So-net無料ブログ作成
検索選択
小論文 ブログトップ

ssh1037 実践トレーニング〜小学校英語必修化を論ずる(2) [小論文]

ssh59再録 初出2007年

 ssh1036の攻略法を解説します。
 モデル答案はありません。どんな攻略法があるかを知ってください。

<テーマを絞ろう>
 英語教育というのは、やたらめったらと語りようのあるネタです。
 誰にでも何かどうか語れます。
 そのくせ、誰にも決定版のような意見が言えません。
 
 しかし、今回のテーマは、小学校で英語を必修にすることの是非です。
 決して、日本の英語教育全体を対象にしているのではありません。
 ここでは、グッとガマンして、このテーマだけを考えていくのが得策です。
 でないと、確実にとっ散らかります。
 小学校英語必修だけに絞るのですから、例えば、現在の英語教育全般への批判などはあまり展開しない方がいいです。
 というか、そんな紙幅はありません。

<ターゲットを決めよう>
 ターゲットというのは、まさしく標的です。
 今回のテーマの、ここを狙ってバキューンと弾を打ってやろう=ここを攻撃してやろうという、そのターゲットです。
 今回のテーマなら、ターゲットは、3つ選べます。
 ターゲット1: 小学校
 ターゲット2: 英語
 ターゲット3: 必修
 このどれかをバキューンと狙い打って、穴を作ります。そこが突破口となります。

続きを読む


ssh1036 実践トレーニング〜小学校英語必修化を論ずる(1) [小論文]

ssh57/58再録 初出2007年

 小論文の実践トレーニングをやってみましょう。テーマはこれ。

 「小学校英語を必修にすべきだ」という意見があります。これについて、あなたの考えを述べなさい。

 対象となるのは、外国語系統と教育系統の受験者ということになりますか。
 ただし、わずか47文字(句読点込み)のテーマではありますが、いろいろ誤解のネタや突っ込みどころがありますので、そこについてのヒントは与えておきましょう。

 ・必修科目というのは、全員が必ず授業で学ぶという意味です。(希望者だけが学ぶものは「選択科目」と言います。また、例えばこの3つからどれか1つを必ず学ぶというようなものは「選択必修科目」と言います。ちなみ、高校の英語は必修でなく、選択必修です(外国語の中から1つを選択)。
 ・このテーマでは「何年生から」「どのくらい」「どんなやり方で」必修にすべきかは一切触れられていません。
 ・テーマで必修にすべしと主張されているのは「英語」です。「外国語一般」ではありません。
 ・同じく、「小学校で必修にすべきだ」という主張です。学校外での、例えば塾などで学ぶことについては触れられていません。
 ・ちなみに、現文部科学大臣は、この意見には消極的です。
 ・「あなたの考えを述べなさい」というのは、もちろん、意見と論拠を述べなさいという意味です。


 以下、考える上で取っ掛かりとなりそうなネタを挙げておきます。

続きを読む


ssh1025 コラムを読もう [小論文]

<ssh128加筆再録> *初出は2007年

 大学の推薦入試のピークは11月上旬です。出願予定の人は、対策が必要な時期です。
 
 「小論文は一朝一夕に書ける物ではない。早い時期から準備をしておくべきである。」一般論としては事実です。確かに、準備は早い方がいいです。
 でもさあ、英語や数学やその他の対策だって、一朝一夕にゃあいかんでしょうに。
 私のさほど長くもない経験からすると、教科学習こそ早くからしっかり勉強しておくべきだと思います。特に英数国。
 別に小論の対策なんかラクだ、というんじゃないです。
 ただ。具体的な出願先が決まって来ないと、小論の対策って、うまくいかないんですよ。特に、学部学科が絞られてないと、すごく大変。
 今、推薦の出願を予定している人の場合は、もう具体的な出願先が決まってるはずです。これなら本格的な対策ができます。
 今までこれといった小論の勉強をしていないという人も、落ち込む必要はありません。「この大学のこの学部学科に行きたい!」と強く思っている今こそが対策の時期にはベストです。

 さて、その対策として、今すぐにでもできることを1つ。
 新聞雑誌コラムを読みましょう。


続きを読む


ssh1002 小論文のウルトラ基礎 [小論文]

 ssh4〜8として2006年にアップした「小論文のウルトラ基礎」を再編して公開させていただきます。

■■■
 小論文の入り口でつまづいている人には、まずとにかく、以下の形で1回書いてみることを進めます。

 原稿用紙の一番最初に自分の意見を書きなさい。  あとの部分はすべてその「理由」を書きなさい。

 意見というのは「私はこうするのがいいと思います」ということ。理由というのはそのものズバリ、私がそう思う理由です。理由は「論拠」なんて呼ばれます。
 論拠に原稿用紙の大半、できれば80%以上を使いなさい。それ以外のことは一切何も書く必要はありません。

 こうすると、実にいろいろな困難が出てきます。
 まず、意見をはっきり言わねばなりません。ニュース番組のまとめよろしく「慎重な対応が求められます」なんて無責任な言い方はNGです。それでは意見になりません。
 意見というのはあくまで「私はこう思います」とはっきり言わねばなりません。これはふだんの学校のお勉強では求められないことですし、大人の世の中のおつきあいではむしろはっきり言うとカドが立つことです。
 しかし、小論文でははっきり言わねばなりません。
 もし小論文の出題で「あなたが先生で、どんなに注意しても物を壊すことをやめない生徒がいたとしたらどうしますか?」と問われたら、とにかくはっきりと「私はその生徒を殴り倒します」とか「私はとことんその子と話します」とか「私は何もしません」とか言わねばなりません。乱暴でも何でも、明確な意見のないものは小論文とはみなされません。
 
 意見はどんな内容でも構いません。「意見」に正解はありません。
 なぜ?
 小論文は「正解のない問いに答えようとする能力」を問うためにあるからです。
 入試の小論文では、いろいろな意見のあるような題材=正解なんかないと言う題材だけが選ばれます(これ重要)。
 先方が求めているのは、好ましい意見ではなく、「私はこれこれこういう理由でこう思います」という論拠をがっちりと組み立てられる能力です。

続きを読む


小論文 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。