So-net無料ブログ作成

ssh1056 11th Anniversary [ご挨拶&エッセイ]

 みなさま、ssh-スーパー小論文ハイスクールVer.2.0をご訪問いただき、ありがとうございます。

 10月20日はsshの開校記念日です。9日遅れの11周年のご挨拶を申し上げます。

 校長先生もいただきものの巨大サツマイモにびっくりしながら11周年を喜んでおります。


DSCN2446.jpg


 2016年から17年はsshにとっても、私shiraにとっても、さらには日本国にとってもなかなか多難な時期でした。

 何と言っても、ブロードバンド契約のいざこざで旧sshが消えてしまったのがイタかったですね。たかがブログとは言え、sshには私の足跡が記録されていました。800を超える記事を大慌てでPCに保存はしたものの、再アップにこぎつけるのにずいぶん時間を食ってしまいました。


 とは言え、sshのトラブルが私にとっての多難の主因ではありません。

 私shiraを困苦の日々に陥れたのは、お仕事の関係です。

 あまり詳しいことは書けないのですが、私shiraは学校外のとある任意団体の結構重たい仕事を持たされています。

 任意団体と言えば任意でどうにかなるみたいな感じですけど、現実は任意ったって任意じゃない。PTAは任意団体なのに事実上強制だと最近メディアでも問題視されるようになってきましたが、問題視もしてもらえない、逃げようにも逃げられない任意団体もあるんですよ。

 巡り合わせが悪い時というのはあるもので、私がやむなく現在の任を引き受けた直後、全国レベルのでっかいイベントが当地に回ってくることが公表されました。


 おいおい、聞いてないよ。


 何とかのらりくらりと逃げようと思ったけど、甘い甘い。

 あっという間に外堀を埋められ、振り返れば天守閣は炎上して陥落。それ以降、やれ予算だ手続きだイベントの用意だ動員だ会議だ組織を作れだあれだこれだそれだと、日々メールで指令じゃなくて依頼が降ってきます。

 30代前半にあれこれあって心身症になったんですけど、実に久しぶりに同じレベルのストレスに襲われました。一時はかなり危なかったです。いやマジで。


 巻き込まれてみて痛感したのは、行政に関わる人ってのはホントに優秀で有能なんだけど、上からの指令はもう絶対なんだなと。

 自分の意見や感想はもちろんある。でもそれは二の次。一度始まったことは、どんなことがあっても絶対に止めない。トラブルなくスムーズに進めることことが職責。求められていることがおかしいと思っても、そこにあれこれ意見を挟む立場にはない。とにかく与えられた仕事を滞りなく進めること。それが全てであり、それができる人間こそが「優秀」である。


 いやもう、行政の仕事には絶対に就きたくないと思いましたよ。

 優秀な同僚さんたちは、ある程度の年齢になると、近い将来の管理職の仕事に備えて教育委員会や教育事務所や教育センターなどの行政職に登用されるんですけど、まあホントに大したもんだと思いますね。あの世界でやっていけるんだから。まあ私ゃそもそもお呼びがかからないんでいいんですけど。

 前川喜平が「面従腹背」と言ったのは、そう考えるとかなり深い話です。


 くだんの巨大イベントは2018年です。もう少々、私のストレスは続きます。やれやれ。



 何か暗い話ばっかりの12年目のsshですが、よろしかったらお付き合いください。



nice!(2)  コメント(1) 

nice! 2

コメント 1

nobu

忙しい中、私のコメントに対応していただいて恐縮です。
私も3年前、50歳を目前に会社が倒産、しばらくして土砂災害に見舞われ(私の家は直接の被害はほとんどなかったのですが、地域の被害はテレビでも放送された通り)しんどい状況でした。やっと落ち着いてこちらのサイトにもお邪魔できる余裕がうまれてきました。
今後も無理せず更新してください。たのしみにしております。

by nobu (2017-10-30 22:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。