき【普遍的】すべての物事にあてはまるさま。広く一般にゆきわたるさま。(例)「普遍的な見方」。

 ふへんせい【普遍性】すべての物事・場合にあてはまる性質    <旺文社国語辞典第十版>◆◆


 よーするに、どんなものにも共通のことだということですな。

 反意語は「特殊」。ってことは、特殊じゃないものが普遍、ということか。

 なーんだ、大して難しくないじゃん。道理でセンセイ達が気楽に使ってたわけだ。

 

 ま、確かに、普遍という言葉は、通常はこの程度の理解で十分に事足ります。ただ、少々の補足はしておきましょう。

 

 本当に普遍的なものは時空を超える。

 

 いや、我ながら歯の浮くようなフレーズですが、マジです。


 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ssh202 対象化〜小論キーワード(4) [小論キーワード]

<2008>

 

 自分の生まれ故郷の良さというのは、案外と気付きにくいものです。

 むしろ、長く暮らしていると、イヤな部分ばかり目に付いたりします。

 家族なんてのもそうでしょう。年中いっしょにいると、うっとうしい。

 

 ところが、しばらく離れてみると、それまで気付かなかった部分が見えてくるということがあります。

 大学進学や仕事の関係で故郷を離れる。あるいは、家族としばらく離れる。

 離れることで気付くことは、思ったよりたくさんあります。

 とはいえ、受験生の場合、故郷で家族といっしょに住んでいる人が多いでしょうから、よくわからないかも。

 

 さて、小論キーワードの第4段は「対象化」

 

 対象化とは、文字通り、対象にするということ。

 でも、対象にするって、どういうことでしょうか?

 手元の国語辞典には載ってませんでした。しゃーない、自分で説明しますか。

 

 対象化というのは、ある物事を「思考や評価などの対象として、客観的に捉えること」です。


 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ssh199 リスク〜小論キーワード(3) [小論キーワード]

<2008>


 


 「リスク」と聞いて、「何それ?」って人は今や少数でしょう。


 「リスクって、危険のことでしょ?」はい。正解です。


 


 もちろん元々は英語。手元の英和辞典によると、


 


 risk(名)1(危害・損害などの)危険、恐れ


      2(保険用語)危険率、リスク


   (動)(命・財産などを)危険にさらす、賭ける


 


 受験生だったら上記の意味だけでなく、at any risk(是非とも)at one's own risk(自分の責任において)at the risk of AAを賭けて)などのイディオムも知らないといけませんな。


 


 ところで、なんでこんなポピュラーな言葉を、小論キーワードとして取り上げるの?


 はい、もちろん、理由があります。


 上記、手元の英和辞典のriskの説明、一部カットしてあります。カットしたのは、こういう注。


 


◆◆ dangerと違って「危害・損害などにあう高い可能性」または「みずから覚悟して冒す危険」を言う◆◆


 


 リスクというのは、危害にあいそうな可能性か、自ら冒す危険のことなんですね。


 だとすると、以下のような使い方はマチガイということになります。


 


(1)日本は地震国で、常に地震のリスクがある。


(2)クルマの運転は、事故のリスクに気をつける必要がある。


(3)あの食品会社が偽装で告発された。あそこの製品には偽装のリスクがある。


 


 これらはすべて単なる危険=dangerです。


 


 

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

ssh196 記号・記号性〜小論キーワード(2) [小論キーワード]

<2008>

 

 私の地元では、制服のない高校がかなりの数あります。

 制服があれば、パッとみてすぐに高校生だとわかりますが(詳しい人なら学校名まですぐわかる)制服がないと、そういうわけにはいきません。また、昨今の高校生はなかなかオシャレというかセンスがよくて、3年生くらいになると高校生なのか大学生なのか社会人なのか、外見では見分けにくくなってきます。一見しただけでは、高校生とすぐにはわからない。

 

 私が高校生だった30年前も、やはり状況は同じでした。

 ただ、当時は、制服を着ていなくても、一目ですぐに「あ、高校生だ」とわかる目印がありました。

 それは、手提げカバン。

 当時、高校に入学すると、黒い革製の立派な手提げカバンを買ってもらうのがポピュラーでした。ちょうど、小学校に入学するとランドセルを買ってもらうのと同じように。

 黒い手提げカバンを持っていれば、服装や身体的特徴にかかわらず、高校生だとわかりました。

 

 さて、今回のキーワードは「記号」「記号性」。

 

 最初に述べた手提げカバンのように、あるものに特有の特徴・象徴的なもの・トレードマークなどのことを小難しい文章では「記号」と呼びます。

 例えば、あの頃、黒い手提げカバンは高校生であることの記号であった、なんてふうに言えます。

 同様に、ランドセルは小学生の記号だと言うことができます。

 もちろん、制服は高校生の記号だと言えます。


 

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

ssh192 内在化〜小論キーワード(1) [小論キーワード]

<2008>

 

 今回より、新カテゴリー<小論キーワード>を展開します。

 このカテゴリーの狙いは、現代用語の基礎知識やイミダス的な、知識としてのキーワードではありません。

 sshが小論キーワードとして扱うのは、例えば、

 中学3年ではほとんど出番がないのに、高校3年になるとほとんど当たり前に出てくるような言葉。

 論拠を立てる上で、知っているとすごく便利or知らないとかなりつらくなるような言葉。

 何か特定のジャンルで必要というのではなく、どんなジャンルでも知っていた方がいい言葉。

 小論を書く上で、あるいはものを考える上で、これを知っているとやりやすいという言葉。

 そういうものを、小論キーワードとして扱っていきたいと思います。

 

 さて、その第1回のキーワードは、「内在化」

 内在化というのは、文字通り、何かがその人orものor集団の中に存在するようになるということ。

 この言葉がよく使われるのは、教育心理の世界です。

 特によく使われるのは、「動機の内在化」という言い回し。

 

 


 

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
前の10件 | - 小論キーワード ブログトップ