So-net無料ブログ作成
検索選択

ssh70 粘り勝ち [教科学習]

<2007>

 明日ですね。国公立前期。

 しかしまあ、受験っていうのは、何でああも疲れるんでしょうか?
 何で?って、大一番の勝負だからに決まってますが、とにかく、疲れます。

 「アガリは全部終わってから」と、ssh68で、私は書きました。
 でもね、ホントに、ツラいんですよ。
 受験本番を戦い続けるこの時期、1日1日の疲労は、これまでの1週間や1ヶ月以上にこたえます。

 でも、だからこそ、アガリにせずに続ける価値があるんです。

 この時期、受験生の大半が、次々にアガリを選びます。
 本命に受かっての、正真正銘のアガリ。
 本命じゃないけど、まあいいかというアガリ。
 負担に耐えかねての、ギブアップ的アガリ。
 投げてしまうアガリ(って、つまり早々と浪人を決め込むのは、アガリか?)

 だから、そんなに頑張れなくても、アガリにしてないというだけで、
 つまり、国公立中期も後期も二次募集も全部、とにかく受験だけでもする、というだけで、
 思わぬ勝ちを拾う受験生がいっぱいいるんです。

 受験は、キツいです。
 ツラいです。
 くたびれます。
 落ち込みます。
 誰もが、そうです。
 誰もが、です。
 あなただけじゃありません。
 
 誰もが、早くアガリたいと心底思ってます。
 「粘り勝ち」のチャンスは、そこにあるんです。

 誰もが早くアガリたいから、アガらずに粘ることだけで勝ち目が出てくるんです。
 本当にドラマチックなことが起きるのは、ここからです。

 本当に、ホントーに、勝負はここからです。
 粘って粘って、粘り勝て!
 

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。