So-net無料ブログ作成
検索選択

ssh68 アガリは全部終わってから [教科学習]

<2007>

 大学受験も終盤戦です。
 私立大学入試はほぼ終わりました。発表もほとんど終わりです。

 今後は、
 ①国公立大学前期 
 ②公立大中期
 ③国公立大後期
 ④繰り上げ合格、二次募集など
が、主なものです。

 この時期、よく「アガリ」の相談を受けます。
 私の言う「アガリ」というのは、受験終了という意味です。
 つまり、ある私立大学の合格が出たので、以降の受験を全部取り止める=その私大へ行きたい、という相談です。
 いろんなケースがあるので一概には言えませんが、私はこういう相談には、ほぼすべて以下のように答えてきました。

 「決めるのは、全部の受験が終わってからにしなさい。」

 というのは、
 このテの相談に来る生徒というのは、早く受験をアガリにしたいという気持ちがミエミエだからです。
 相談というのも、つまりは、アガリにする御墨付きが欲しいわけで。

 それだけではありません。
 今、合格が出ているA大学と、これから受験に行かねばならないB大学とを、まったく平等に比べることなど、できるんでしょうか?
 まあ、ムリです。
 だって、A大学を選べば、そこで受験をアガリにできるんですから。A大学を選ぶ方がラクなんですから。
 そんな状況で、A大学とB大学を、まったく対等に比べることなど、できっこありません。

 決めるのは、受験が全部終わってからで十分間に合います。
 昔の大学は、一度おさめたお金を絶対に返してくれませんでしたから、早くアガリにすることには、経済的なメリットもありました。しかし、今は、かなりの金額が返還されます。
 
 第一、受験終了まで、あと1ヶ月とないのです。
 このわずか1ヶ月足らずをサボるために、妙な選択に走るのは、あまりにムダではないですか。

 小学校の先生がよく言います。「家に帰るまでが遠足です。」
 sshは、こう言います。「すべてが終わるまでが受験です。」

nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。