So-net無料ブログ作成
検索選択

ssh283 問題とは何かという問題(4) [小論文]

<2009>

 

 自然界に問題は皆無である。

 問題とは人間が発見したものである。

 人間の本質は矛盾である。

 問題とは矛盾のことである。

 矛盾に根本的な解決はない。すなわち現実世界の問題に唯一の正解はない。

 我々は問題に対し、よりマシな方策を考えるしかない。

 

 と、これがここまでのこのシリーズの要点です。

 

 箇条書きHow to小論文シリーズでも紹介したように、小論文とは意見と論拠です。で、意見とは問題への解決です。

 問題=矛盾である以上、唯一の解決策などありません。だから小論文は正解のないテストです。

 こうなると、なぜ小論文が意見よりも論拠が重要なのかということも理解できます。問題への解決=意見に唯一の正解がない以上、優劣は「どの解決がよりマシか」で決まります。で、どれが最もマシであるかは、解決そのものよりも論拠で決まります。

 もうちょっと丁寧に言うと、論拠を読んだ人が「なるほど、そういうことならこれを採用しようか」と思えるものが、よりよい策ということになります。

 

 ではここで、現実の問題=矛盾に対して、どう向かえばいいかということをまとめてみましょう。これはすなわち、小論文を書く時にどういう姿勢で向かえばいいかということでもあります。

 

 


 

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

ssh281 同じ刃で自分を斬れ [小論文]

<2009>

 

 斬ってはいけない。

 これ、sshでちょくちょく指摘してきたことです。小論文では、バッサリ斬るのはご法度です。よく記者会見なんかの記事で「××という問いに対して知事は○○とバッサリ。」てな文面がありますね。この「バッサリ」を、小論では絶対にやってはいけません。絶対、です。知事には許されても受験生にはバッサリは許されません。

 

 斬ってはいけないその主な理由は、

1 斬ってしまうと、そこで終わってしまい、論議が深まらない。

2 斬ってしまうと、それ以上何もかくことがなくなってしまう。

3 斬ってしまうと、説得力が出ない。

 

 斬ってはいけないということについて、駿台予備校の影山先生からいいメッセージをもらいました。

 <同じ刃で自分を斬りなさい>

 う~んさすが影山先生。ナイスなフレーズです。でも何のため?

 共感を得るためです。


 

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

ssh278 問題とは何かという問題(3)~現実の問題に正解がない理由 [小論文]

<2009>

 

 遅々として進まない<問題とは何かという問題>シリーズ、ようやく3回目です。ここまでのおさらいは、

 

 1 自然界に問題はない。

 2 問題は人間が発見するものである。

 3 問題とは矛盾のことである。

 4 人間の本質は矛盾である。

 

 乱暴にまとめてしまえば、人間ってのが矛盾のカタマリだから、問題というものはすべて人間が絡むことで発生するということです。

 

 一個の人間vs自然。

 多数の人間vs自然。

 一個の人間vs一個の人間。

 一個の人間vs多数の人間。

 多数の人間vs多数の人間。

 

 一個でも人間が絡めば、問題=矛盾は発生します。もちろん、人間がたくさん絡むほど、問題も発生しやくなる。

 

 では、その問題=矛盾は、どうすれば解決するのか?これが今回のテーマです。

 

 いきなり結論を言ってしまうと、矛盾の根本的な解決は不可能です。

 だって、矛盾してるんですから。


 


続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

ssh275 問題とは何かという問題(2)~問題は人間が発見する [小論文]

<2009>

 

 自然界には「問題」は一つもない。問題とは、人間の都合によって発生するものである。というのがssh259で私が述べたことです。

 そう述べたっきり、3ヶ月以上も続きを書けずにおりました。ごめんなさい。ようやくssh259の続きです。


 大地震も台風も、自然現象に過ぎません。

 大地震は、地殻プレート間のストレスを解消するための現象です。

 台風は、気温や気圧のアンバランスを平衡化するための現象です。

 地震や台風が発生するおかげで、地球環境のアンバランスは自然に解消されています。


 地球上の全生物の中でも、人間は飛びぬけて頭が働きます。(賢いかどうかはともかく)

 おかげで、人間は、自然現象の中で、自分に不都合なことをしっかりと対象化してしまいました。

 

 不可避な自然現象と言っても、災害は災害。

 できることなら、そういうもので怪我したり死んだりしたくない。

 

 まあ、ヒトという種は、環境が安定していないと生存がつらいわけです。キツい言い方するとヒヨワ。

 地震は困る。台風は困る。日照りは困る(雨続きも困る)。寒いのは困る(暑いのも困る)

 

 人間にとって、自然は必ずしも優しくない。

 自然はトータルでのバランスを取る。人間を含めて、個々の生命なんか眼中にありません。

 

 自然が人間にとって不都合でありうることを、人間は発見してしまいました。

 自然現象と人間の都合の間には得てして齟齬がある。

 自然と人間の齟齬、言い換えると自然と人間の間にある矛盾が、

 この時の<問題>の本質です。


 

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

ssh263 子どもが論述を嫌う理由 [小論文]

<2009>

 

 都市部のことはよくわかりませんが、イナカの場合、子どもが小論文のような意見文・論述文に本格的に取り組むのは高校以降です。それまでは、作文や感想文や詩(短歌俳句含む)などが中心。

 高校生が初めて書く小論文って、ホントに悲惨です。まるで体をなしてない。

 不慣れだからムリもないけど。

 

 と、言いたいところなんですが、これは間違い。厳密に言うと、前半に正確さが欠けてます。

 昔はともかく、今、小学校でも中学校でも、意見文や論述文を書くことはカリキュラムにちゃんと入っています。カリキュラムに入っているんだから、ちゃんとやってます。

 私も自分の子どもの授業参観で確認しました。小学校低学年で、すでに意見文や論述文の勉強をやってました。

 

 論述の勉強はしてるんですよ。

 

 でも、やっぱり、高校生が最初に書く小論はメチャクチャです。

 で、高校生に、キミたちは意見文や論述文のトレーニングしてないからねえとか言うと、けっこううなずいたりするんですよ。やってるハズなのに。

 作文や感想文(特に読書感想文)や詩のことはかなりしっかり覚えているんですが。

 

 なんででしょうかねえ?

 意見文・論述文が軽視されるとなると、スーパー小論文ハイスクールの死命に係わりますからね、私なりにいろいろ考えてみました。

 

 


 

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

ssh207 フランスの大学入学資格試験に挑戦(3) [小論文]

<2008>

 

 ssh203フランス大学入学資格試験(バカロレア)の問題を掲載しました。で、ssh204で私なりの解答例を1つ書いてみました。

 今回は、残りのテーマについて、攻略法のみ考えてみたいと思います。

 

 もちろん、日本の高校生がこの問題をやるわけじゃありません。だから、このテーマでみなさんが答案を書いてみる必要はありません。

 が、このくらいのレベルの出題は日本の入試小論文でも平気で出題されてます。我が国の大学入試をあなどるなかれ。こんな哲学的なテーマでも、攻めようはある、ということを見てもらえればと思います。

 

・芸術は現実に対する私たちの意識を変えるか?分析し、問題提起を行なえ。

 

 例えば、ある映画を見た後で、自分の考え方や感じ方が大きく変化したという経験はあるでしょうか?

 もちろん映画でなくても、小説でも音楽でも舞台でも何でもいいんですが。

 もしそういう経験があれば、これは強力な論拠になります。

 

 ただし、もちろん、ただそれだけではダメ。その論拠に普遍性を与える必要があります。

 自分の意識は、どのようなものへと変化したのか?

 変化する前は、どうだったのか?

 その映画(なり何なり)は、なぜ私の意識をそのように変えたのか?

 その映画のどういう部分に、意識を変える力があったのか?

 

 以上のような問への具体的な答えが出れば、十分答案になります。


 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ssh205 フランスの大学入学資格試験に挑戦(2) [小論文]

<2008>

 

 前号の解説です。

 

 実はこれ、手を出す前にかなりいろいろと迷ったんですよ。

 最大の理由は、求められる解答のモデルがわからない。

 分かっているのは、1つのテーマを選んで4時間で述べるということだけ。

 この試験を受けるフランス学生に、どの程度のレベルや分量の答案が期待されているのか、つまり出題意図があまりよくわからない。

 

 例えば日本の大学入試の場合、けっこうな難問が出されることがあります。特に競争率の高い都会の私大。

 で、それだけを見て「だから日本の教育はダメなんだ」的な物言いをする人もたくさんいます。

 でもね。

 あんなもん、大学側も正答なんかほとんど期待しちゃいないんですよ。大学側が期待しているのは、

 (1)基本問題が確実に正解できて

 (2)応用問題もほとんど取りこぼしがなく

 (3)発展問題やチョー難問でも、あきらめずに何とか挑戦して一応の答案を書く

 そういう学生なんです。つまり、受かるのは、基本がきちんとした上で、難問でもあきらめない人。

 それが大学側の出題意図。

 出題意図って、重要です。


 

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

ssh204 フランスの大学入学資格試験に挑戦(1) [小論文]

<2008>

 

 では、ssh203で紹介したフランス大学入学資格試験に挑戦してみましょう。

 今回は文系のテーマ1「知覚を教育することはできるか?」を取り上げてみます。

 

 しかし、その前に。sshの考える攻略兵器を紹介します。

 それは、「定義」

 

 この試験は哲学のテストということで出題されているようですが、sshはこれをテーマ型小論文として攻略してみようと思っています。

 まず、テーマ型にはネタ知識がいります。まあでもこれは、日頃の勉強である程度どうにかなります。今回のような、一見難解なテーマの場合、論点を絞らないとまとまりません。

 

 そこで「定義」が役に立ちます。

 つまり、「知覚とは何か?」「教育するとはどういうことか?」これを自分なりに定義することで、論点を絞る糸口にしようというわけです。

 

  以下、私なりの答案です。

 

<知覚を教育することはできるか?>

 知覚というものを文字通りのもの、すなわち人間の五感そのものだとすれば、これを教育することは不可能であると言わざるを得ない。五感とは眼や耳や皮膚にある感覚器官が外部の刺激を受け、その情報を脳に送る生理的な現象であり、先天的な能力である。これは教育できないというより、教育の対象外である。もともと備わっているのだから。

 だが、現実にはこれと矛盾する言い回しがたくさん存在する。「感覚が鋭くなる」「眼が鍛えられる」「耳が良くなる」「おいしさがわかるようになる」など。我々はこういう言い回しを特に不自然だとは感じない。もし知覚がまったく先天的なものだとしたら、このような言い回しは不可能なはずである。この場合、我々は知覚を鍛えられるもの、すなわち教育可能なものとして捉えているはずである。

 本来的な意味での知覚は先天的能力であり教育不可能である。だが、我々は教育可能なものとしての知覚という概念も持っている。この矛盾はどこから来るのだろうか。


 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ssh203 フランスの大学入学資格試験 [小論文]

<2008>

 

 村野瀬玲奈さんより、トラックバックをいただきました。http://muranoserena.blog91.fc2.com/

  (注:so-netブログのトラックバック機能は終了 リンクは有効)

 

 記事は「20086月、フランス、バカロレア(大学入学資格試験)の哲学の課題」。

 フランスの大学入学希望者は、この試験を受ける必要があるわけです。

 一応「哲学」ということになってますが、哲学というより小論文ですね。

 この中からテーマを1つ選んで、4時間で答えるのだそうで。こりゃ小論文じゃなくて大論文だわ。

 

 まずはそのテーマをご紹介。(以下、村野瀬さんのサイトより引用)


文学系の課題

-知覚を教育することはできるか?分析し、問題提起と計画を提案せよ。

 

-生者のなんらかの科学的知識はありうるか?分析し、問題提起をせよ。

 

-サルトルの「倫理学ノート」の一節を説明せよ。その一節の状況設定を行なえ。

 

▲理科系の課題

-芸術は現実に対する私たちの意識を変えるか?分析し、問題提起を行なえ。

 

-真実を確立するためには論証以外の方法があるか?分析し、問題提起の提案を行なえ

 

-ショーペンハウアーの「意志と表象としての世界」の一節を説明せよ。正確に論旨をたどれ。

 

▲経済・社会系の課題

-苦しむことなしに欲することができるか?分析と問題設定を行なえ。

 

-自分自身を知るよりも他者を知ることの方が容易か?分析と問題設定の提案を行なえ。

-アレクシス・ド・トクヴィルの「アメリカのデモクラシー」の一節を説明せよ。正確に論旨をたどれ。

 

 

▲技術系の課題

-芸術作品を理解せずに愛好することは可能か?分析、問題設定、計画の提案、参考文献を示せ

 

-私の幸福を決定するのは法律の役割か?分析、問題設定、計画の提案、参考文献を示せ。

 

-カントのテクスト?正確に論旨をたどれ。


 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ssh141 箇条書きHow to小論文(3) [小論文]

<2007>

 

 ssh136,138の続きです。今回は、いよいよ「論拠」。「意見文の命は、論拠である。」と、ssh136で言いましたからね。論拠こそ、小論文の最大のポイントです。

 

(1)論拠のない意見、論拠の弱い意見には、読み手は納得しない。

 例えば、私が「努力は大切だ」と100万回繰り返し言ったとします。

 果たして、聞いている人は「うん、なるほど」とうなずくでしょうか?

 んなこたあ、あり得ません。

 

(2)論拠とは、読み手の「なぜ?どうして?」に答えるものである。

 意見だけを100万回繰り返されても誰も納得しないのは、

 聞いている人が必ず

 「なぜですか?」という疑問を持つからです。

 それに対する答えがなければ、誰も納得はしません。

 

(3)論拠は、具体的でなければならない。

 意見というのは、たいてい抽象的なものです。

 「努力は大切だ」というのは、確かに意見ですが、

 じゃあ、努力って、例えば何なの?つまり何なの?

 と、読み手は疑問を感じます。当然です。

 人は抽象的なものは簡単に理解できません(子どもならなおさらね)。

 人を納得させるには、具体性が必要です。

 その具体性は、論拠が担います。


 


続きを読む


nice!(2)  コメント(0)