So-net無料ブログ作成
検索選択
社説の読み方 ブログトップ

ssh1014 2004年産経新聞のこどもの日社説 [社説の読み方]

ssh109再掲 今回はほぼオリジナルのまま再掲させていただきます。


 お待たせしました。大学入試でも使われた、2004年5月5日産經新聞社説「主張」ー「こどもの日 男の子は男らしく育もう」
 まず、冒頭からの2段落で、端午の節句と桃の節句の説明。これは別にどうってことない。で、そのあと、こう続く。

◆◆◆
 近年、こうした日本の伝統行事を軽視する風潮が教育現場に浸透しているが、それは、男女の差別をなくすために性差までなくそうという「ジェンダーフリー(性差否定)」の思想から来ている。ジェンダーフリーは過激なフェミニズム運動家の造語で、男女平等教育や男女共同参画社会の理念とは、何の関係もない。
 常識を持った親はそんなイデオロギーに惑わされず、男の子は男らしく、女の子は女らしく育てて欲しい。
◆◆◆

 おーっと来ました、猛々しいジェンダーフリー攻撃。原案は八木秀次先生?それとも林道義先生?
 いや、反ジェンダーフリーそのものは非難しませんよ。思想信条の自由は憲法で保証されてます。
 ただねえ。そうは言っても、やっぱねえ。事実誤認はマズいよなあ。批判するなら相手のことは正しく理解せんと。
 
 この記事書いた人、ジェンダーって言葉の意味がわかってないんだ。
 ジェンダー(gender)ってのは、社会的に作られた性別役割分担などのことです。
 生物学的な性、つまり男女オスメスの区別じゃあありません。それはsexと申します。
 女が妊娠したり生理を迎えたりするのは、性(sex)の問題。男がヒゲが生えたり頭がハゲたりノドボトケがでるのも、概して男の方が女より筋力が強いのも、同じこと。
 こういう性別(sex)による違いを「性差」と申します。
 ジェンダーの問題ってのは、例えば「お茶汲みは女の仕事」「男は仕事、女は家庭」「男なら大きな夢を持て」「男のくせに料理なんかして」とかいう、生物学的な性差とは無関係な区別や差別のこと。
 ジェンダーフリーとは、文字どおりジェンダーをなくすということ。性差なんか否定してません。
 だからくだんの文中の、<性差までなくそうという「ジェンダーフリー(性差否定)」の思想>ってのは、完全にマチガイ。
 (  )内は「社会的性差否定」とか「性別役割分担否定」と書いておかないと。

続きを読む


社説の読み方 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。