So-net無料ブログ作成
志望理由・進路選択 ブログトップ
前の10件 | -

ssh1054 Web出願てんやわんや [志望理由・進路選択]

<2017>

 東京のでっかい私立大学が始めたWeb出願。あっという間に私大の主流になりました。

 入試の出願って、かなり面倒くさいです。
  1. 大学から願書を取り寄せ(面倒くさい)
  2. 高校の調査書をもらって(面倒くさい)
  3. 必要事項を記入して(かなり面倒くさい)
  4. 金融機関に行って受験料を払い込んで(チョー面倒くさい)
  5. 郵便局で書留で出して(相当面倒くさい)と。
 特に金融機関と郵便局は窓口の営業時間がありますから大変。家や学校の近くにそういうものがない人だっていっぱいいるし、本人も家族も平日の昼間は身体が空かないってケースはよくあります。

 それからすると、Web出願ってのはちょっとした革命です。

 Web出願では、まず1.が不要となります。すでに募集要項と願書のフィジカル版(紙に印刷されたもの)をやめてしまった大学も多くあります。
 3.は大きく省力化されます。PCで打ち込めばいい。ペンで手書きするのとは全然違います。間違えてもすぐ修正できるし、字が汚くても構わない。せっかちで悪筆の私のような人には天恵でしょう。
 4.もグッとラクになります。Web出願では金融機関でなくてもコンビニ払いもOKです。コンビニなら夜間や土日でも大丈夫です。さらに最近ではクレジットカード決済OKの大学もあります。こうなればもはやアマゾンや楽天市場みたいなもんです。
 Web出願によって、残る面倒くさい行為は2.と5.くらいになりました。ありがたやありがたや。

 ・・・と、いいことずくめのようなWeb出願ですが、世の中そんなに甘くない。
 楽は苦の種。当然ながら、便利なものには、それ故のマイナス点があります。



続きを読む


ssh1045 仕事の定義 [志望理由・進路選択]

<2017>
<ssh329再録>

 「お前、やりたいことはないのか?」
 「ゲーム!」
 「アホ!そういう意味じゃないわ!」
 
 「やりたいことを探せ」と言われて苦悩している高校生の皆さんのために、久々の志望理由書ネタです。今回のテーマは、仕事の定義。
 仕事ったって、もちろんジュールだのNmだのワットだのの物理話じゃありません。職業のことです。労働といってもいいか。
 冒頭のやりとりは数年前の私と息子のやり取り(脚色あり)です。当時息子は小学生、まあこの程度でしょう。息子もマヌケですが、小学生相手に「やりたいこと」をマジに聞く私も相当にマヌケです。この親にしてこの子あり。
 
 しかし、息子の答えはなんでマヌケなんでしょうか?
 やりたいこと=ゲームというのは、いたって誠実な答えです。(ゲームというのはWiiとかPSPとかのゲーム機のゲームです、念のため。)
 誠実ですけど、彼は私の質問の意図がわからなかった。私が聞きたかったのは、もちろん「どんな仕事をやりたいのか?」です。
 でも、現代であれば、ゲーマーって立派な仕事ですよね。


  ゲーマーはゲームをするのが仕事です。
 一方、今は中3になった息子は相変わらず「やりたいこと=ゲーム」に勉強そっちのけで血道をあげています。
 ゲーマーのゲームと、息子のゲーム。行為そのものはどちらも同じです。画面を見てボタンやコントローラーをカチャカチャいじくってるだけ。ゲーム機を見たことのない人が見れば、どちらも同様の不可解な行為に過ぎません。
 なのに、一方は有益な職業。他方は私がブチ切れてキカイを取り上げるようなムダな行為。
 その差はどこにあるのか?

続きを読む


ssh1035 やりたいこと地獄 [志望理由・進路選択]

<2017>
ssh46再録 初出2007年

 やりたいこと。
 この言葉に、今、どれだけの若者が縛られ、苦しんでいるのでしょうか?

 やりたいことを仕事にする。そりゃあ、そうなれば最高です。やりたいことをやってゼニが手に入るんなら、これ以上の喜びがあるでしょうか。
 しかし、そんな都合のいい「やりたいこと」なんか、あるのか?

 そもそも仕事ってのは、ゼニにならなきゃ成立しません。
 言い換えれば、他人様がゼニを払ってくれるようなことでなければ、仕事にはなりません。
 商品でも音楽でも文学でも何でも、みんなが買ってくれるようなものを作れば仕事ですが、誰も欲しがらないものをいくら作っても仕事にはなりません。

 これまで志望理由書関係で書いてきたことと矛盾するかもしれませんが、「やりたいこと探し」にあまりのめり込むのはやめるべきだと思います。不幸ですらあります。
 仕事をイメージするにあたっては、「やりたいことかどうか?」以外のモノサシも、時には使ってみた方が安全です。
 別に夢をあきらめろと言ってるんじゃありません。ただ、「やりたいことやりたいことやりたいこと・・・」と、そればかり考えていると、どんどん頭が固くなって、思考が袋小路にはまりやすいんです。

 今、「やりたいこと地獄」にはまっている人、あるいははまりかけている人は、気分転換くらいの軽い気持ちで、以下のようなモノサシもあててみてはどうでしょうか?

 1 その仕事は自分に「できそうか、できそうもないか?」
 2 その仕事は「面白そうか、つまらなそうか?」
 3 その仕事の苦労は「ガマンできそうか、できそうにないか?」
 4 自分にとって「やりたくないこと」は何か?
 5 その仕事は社会的に「価値があると思うか、思わないか?」

 それと、もう一つ。
 今、世の中にある職業を、思い付く限りあげてみて下さい。できるだけたくさん。
 もし50以上あげられるようなら、合格です。
 でも、どうでしょう。案外、10くらいしかあがらないんじゃないでしょうか?十代なら、そんなもんかもしれません。
 もし10くらいしかあげられないなら、進路選択の前に、まず、世の中にどんな職業があるのかを調べるところから始めればいいんですよ。
 「やりたいこと」探しは、それからでも十分間に合います。

ssh1031 女子大は要チェック [志望理由・進路選択]

<2017>
<ssh322再録>
*初出は2010年

 私の担任したクラスがこの3月卒業しましたが、そのうち5人が東京の名門女子大学=津田塾大学・東京女子大学・日本女子大学に進学しました。
 年配の方なら「ほお、それはスゴいねえ。」と感心なさるでしょう。
 一方、若い人なら「で?」という感じでしょうか。そもそも「名門」という名前に違和感があるかも。

 1990年代あたりから、女子大の受験偏差値はずいぶんと低くなりました。国立大学でただ2校の女子大=お茶の水女子大学&奈良女子大学は相変わらず難関ですが、それでも1980年ころまでからするとずいぶん攻めやすくなりました。上記の3女子大は、相変わらずハイレベルではありますが、それでかつてを知る人からするとずいぶん合格しやすい大学になっています。

 この3月まで(注:2010年3月)私が担任していた全日制英語科のクラスは4分の3が女子でした。英語科だから当然みんな文系(注:例外が1名いて、浪人して国立の医学部に進学しました)。
 で、その4分の3の女子たちが受験校を検討する際、私は常に女子大を提示しました。特に強く受験を勧めたのが前述の3大学です。

 私が推したその理由は、
1 就職のサポートがいい。女子大は女子学生がすべてである。職員は女子学生の就職だけを担当している。経験も気合いもパイプも全然違う。
2 規模が比較的小さい。大規模な大学にはその良さがあるが、小規模な大学にも持ち味がある。特に職員と学生のつながりは濃密になる。
3 そもそも私立3女子大にしても国立2女子大にしても、どれも歴史も伝統も実績もある非常に優れた教育活動をしてきた大学である。
4 そういう中身の良さの割に、受験偏差値が低い。下品な言い方をするとお買い得。これは大学関係者には切ないことだけれど、受験する側からすると大変にありがたい。
5 そういういい大学なのに、男子は絶対に進学できない。女子だけが受験できる。よくぞ女に生まれけり。

続きを読む


ssh1024 志望理由書は、一人じゃ書けない [志望理由・進路選択]

<2017>
<ssh127加筆&再録>
*初出は2007年

 秋です。
 ぼちぼちアレですね。推薦入試やAO入試の志望理由書を書くシーズンです。
 
 今回、受験生のみなさんにお伝えしておきたいのは、これ。
 志望理由書は、一人では書けません。
 これ、どうしても、誰かの助けが必要です。
 助けと言っても、先生や親御さんに代筆してもらっちゃダメですよ。落ちます。

 志望理由書は「あなたの本当の気持ちを、明確な言葉にしたもの」でなければなりません。
 しかし、普段の日常生活では誰しも、自分の本当の気持ちをわざわざ「明確な言葉」にするようなことはしてません。
 するはずないです。自分の気持ちなんですから、わざわざ言葉になんかしなくったって、自分にはよくわかってます。

 問題は、志望理由書を読むのは、他人だということです。
 他人は、あなたの気持ちはわかりません。
 他人は、あなたの感覚と同じように感じてはくれません。感覚は人それぞれです。

続きを読む


ssh1003 志望理由って、何? [志望理由・進路選択]

<2017>

 ssh9, 10, 11として10年前にアップした「志望理由って、何?」のシリーズを再編しました。

■■
 今回は「志望理由書」のお話です。
 あなたは、なぜそこ(その大学学部学科)を志望するのか?

 まず、最初に、どうしても伝えておきたいのは、一番強い=勝てるのは、あなたの「本当の志望理由」だということです。

 ウソ、きれいごとは、簡単に見破られてしまいます。本音から発せられたものこそが勝てます。

 例えば。医学部医学科を志す生徒が、こんなことを言ったとしましょう。
 「ドラマなんかでさあ、飛行機ん中で急病人が出たりして、『お客さまの中にお医者様はいらっしゃいませんか』なんてアナウンスされて、すっくと立ち上がるなんてのあるじゃない。あーゆーの、カッコいいなあって思ってさあ。」
 もし、これが本当に、本当にホントーに、あなたが医師を志したきっかけだとしたら、それを否定してはいけません。
 だって、それが本当の理由なんですから。

続きを読む


ssh678 センター出願は5〜6教科が基本 [志望理由・進路選択]

<2014>

 

 2015年度センター試験の願書配布が始まっています。

 現任校でも、3年生が願書の下書き、後清書の作業に取り組んでいます。現役生にとっては始めて見るホンモノの願書です。

 

 ところで。

 センター試験の願書には、受験する教科と科目数を書く欄があります。

 念のため説明しておくと、教科というのは国語・数学・外国語・理科・地歴・公民の6グループ。科目というのは例えば数学Iとか数学IIBとか日本史Bとか政治経済とか生物基礎とか物理とかいう、各教科の中の具体的なテスト科目のことです。

 センター試験出願の際に必要となる申請は、受験教科と科目数だけです。どの教科を何科目受けるのかだけ申請すればいい。

 国立理系志望の受験生であれば、国語・数学①・数学②・外国語・理科2科目・地歴/公民1科目、というふうに申請することになります。具体的な受験科目、例えば理科2科目で何と何を受験するのかは本番当日に決めればいいことになっています。

 

 かつての共通一次試験は全員が5教科7科目必須でしたが、センター試験は自分の必要な教科科目だけ受験すればいい。さらに、受験はしたけれど結局使わなかったという科目があってもいい。受験を申し込んだがその後の判断で受験しなかったという科目があっても、その科目が未受験として処理されるだけで、センター全体が無効になることはありません。


 ところが。3年の担任団から、センター出願の申請科目数が少な過ぎる生徒がいるという相談を受けたんです。


 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ssh649 リサーチ判定が業者によって極端に違う [志望理由・進路選択]

<2014>

 

 国公立大学出願期間です。

 3年生担当の私も、日々出願指導でてんてこ舞い状態です。面談・面談・時々授業というのがここ1週間の日常です。家に帰れば家にも受験生がおるのですけど。

 

 センターリサーチシステムのおかげで、昨今の出願指導はかなり合理的にやれるようになりました。感覚や勘や経験にあまり頼らずに、データを基に出願校を選べます。

 1979年度入試から共通一次試験が導入され、現在のように自己採点後に出願するシステムとなったとき、「行きたいところより受かるところに行く共通一次世代」という非難が浴びせられました。けど、このシステムが撤回されることはなく、むしろ自己採点データを集計してさらに緻密な分析をもとに出願先を選ぶようになりました。共通一次世代という非難を浴びせた人たちも「センター世代」とは言わないようです。ま、世代論なんてその程度のもんです

しょう。

 

 センターリサーチは何十万人もの受験生の自己採点データを集め、それまでの模試の志望動向を分析して、センター得点による合格可能性を判定します。

 と言っても、合格可能性を判定する万能ソフトウェアがあるわけじゃありません。最終的に判定ラインを決めるのは、業者の人間です。それゆえ、同じ大学の同じ学部学科でも、業者によって判定ラインが違うということは当然起こります。過去にも、ある業者がB判定なのに別の業者はC判定なんてことはザラにありました。

 

 それはまあ仕方ないのですけど、今年に関しては、ちょっと極端なんですよ。

 ひどい時は、かたやA判定、別の方はD判定なんてこともありまして。


 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ssh648 現実を受け止めて、前へ進むことの価値 [志望理由・進路選択]

<2014>

 

 2014年度センター試験が終わりました。

 誰しも目標は高く設定しているはずです。目標を下回った人は多いはずです。

 

 センター試験&自己採点を経て個別試験を受験するという現在の国公立大学受験システムには、高校入試や私大入試とは異なる特徴があります。

 それは、試験の途中経過が明らかになること。

 

 通常の試験は一発勝負。結果は発表までまったくわからない。デキが良かろうが悪かろうが、ひとたび試験が始まったら、終わるまで一直線に突っ走ることになります。

 

 対して、センターを使う国公立入試のシステムでは、センターが終わると自己採点とリサーチによって、センターの結果と自分のポジションが明確に示される。センターの結果という、厳然たる事実を一旦見てから、その先のことを考えることになる。

 センターの結果を見てから考えられるというのはありがたいことです。反面、センターのデキが悪ければ、出願前に志望校を諦めざるを得ないケースもある。予選敗退のようになるのはつらいことです。

 

 それでも、現在のシステムで、センターが期待通りに取れなかったことは、まったくのマイナスだとは私は思いません。

 センターが取れなかったという不幸を、成長の機会にした受験生を、私はたくさん見ています。


 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ssh647 受験は行き先を決めるためだけのものじゃない [志望理由・進路選択]

<2014>

 

 今年もセンター試験が間近となりました。私の担当している生徒たちももうすぐ出陣です。

 

 ところで。

 受験って、ただ行き先を決めるためだけのものだと考えている人が多いように思います。

 生徒にもいますけど、社会人にはもっと多い。

 

 こういう人からすると、実際に進路指導をする私たちの仕事は、かなり理解しにくいんじゃないでしょうか。

 例えば、家庭の経済的な事情から、国公立大学への進学だけを考えているという場合でも、私たちは私大の併願を求めます。

 あるいは、本人も親も「◯◯大学一本で勝負したい、ダメなら浪人して来年挑戦する」と言っていても、××大学の併願受験を強く求めます。

 私立も国立前期もダメで、残る国立後期もE判定で合格の見込みが全くなくても、その後期の受験をするように強く指導します。

 医学部志望の生徒に、敢えて薬学部や理学部の受験をさせることもあります。

 

 学校(や予備校)への不信感が強い人なら、こういうのはただの実績稼ぎか自己満足だろうと詮索するところでしょう。しかし、私たちは真剣です。

 

 受験は、ただ行き先を決めるためのものじゃないからです。


 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 志望理由・進路選択 ブログトップ