So-net無料ブログ作成
検索選択
マスコミュニケーション論 ブログトップ

ssh284 若者を見下せなくなった元若者たち〜東京都議選報道の一断面  [マスコミュニケーション論]

<2009>

 

 毎朝時計代わりにNHKニュースを見ていたウチの嫁サン&子どもたちが、最近急に宗旨替えしてフジ系列の「めざましテレビ」を時計代わりに見るようになりました。理由は最近早起きが必要になった娘の好み。確かに小学生の娘っ子にはこっちの方がウケはいいでしょう。

 ところが、意外と言っては失礼ながら、「めざまし」のニュース部分はNHKニュースよりはるかに好感が持てるのですよ。少なくとも情緒的な演出はるかに少ない。何でもバラエティ仕立てにしたがるフジTVなのに。

 私が思うに、これは時間制約の問題ですね。「めざまし」はニュース番組ではなく、朝の情報番組という企画のようで(フジのHPでも報道番組扱いになっていない)、ニュースはその情報番組のごく一部という位置づけらしく、時間がかなり短いんです。おかげであっさりと製作されているというか、あまり凝った演出を入れる余地がない。ニュースってのはあまりいじくらない方がいいものなんでしょう。

 

 さて、2週間ほど前、その「めざましテレビ」が東京都議会選挙についてちょっとした特集を組んでいました。 都議選と言えば、例の自民党ボロ負けで石原パパはキレて八つ当たりするわ伸晃坊っちゃまは泣くわと、石原家はてんやわんやの大騒ぎだったようです。考えてみれば都知事と議会与党のリーダーが実の親子というのも世襲制度みたいなすごい話で、まるで封建武家社会のようです。これぞ武士道?今回のはお家騒動?

 いや、ふざけてる場合じゃない。「めざまし」の特集は石原家の憂鬱ではなく、若者の投票について。

 すでに報道でご存じの通り、都議選の投票率はまれに見る高率でした。ったって50%ちょっと。80%くらいが普通のイナカからすればずいぶんと低いんですが、大都会ではこれでも大変な高さです。で、その高い投票率を支えたのが、20代の若者たちだったようなんです。

 

 で、TV番組らしく、東京の若者にスタッフがインタビューをします。質問は以下の2つ。

1 都議選で投票に行ったか? 

2 次の総選挙で投票に行くか?

 編集にいささかの方向性がある可能性はありますが、それにしても、ですよ。放送されたインタビュー(6人くらいだったかな)が全員同じ答えだったんです。

 1、2とも、全員がイエス。しかも、全員非常にしっかりとした受け答えをしていました。


 

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

ssh276 やっぱりヘンだよ、トヨタの扱い [マスコミュニケーション論]

<2009>

 

◆◆トヨタの「プリウス」初の首位に5月の販売台数

 トヨタ自動車のハイブリッド車(HV)「プリウス」の5月の販売台数が1万台を超え、車名別新車販売台数(軽自動車を除く)で初の首位になる見通しとなったことが3日、分かった。 最低価格を前モデルより約30万円安い205万円にした新型車を5月18日に売り出し、販売台数が急増した。4月に始まった環境対応車の購入者に対する優遇税制(エコカー減税)も追い風になったようだ。新型車の受注台数は、すでに13万台を突破しているという。

 4月に1万481台が売れ、HVとして初の月別首位となったホンダの「インサイト」は、プリウスに抜かれたものの5月も販売台数が9000台前後になったとみられる。トヨタ、ホンダのHV2車種がトップ3以内に入る見通しだ。

 国内の新車販売は不振続きだが、低燃費で、価格も手ごろになってきたHVに人気が集中する傾向が強まっている。

 5月の車名別新車販売台数は4日に、日本自動車販売協会連合会が発表する。(2009631501 読売新聞)◆◆

 

 ええ、日本自動車販売協会連合会(自販連)のホームページは毎月チェックしてますよ。クルマ好きですから。

 4月はびっくりしましたねえ。インサイトが販売トップとは。

 で、5月はプリウスがトップ。いよいよハイブリッド時代到来か?

 と、思ったアナタ、ちょい待ち。上のニュース、ちょっとヘンだと思いませんか?


 

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

ssh270 計算が合わないナ〜、NHKクン [マスコミュニケーション論]

<2009>

 

NHKによると、岩手県の人口は1200万人ほどになるかも。ー

 

 いやあ、代表を辞任しちゃいましたねえ、小沢一郎センセイ。

 最後まで突っ張るかと思ったんですが。意外。

 

 小沢センセイにキョーレツな逆風となった大久保容疑者の逮捕起訴については ssh260 社説の読み方~小沢一郎秘書逮捕編 で扱いました。

 どれもこれも<説明責任>なる言葉が決めゼリフになっていてまるで面白くない社説群にあって、ひとり産経クンだけが恐ろしくはしゃいでいて、チャンスだぞ、あさなま総理、ガンバレと盛り上がっているのが高評価でした。

 今回の辞任でも、産経クンの舞い上がり方はすばらしいです。


◆◆「小沢代表辞任 判断遅すぎ、信頼を失う 後継選びで基本政策を競え」(5月11日)

 そもそも小沢氏と一心同体である公設第1秘書が、政治資金規正法上の違法行為を犯したとして逮捕・起訴された事件である。当初から小沢氏の政治的かつ道義的な責任は明確であり、代表辞任は遅すぎたと言わざるを得ない。

 秘書の起訴後、小沢氏は1カ月以上、代表に居座り続け、巨額な政治資金の使途などについて説明しようとはしなかった。きわめて遺憾であり国民の信を失っていることを理解していない。離党もしくは議員を辞職するような事態であることを認識すべきである。

 小沢氏の続投を容認し、秘書逮捕から2カ月余にわたり、十分な自浄能力を発揮できなかった党執行部の責任も重大だ。◆◆

 

 「小沢氏と一心同体である公設第1秘書」一心同体!政治家と秘書は肉体関係か?

 

 え~しかし、産経ファンのみなさま、ごめんなさい。ssh270の主役は産経クンじゃないんですよ。

 今回の主役は、みなさまのNHK


 

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

ssh268 冷静な対応を呼びかけるハイな人々 [マスコミュニケーション論]

<2009>

 

 私の親類がアメリカ南部に一家で住んでます。で、そこの父ちゃんは、仕事でメキシコに通ってます。

 今回の新型インフルエンザ発生で、近しい親類が心配して連絡を取りましたら、なんとその父ちゃん、発熱で医者に行ったと言うんです。ところが当地の病院は容態の悪い順に診察するとかで、彼が診察を受けたのは3時間も待たされた挙げ句。

 彼はインフルエンザではありませんでした。あーよかった。

 

 でまあ、その近しい親類が当地の様子を聞いてみたらしいんです。何せ日本ではみなさんご存じの通りの報道状況ですから。

 すると、当地では全然騒ぎになってないというんです。


 このところ、日本国内は大きなニュースがよくあります。

 大久保容疑者(小沢センセイ秘書ね)の逮捕起訴とか、北朝鮮のミサイル発射とか、今回の新型インフルエンザとか。

 

 でねえ、私ゃ、何か違和感があったんですよ。

 

 そしたら、どこで読んだのかは忘れましたが、ある人がこう書いてたんです。

 <危機を受けてはしゃいでいる人を私は信用しない>と。

 

 はしゃいでいるというのは、ちょっと言い過ぎかも知れません。

 けれど、私の違和感の答えのカギはここにありそうでした。

 

 そうなんですよ。な~んか、TVに出てくるみなさん、ハイなんですよ。


 

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

ssh227 トヨタがピンチって・・・の余白 [マスコミュニケーション論]

<2008>

 

 前の記事、つまりssh226は「トヨタがピンチって、本当?」というタイトルでした。

 このタイトルは、私の偽らざるホンネであります。本当?本当に?ホントにピンチなの?という。

 

 何せ、90年代の絶好調期にもベースアップを一切しなかったドケチ、いや堅実この上ない企業ですからね。(時の社長はと言えば、後に日経連会長も務め、先日目出度く叙勲なされた奥田碩サマ。)今回のピンチのニュースも、どーも素直に受け止められないんですよ。

 

 でまあ、3つの疑問というのを書いてみました。

 (1)なぜ営業益のマイナスで発表をしたのか

 (2)国内市場での好調さはトヨタにとって大きな利益にはならないのか

 (310月の国内販売でのトヨタの大躍進がなぜニュースにならないのか

 

 正直に言いますと、この時点で、私はトヨタにかなりの疑いをもっていました。

 経営悪化は恐らく事実だろうが、それを必要以上に深刻に発表して、これから賃金抑制や大リストラをやりやすくしようとしているのではないか?と。

 繰り返しますが、一番業績がいい時にベースアップしなかった会社ですからね。このくらいのことは考えかねないでしょう。

 

 で、(1)と(2)についてはグーさんよりご指南を頂きました。(注:コメント消失)

 (1)については、営業益を発表するのは至極真っ当なことである。

 (2)については、国内市場が縮小しているのだから輸出が不調なら経営は悪化する。

 この2つは従って、あまり疑うべきものじゃないようです。

 

 しかし、(3)については、今もって大手メディアではまったく流されていません。

 この部分の疑問が、今日まで解けませんでした。

 

 ところが、今日になって、天木直人氏のブログにこんな記事を見つけました。

 「トヨタを批判したら恐喝メールが届いた」

 

 


 

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

ssh226 トヨタがピンチって、本当? [マスコミュニケーション論]

<2008>


 


 トヨタ、営業益74%減 <読売新聞 117日>


◆◆トヨタ自動車は6日、20093月期連結決算(米国会計基準)で、本業のもうけを示す営業利益が前期比736%減の6000億円になるとの見通しを発表した。


 世界的な景気悪化の影響で新車販売の不振が続くとみているためで、5月時点の予想より1兆円下方修正した。国内製造業で売上高トップのトヨタが業績の大幅下方修正を迫られたことは、企業業績の悪化が深刻化しつつある現状を浮き彫りにした。  


 


 トヨタに限らないけど、この種の報道って、経済経営オンチの私は常に消化不良なんですよ。


 このニュースにしても、営業利益が74%減とあるけど、トヨタの営業利益って、私、よくわからんのですよ。


 


 私が一番印象深かったのは、純利益が1兆円を超えたという3年ばかり前の誇らしげなニュース。純利益と営業利益って、響きは似てるんですが、別物ですよね?


 


 え~、例えばここに、年間の全事業の総支出が10億円で、総収入が12億円という会社があったとします。純利益は2億円ですな。


 ところが、本業たる営業については支出が8億円で、営業売上が9億円だったとしたら、営業利益は1億円です。


 


 で、この会社の営業売上だけが9億円から8億円に下がったとしますとですな、


 総収入は9%減。


 営業売上は11%減。


 純利益は50%減。


 営業利益は100%減。


 発表の仕方によって、ずいぶん違った印象になります。


 


 ま、本当のところは、発表されたデータだけからでもわかるんでしょうが、私はトヨタって会社にそんな労力をかける気はありません。


 ただね、クルマ好きとしては、どうしても気になるんですよ。


 


 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ssh1023 当たり前? [マスコミュニケーション論]

<ssh424再録>
*初出は2011年

 ssh423 社説の読み方〜君が代訴訟東京高裁編(注) はおかげさまでたくさんの方にアクセスいただいたようです。やっぱ「君が代」と見出しに入ると、それだけでアクセスは増えるんでしょう。ただ、使命感(私が正義を教えてやる!てな)を持ってやって来た方々には大変申し訳ないのですが、拍子抜けだったんじゃないでしょうか。ssh423は社説のイジリ倒しですから。

(注)この年に東京高裁で出された、式典での国家起立・斉唱命令は合憲とする判決。なおその後、違反者に懲戒や減俸などの処分を行うのは行き過ぎとして処分を取り消す判決も出ている。

 とは言え、イジリ倒しであっても、読んでいるうちに何か気づくということはあります。

 私はかねがね、こういう物言いがすごく気になっていたのですよ。

◆◆学習指導要領は、教師に対し、国旗の掲揚と国歌の斉唱を指導するよう定めている。しかし、それが学校で十分に守られていなかったために出されたのが、都教委の通達だった。教師が個人的に様々な歴史観や世界観を持つのは構わない。だが、指導要領に反してもいいということにはなるまい。(読売クンの社説より)◆◆

 個人が様々な思想信条を持つのは構わない。しかし、取り決めに反してもいいということにはならない。
 私はこういうものは大キライでどうにも納得できない、と思うこと自体は構わない。しかし、仕事上、立場に対しては従順でなければならない。

 これがねえ、私にはどーにも理解できなかったんですよ。
 でも、ssh423を書いていたら、ピンときたんです。

 この記事を書いた人は、本当に、naturalに、「そんなの当たり前じゃん、全然難しいことじゃないじゃん、どーせ仕事じゃん、自分の気持ちなんかカンケーないじゃん。」と思っているんじゃないか、と。

続きを読む


ssh1010 2013年のグアム通り魔事件で死刑待望論が湧かなかったのはなぜか [マスコミュニケーション論]

<ssh593再録>
(  )内は今回追加した文言です。


 2月12日(2013年)にグアムで起きた無差別殺傷事件。
 この事件のニュースを知った時、2008年6月8日の秋葉原での無差別殺傷事件を連想した人は多かったと思います。容疑者が若い男性であること、無差別に多数を殺そうとしたこと、クルマで突っ込んで刃物を振り回すという方法、模倣犯かと思うほどそっくりです。
 (容疑者はクルマで6人をはね刃物で観光客を襲った。被害にあった14人は全員日本人で、うち3人が死亡。)

 08年の秋葉原の事件で、私は容疑者への死刑待望論があまりに早く大きく湧くことに違和感を感じていました。これは彼が死刑に値するかどうかというのとは別の問題で、とにかく悪い意味で「盛り上がり」過ぎていると思ったのです。
 その時の記憶をたぐって、今回の事件と比べると、ほぼ正反対の違和感があります。
 今回の事件での国内の反応があまりにドライで「盛り上がり」に欠けるように思えるのです。
 少なくとも、新聞もTVも、続報がひどくあっさりています。
 (実際にこの事件ではネットを中心とした「死刑!死刑!」という煽りは拍子抜けするほど少なかったのです。)

 なぜ、今回の事件に対して、08年の秋葉原の時のような(死刑!死刑!の)世論が湧かないのか?
 私なりにあれこれ考えてみました。

続きを読む


ssh1009 マスメディアは不調でもマスコミュニケーションは進む [マスコミュニケーション論]

<ssh600再録>
(  )内は今回付加した部分です。

 3月の海外研修中(5年前に、全日制英語科の高2生の引率で2週間オーストラリアに滞在)は、ふだんとかなり違う感覚で過す機会になりました。
 最大の理由は、TVやネットなどのマスメディアからほぼ全く遮断されていたから。
 オーストラリアのTVって、あんまし面白くないんですよ。ホテルのTVには映画のチャンネルもありましたけど、私は映画ってものを全然見ないので、結局TVは全然見ませんでした。ネットも仕事で必要な時以外は使いませんでした。ホテルではもっぱらiPodと睡眠で時間を過していました。けっこう早寝してましたね。なかなか健康的。

 オーストラリア滞在中のコミュニケーションは、ほとんどすべて人対人の直接コミュニケーションでした。TVもネットも見ないのだから、マスコミュニケーションはほぼ皆無です。
 直接コミュニケーションだと、こちらから働きかけないと何も情報はもらえません。なかなか面倒です。英語だし。

 帰国後は以前のペースに戻り、ネットもTVも新聞も見放題です。
 マスコミュニケーションってのは、実にズボラのできる装置ですね。ネットならクリック一発でジャンプできる。新聞もただ紙面をめくれば情報に会える。TVに至っては、何もしなくても向こうからわんこそばのように情報を浴びせてくれる。
 いや〜楽チンだなあ。

  ・・・の、はずなんですよ。楽チンなはずなんです。こっちで何もしなくても情報が入ってくるんだから。

 ところが。
 TVやインターネットを見ているうちに、ものすごい疲労感に襲われました。
 それも運動や労働から来る、ある種の心地よさを伴う疲労感じゃありません。
 喩えて言えば、食い放題の焼肉屋で元を取ろうと肉を無理して腹に押し込んでいるような疲労感。
 
 とにかく疲れるんですよ。

続きを読む


マスコミュニケーション論 ブログトップ