So-net無料ブログ作成

放課後 13 [ご挨拶&エッセイ]

<2007>

DVC00178_1.jpg

 正八面体、正十二面体、正二十面体のサイコロ。デパートの玩具売場で見つけて即購入。1個300円くらいだったはず。理系人間に見せると例外なく欲しがります。後ろにあるのはご存じ明治サイコロキャラメルの空き箱。

 たまに子どもが転がして遊んでますが、難点が1つ。8面体はまだいいんですが、12面体と20面体くらい球体に近いと、転がりが良すぎるんです。特に20面体はあっと言う間に何メートルも転がっちゃうんで、紛失の危険大。

 余談ですが、私、小学生のころ、正多面体を紙で作るのが大好きでした。画用紙に展開図を書いて、切り抜いて折って組み立てて遊んでました。正十二面体は各面の正五角形を書くのが難行なんで、まず1枚正五角形を書いて切り抜き、それを定規にして展開図を書いてました。おかげで今でも全5種類の正多面体の展開図がスラで書けますが、社会生活の上で何の役にも立っていないことは言うまでもございません。

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。