So-net無料ブログ作成
検索選択

ssh1036 実践トレーニング〜小学校英語必修化を論ずる(1) [小論文]

ssh57/58再録 初出2007年

 小論文の実践トレーニングをやってみましょう。テーマはこれ。

 「小学校英語を必修にすべきだ」という意見があります。これについて、あなたの考えを述べなさい。

 対象となるのは、外国語系統と教育系統の受験者ということになりますか。
 ただし、わずか47文字(句読点込み)のテーマではありますが、いろいろ誤解のネタや突っ込みどころがありますので、そこについてのヒントは与えておきましょう。

 ・必修科目というのは、全員が必ず授業で学ぶという意味です。(希望者だけが学ぶものは「選択科目」と言います。また、例えばこの3つからどれか1つを必ず学ぶというようなものは「選択必修科目」と言います。ちなみ、高校の英語は必修でなく、選択必修です(外国語の中から1つを選択)。
 ・このテーマでは「何年生から」「どのくらい」「どんなやり方で」必修にすべきかは一切触れられていません。
 ・テーマで必修にすべしと主張されているのは「英語」です。「外国語一般」ではありません。
 ・同じく、「小学校で必修にすべきだ」という主張です。学校外での、例えば塾などで学ぶことについては触れられていません。
 ・ちなみに、現文部科学大臣は、この意見には消極的です。
 ・「あなたの考えを述べなさい」というのは、もちろん、意見と論拠を述べなさいという意味です。


 以下、考える上で取っ掛かりとなりそうなネタを挙げておきます。

<背景を整理する>
・「日本人は英語ができない」という指摘は、本当なのか?もし本当だとすれば、その原因は何か?それは、早期教育で克服できるのか?
・日本人に必要な英語力とは何か?
・そもそも、日本人に英語力は必要なのか?
・英語は本当に国際語なのか?

<対象者を整理する>
・何歳くらいからがベストなのか?
・全員にやらせるべきなのか、希望者のみでいいのか、全員一律に禁止すべきなのか?

<方法を整理する>
・誰が教えるのか?日本人か、AETか?
・どんなふうに教えるのか?ゲーム的なものか、基礎重視か、読み書き重視か?
・授業時間数はどのくらい?

<台所事情を考える>
・教える人間はどこから連れてくるのか?予算はどこから出すのか?
・英語の授業を入れるためには、他の教科を削らなければならない。何を削る?
・塾で学ぶ場合、塾のないイナカ者はどうする?

<常識を疑う>
・「読解や文法中心の英語教育が日本人の英語力向上を阻んでいる」という指摘は、本当に正しいのか?
・日本人が苦手なのは、本当に会話や聞き取りなのか?
・「中学高校と6年間も英語を勉強しているのに、会話も満足にできない」という指摘は正しいのか?6年で英語はモノになるのか?
・諸外国、特にアジア諸国に比べて日本人の英語力が低いというのは事実か?
・言語学習は早い方がいいというのは、本当か?

<その他>
・外国語の早期教育は、母国語の学習をジャマするものなのか?

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0