So-net無料ブログ作成
検索選択
教育問題 ブログトップ

ssh1041 貸与奨学金も持ち家政策も終身雇用が前提 [教育問題]

<ssh371再録 初出2010年>

 奨学金は貸付ビジネスとしては成立しない、なぜなら借りるのは貧乏人の子どもたちだからもともと返済能力は期待できない。奨学のための奨学金は給付型にせざるを得ない―というのがssh1040「貸した奨学金は返らない」の論旨です。

 この意見には今でも変更はありません。貧乏人にも教育の権利を認めるなら、なんとか財源を作って奨学金を給付型にせざるを得ない。それがイヤなら純粋に教育ローンとして運営し、「貧乏人は学校へ行くな」と国家レベルで教育権の否定を宣言することです。
 まあ、教育権を認めないとなれば、もう先進国とは言えないから、非先進国宣言をしてOECDから脱退した方がいいでしょうね。そうすればPISAテストも参加しなくていいから、順位低下を気にしなくていいかも。っと、これは言い過ぎか。

 ご存じの通り、日本は貸与型奨学金中心のシステムで長くやってきました。で、1980年代くらいまでは、それで一応うまいこと回っていました。
 なぜうまく回っていたのか?理由として考えられるのは以下のようなこと。
1 貸与型とはいえ、免除職(教育職に就くと返還免除)や特別奨学金(全額を返す必要のない奨学金)など、実質的に給付型のシステムが併用されていた。
2 大学の学費が現在に比べはるかに割安だった。我が国の大学の学費は、物価スライド率をはるかに上回るハイペースで値上げされてきた。本年の消費者物価指数は1975年の約2倍だが、国立大学の授業料(入学金含まず)は年額535800円と、1975年(年額72000円)の7倍以上である。
3 経済が発展段階にあり、まじめにやっていれば卒業後の就職はほぼ確実であった。
4 これが本題だが、終身雇用制度であったため、収入がそれほど大きくなくても、時間をかけて借りたゼニを返すことが十分に見込めた。 
 

続きを読む


ssh1040 貸した奨学金は返らない [教育問題]

<ssh321再録 初出2010年>

 ここ2〜3年ほど、奨学金返還の滞納が話題になっています。例えばこんなの。

◆◆  日本学生支援機構によると、平成20年度の奨学金の滞納者は計31万人で、滞納金の総額は723億円に上っている。機構では、正規の返済猶予手続きをせず滞納を続ける場合には延滞金を課すなどの措置を講じているが、それでも滞納者は4年前より6万1千人増えている。「返したくても返せない」という人も多い。(中略)  奨学金制度に詳しい千葉大の三輪定宣名誉教授は「卒業後も定職につけず、派遣やバイトで稼いだ少ない収入から奨学金を返済する人も多い。だから、延滞してしまうケースもある。貸与ではなく、給付型奨学金が早急に導入されるべきだ」と訴える。  民主党政権はマニフェスト(政権公約)で「給付型の検討を進める」としているが、国の財政は厳しさを増している。川端達夫文科相は6日の閣議後会見で「マニフェスト的には非常に意識しているが、最終的にはお金がネックになっている」と明かした。  同機構では「給付型の導入はどうなるか分からない。しかし、返済金の半額軽減で滞納者が減ることを期待している」としている。<MSN産経ニュース 4月11日> ◆◆

 実は産経クン、3月には「奨学金滞納 借りたものを返すは常識」というタイトルのかなり手厳しい社説を書いていました。理由のない滞納は許されないと。

 別に産経クンだけなじゃいんですが、世の中、奨学金と教育ローンをごっちゃにしてる人が相当いるようです。
 世界の奨学金の主流は給付型(返済義務なし)で、貸与型(返済義務あり)が主流の日本はなかなか珍しい国です。
 私も奨学金が「奨学」金であるためには、給付型がベストだと考えています。なぜなら、奨学金を貸与しても、返ってくるアテはないからです。
 もっとはっきり言えば、貸した奨学金は返らない。
 奨学金は、貸し付けビジネスにはなり得ません。

続きを読む


ssh1038 受験生を持つ親の心構え、というお話 [教育問題]

 この記事は2009年10月ころ、当時の勤務校のPTA会報に<3年進路係より>として依頼されて書いたものです。一言で要約してしまえば「親にやれることなんかあんまりないから、みなさんTake it easyで行きましょう」ということです。(一部いじくってあります。)


 「受験生を持つ親の心構え。」雑誌やら新聞記事やらTVやら流言でいっぱい流れてますね。子どもを信頼せよ、あまり干渉するな、大事なことはよく話し合え、などなど。このようにして見事○○大学合格なんて実例も紹介されてたりして、ご立派なことです。だけど、ああいうとこに出てくる成功例って、やたらデキのいい子の話ばっかで、あんまし参考にならんのですよね。

***
 自分が受験生だった時、受験が苦しくてたまらなくて逃げ出したいと思ったことはありませんでした。そりゃ受験勉強は大変でしたけど(特に大学入試は)、まあやるしかなかったですからね。
そんな時代もあったよね、時は流れて今や長男が中3生。私も「受験生の親」です。高校入試だけど。(注:長男は無事高校に進学しました。引き続きただいま年子の次男が高校受験生、はあ〜。)
 まーしかし、実に落ち着かないものですね、受験生の親って立場は。期待と不安と怒りが1:60:39くらいに入り混じって、ホント気分がよろしくない。こんな思いをするのも愚息のボンクラさ加減ゆえであるのは当然ですが、当のご本人は案外ノホホンとしていて。これがまたアタマ来るんだな。
 いや待てよ。自分の受験生時代も、こんな感じだったのか。私の両親も日々苦汁を反芻するような気分だったのかも。子を持って知る親心、親の心子知らず、ですか。


 受験生本人が意外と余裕があるのは、彼ら彼女らは「受験勉強をする」ことができるからでしょう。自分の力で不安を弱めることができる。やれば1ミリでも目標に前進するわけだし、集中してる間は余計なことは考えないものです。学校に行けば相談相手はいっぱいいるし。
 対する親は、基本的に何もできません。テスト結果に一喜一憂(一喜百憂?)させられながら、せいぜい食事や生活に気を遣ってあげるくらい。それに親は相談相手を探すのが難しい。こういう話題は相手を選びます。親って無力です。無力だから不安になります。

 で、人間、不安になるとじっと黙っていられなくなります。
「あんた、勉強してるの?大丈夫なの?間に合うの?」なんて、強い口調でつい言っちゃう。さらに不安になってくると、しまいには「お願いだから○○よりいいとこに受かって」なんて子どもに懇願しちゃったり。(カギカッコ内が女言葉なのが気に入らない方は男言葉に変換してお読みください。)
 大丈夫か?間に合うのか?って言われたって、返事のしようがないですわね。んなもん本人だってわからないし。ましてや懇願されたって困りますわねえ。


続きを読む


ssh1016 いじめは犯罪か [教育問題]

ssh17を再編して再録します。


 今回はいじめ問題について考えます。

 ものを考えるとは、問うこと。
 いい「問い」が立てられるかどうか。それが「考える力」です。これはsshの一貫した姿勢です。
 その姿勢に則って、いじめ問題に対し、いろいろな問を立て、考察していきます。


 問 その1:「いじめ」はあってはならないのか?(あえて正反対の立場を取る問い)
 いじめを「よいこと」と断言する人はいないでしょう。ない方がいいに決まってる。
 では「いじめはあってはならない」と断言していいものなのか?
 「ない方がいい」というのと、「あってはならない」というのは、ずいぶんと違います。
 「ない方がいい」というのは、ないに越したことはないが、ゼロは難しいから、なるべく少なくすべきだということです。
 交通事故も夫婦喧嘩も仕事のミスもないに越したことはない。でも、人間はミスをするものです。ゼロにはならない。
 「あってはならない」というのは、1件もあってはいけない=1件でも発生するのは許されないということです。核戦争なんてのはまさに「あってはならない」ものでしょう。
 果たして「いじめ」は、ただの1件の発生もあってはならないものなのでしょうか。と言うか、そもそもそんなことが可能なのでしょうか?


 問い その2:「いじめ」はゼロにできるのか?(極端な問い)
 この問いに説得力ある理由をもってYesが答えられれば、「いじめはあってはならない」という意見は説得力を持ちます。「教師がヘボいからいけないのだ」というのでは説得力はありません。教師がヘボいからいじめが起きるという意見が仮に正しいとして、それだけでは「教師が良ければいじめはゼロになる」ということを立証することはできません。数学で言うところの「逆は必ずしも真ならず」で、教師が完璧でもなおかつ起きる可能性が否定されていないからです。
 さらに言えば、いじめは人間以外の動物の集団でも起こることがすでにわかっています。草食獣の群れでもストレスが高まると弱い仲間をいじめて殺すことが明らかになっています。いじめは人間だけの行為ではありません。
 「いじめはあってはならない」と声高に主張する人々は、この「問その2」にまともな回答をしたことがありません。

続きを読む


ssh1013 保護者のための教育論〜2010年の文より [教育問題]

 この記事は2010年3月の卒業式にあわせて発行された当時の勤務校のPTA会報に掲載されたものです。PTA会報ということで保護者を意識して書きました。データは少々古い部分がありますが内容は現在でも十分にReadableと思います。

 いきなりですが、○×クイズです。以下の文章が正しければ○、誤っていれば×でお答えください。
 1 我が国で、過去10年間の青少年凶悪犯罪(殺人・強盗・強姦)は昭和30年代に比べ4倍ほど多発している。
 2我が国の2009年の殺人事件は戦後最多であった。
 3小学校就学以前の子どもが殺人事件の被害者となる事例は昭和50年代から増加傾向にある。
 4 殺人事件の検挙率は近年低下している。
 5 PISAと呼ばれる国際学力テストは毎回OECD加盟のすべての国が参加して行われ、日本は順位を下げている。
 6 文部科学省主催の全国学力テストにおいて、2007年のテストでは1964年のテストと比べ基礎問題の正答率が低下し、学力低下が裏付けられた。
 7 小学生の読書量は中高生や大人より少なく、「子どもの活字離れ」と呼ばれ問題視されている。
 8 北米留学者向けの英語力テストTOEFLのスコアで、日本の学生の平均点は中国・韓国に比べ低く、特に聴く・話すの能力は文法・読解に比べ大きく劣っている。

 私は世代論とか若者論というのが、心底嫌いです。あれはただのバッシング。いい歳こいた大人が子どもや若者を叩いてウサ晴らししてどーすんだ。というだけならまだしも、世代論や若者論をぶつ人間が、どいつもこいつも大ウソツキなんだ。

 ○×クイズの答え。正解はすべて×です。
 一応解説しておきますと、

 1 正反対です。昭和30年代の青少年凶悪犯罪は年間400件以上。これが昭和40年代からぐんぐん減少して、平成は微妙な増減はありますが100件前後です。『ALWAYS~三丁目の夕日』は山崎貴監督の大出世作ですが、三丁目でも六ちゃんくらいの若者が殺人や強盗を時々働いていたはずです。(注:その後減少傾向はさらに拍車がかかり、平成25年以降は50件くらいになってます。)
 2 これも正反対。2009年の殺人事件は1097件で、これまで最少だった2007年の1199件を100件余り下回りました。ところで07年の殺人事件が戦後最少を記録したって知ってましたか?大手メディアはどこも報道しませんでした。(私はあるブログで知って、その後警察庁のデータで確認しました。)(注:こちらも減少傾向が止まらず、2010以降は毎年戦後最低を記録しています。)
 3 またまた正反対。昭和50年が377人で、2005年は78人と激減しております。
 4 わが国では殺人事件の検挙率は一貫して90%以上と高水準です。
 5 微妙な出題ですみません、前半がウソ。PISAテストの参加国は毎回増えています。初期に日本の順位が高かった大きな要因は参加国が少なかったから。ところで、最近の報道によるとPISAテストの大人バージョンが企画されているらしいです。あなたも私も受験させられるかも。
 6 これまたしつこく正反対。基礎力は43年前に比べ明らかな向上が見られました。応用力テストは43年前とほぼ同等。こういうのは「学力が向上した」と結論づけるべきだと思うんですが。
 7 活字媒体(書籍・新聞・雑誌・マンガ)に触れる時間は確かに小学生が一番少ないのですが、オトナが読んでいるのは主に新聞。本を読む時間そのものが一番多いのは小中学生です。出版不況の元凶は子どもの読書離れではなく、大人が本を買わずに新聞ばっかり読むようになったからです。
 8 確かに日本人学生のTOEFL平均スコアは低いんですが、リスニングはその中では割といい方で、それに比べて文法と読解はかなり不出来。実は日本の学生の苦手分野は文法読解なんです。ただ、日本では大学がカリキュラムの一環として(受けたくもないのに)全員にTOEFLやTOEICを受験させることが多く、これが平均点を下げているという指摘があります。なおTOEICというのは日本で作られたビジネス英語検定テストで、海外ではTOEFLほど普及していません。

続きを読む


ssh1011 学力は本当に低下しているのか [教育問題]

<ssh114を加筆訂正削除の上再録>

 小論文入試医療系と教育系で特によく出題されます。
 当然、医療問題と教育問題は、よくテーマになる。
 でもこれが、けっこう危ない。
 特に教育問題は、マスメディアでもちまたでもかなり適当に語られている。

 たとえば「学力低下」。
 学力低下という言葉を耳にしたことがないという人はいないでしょう。

 ここで質問。
 日本の学生の学力は低下していますか?
 もしそうであると考えるなら、その根拠は、何ですか?

続きを読む


教育問題 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。