So-net無料ブログ作成

ssh69 意外なことはよく起こる [教科学習]

<2007>

 小ネタです。

 かなり以前の話ですが、第2希望の短大に落ちて、第1希望の大学に合格した生徒がいました。
 学生時代にバイトで家庭教師した生徒も、第3志望が不合格で、第1志望と第2志望は合格でした。

 ここ5年間くらいの経験でも、そういう事例がよくあります。
 いわゆる「滑り止め」とか「おさえ」のために受験した大学がダメで、ダメモトで出願した大学に合格するとか、私立も国公立前期もことごとく不合格で、最後の最後に残った、センターリサーチE判定(合格可能性10%以下)の国立後期に合格したとか、どう考えても2次で逆転できっこない点数なのに、小論で一発逆転合格したとか、とにかく、そういう意外なことは、よく起きるんです。

 ただし、そういう逆転劇を起こした人全員に共通することはあります。
 落ち込んだり、弱気になったり、泣いたりしても、決して、あきらめなかったこと。
 最後まで頑張り続けたこと。
 とにかく投げださずに、続けられるだけ続けたこと。

 例えば、つらさを一人で抱え込まず、いろんな人に相談して、泣き言を効いてもらったり励ましてもらったりして、それで立ち直ったり、開き直ったり、ふっ切ったりして、
 それから、やれることだけはやる。

 泣きたい時は、泣けばいいんです。
 受験なんですから、つらくて当然です。
 
 とにかく、みなさんの勝負は、まだまだこれからです。
 やれることがある限りは、やれることをやりましょう。
 もうすぐ、国公立2次の開幕です。

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。