So-net無料ブログ作成
検索選択
科学と技術 ブログトップ

ssh1015 印刷機のお話 [科学と技術]

<ssh180再録>

 『暮しの手帖』創刊50周年記念号に、こんな記事が載っていました。
 もし「暮しの手帖賞」という賞があったら、迷わずインスタントラーメンを受賞にすると。価格・手軽さ・ある程度の満足感を満たす、庶民の食に対してこれほど画期的な発明はなかったと。

 これを読んだ時に、私も考えてみたんですよ。「学校の先生が選ぶ、もっともありがたい発明品大賞」というのを。
 すぐに決まりました。リソグラフです。


 私の学童時代、プリントというのは謄写版(ガリ版)でした。専用の原紙に鉄筆でガリガリと字を書いて行く(ガリ切り)ほとんど職人芸か家内制手工業のような世界です。
 当然、プリント類はそう頻繁には発行できませんでした。
 その後、ボールペン原紙というのも登場しましたが、やはり手で原紙を切るという作業に変化はありません。
 そのころにはすでに輪転機は登場していましたが、原紙を作成するのが大変な手間だったので、やはり印刷物をマメに出すのはかなりの労力でした。ついでに言うと、当時の輪転機はスピードも遅く、歩留まりも悪かった。
 かなりの変化があったのが、ファックス原紙の登場でした。これは普通紙に書かれた原稿を原紙に転写するシステムで、これで初めて原紙に直に何かを書くと言う手間がなくなります。しかし、このファックス原紙も、原紙への転写に何分もかかり、しかも不鮮明でした。

 リソグラフは、そこに登場しました。
 初めてリソグラフを操作した時の衝撃は忘れられません。原稿を原紙に重ね、製版機にセットすると、わずか十数秒で原紙が完成。しかも、その印刷は、これまで見たことがないほど鮮明なものでした。印刷機のスピードも速い。1クラス分のプリントなど、ものの数分で完成です。授業間10分の休み時間で刷れてしまうスピードです。

続きを読む


科学と技術 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。